モロコシ単語

モロコシ

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

モロコシとは…

  1. イネ科の一年タカキビとも呼ばれる。雑穀の一種。英語ではソルガム。本項で解説
  2. トウモロコシの事
  3. おそらく、ニコニコ動画における生放送主の事 → モロコシ(生放送主)
  4. うる星やつらにいた主人公 → 諸星あたる
  5. 光GENJIにいたボーカル → 諸星大介
  6. 秋田県和菓子漢字で書くと諸越。 → 秋田諸越

のどれかだと思われます。

概要

イネ科の雑穀の一種で野生種は3mにまで達する。栽培種は約1~1.5m。日本ではコーリャンで知られる。

非常に燥に強く、寒冷でも痩せた土地でもよく育つ非常にタフな植物で連作障にも強い。それどころか土壌の栄養分の偏りを善する性も備わっており、日本では連作障を防ぐために作における連作の合間に栽培される。現在日本ではに飼料作物であるが、加工用にも使用される。

穀物として

イネ科の雑穀であり、飼料や加工用がであるが、もちろん食用にも転用できる。

しかし食味においては実のなかにタンニンが含まれるため独特の渋みがあり、食味では劣るうえに世界三大穀物と言われる、小麦、トウモロコシべて収量は少なくカロリーも低い。そのため食用としては、小麦、トウモロコシが育ちにくい過酷な環境で栽培されることが多い。かつては中国東北部で寒冷過ぎてコメの生産が上手くいかない地域で代用に生産されており、満州国と言われていた時代はとともに栽培されており、少ないに混ぜて炊いて食べられていた。

余談ではあるが、漫画家ちばてつや氏は幼少期を満州国で育っており、日本の敗戦で中国人満州人、朝鮮人満州国時代の日本の圧政の報復で日本人を襲ってきたことから奉郊外で潜伏していた。その当時は日本への引き揚げを待ちつつ中国人の迫から逃れていた日本人たちは集団で隠れ住んでいて、もちろん食べ物を手に入れることも難しかった。そんなときに彼らが食べていたのがコーリャン(モロコシ)で、大ご飯を炊く要領でモロコシを炊いて食べて食いつないでいた。当時6歳であったちばてつや氏は満州時代の記憶はそれほどはっきり残っていないそうだが、それでもモロコシのご飯は『パサパサしていて本当に不味くてね・・』と記憶しているほどなので、本当に不味かったと言えよう。(しかしいわゆる「おこげ」だけは香ばしくておいしかったらしく、大の底で焦げていたのを削ぎ落して食べていたらしい。)

関連動画

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/25(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/25(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP