今注目のニュース
【サトシ超人説】「ピカチュウを肩に乗せて歩く」ってよく考えたらキツくない? → 検証してみたら肩こりどころじゃ済まなかった
「ゲーム部」運営会社、メンバーの声優変更を認める
「水曜日のダウンタウン」トリオの人気格差検証

モンゴル帝国単語

モンゴルテイコク

掲示板をみる(114)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
基本データ
正式名称 イェケ・モンゴルウル
Yeke Monol Ulus
国旗 改良版
公用語 モンゴル語
首都 カラコルム
面積 3300万k(最盛期)
人口 100000.000人(最盛期)
皇帝(大ハーン) チンギス・ハン(初代 1206~1226)
オゴデイ・ハーン(第二代 1229年~1241年)
グユク・ハーン(第三代 1246~1248)
モンケ・ハーン(第四代 1209~1259)
フビライ・ハーン(第五代 1260~1294)
テムル・ハーン(第六代 1294~1307)
通貨

モンゴル帝国とは、チンギス・ハン1206年にした、ユーラシア大陸史上最大の領域を保有していた帝国である。

歴史

モンゴル帝国の誕生とチンギス・ハンの生涯

1162年ごろ、テムジン(後のチンギス・ハン)は現代のような国家や統一政府といった概念が存在しない時代のモンゴル高原に、勇敢な戦士として名が知られていたイェスゲイ息子として生まれた。だがその生い立ちは過酷なもので、幼い頃に殺され、他部族の者の捕虜になってしまう。さらには新婚々、他部族の者に妻をNTRされてしまい、一年後に取り返したときにはの物かわからぬ子供まされていた。そんな過酷な生い立ちであったテムジンだが、苦難を乗り越え1205年にはモンゴル中にあった諸部族を定し、モンゴル高原を統一した。そして1206年にクリタイ(部族間の大集会)にて、彼はテムジンから、チンギス・ハンへと名前を変えた。これがモンゴル帝国がった間である。

遠征、征服

チンギスは諸部族を率いる立場となると速、南にあった西というを征し始めた。ここでの戦いにてチンギスは険しい山々に作られた砦を攻めるのに苦心する。彼らは野外での戦いでは得意の騎兵を用いる戦術で敗に近かったが、の使えない攻戦には非常に弱かった。そこでモンゴル人たちは捕虜にした敵国技術者を利用し、攻戦に使う投石器やといった兵器や戦術等を得た。

への遠征を一旦終えるとチンギスは西へとを移したが、西方モンゴルと勢を接するのは西というであった。そこでは1204年に、チンギスによって部族の者を皆殺しにされたナイマン部族の王族であるクチュルクという男が西乗っ取り、チンギスとモンゴル帝国に対し復讐の機会を伺っていた。それに警したチンギスは、二万の兵を送り込み西を滅ぼした。クチュルクの復讐は果たされることのいまま終わってしまったのだ。

西を征したモンゴルは、同時期に急成長したホラズム・シャーというイスラームと接するようになった。チンギスは速、通商使節団を送り込み、様子を伺う事にした。通商使節団がオトラルという町に差し掛かったときに、そこの支配者であるイナルチュクという男が欲に駆られ、通商使節団の持っていた貢物を奪い、使節団の者たちをスパイ容疑で皆殺しにした。それに激怒したチンギスは、すぐさまホラズム・シャーに軍隊を送り込み、滅ぼした。ホラズム・シャーの支配者である、ムハンマドは逃亡の末、カス小島にて失意の内に病死し、戦争の原因となったイナルチュクはというから溶かしたを流し込まれて殺された。

ここまで勢を拡大したところで、1227年にチンギス・ハンは西にて、命に従わなかった事への懲罰遠征の最中に病気で死すことになる。次の王は、チンギスの三男、オゴデイがなることとなった。

オゴデイの治世

チンギスには多くの息子たちが居たが、長男のジョチは既に死んでおり次男のチャガタイは粗暴な性格であったため、オゴデイがモンゴル帝国の第二代ハン(皇帝)に選ばれた。

速オゴデイは、まだ征途中であったとの戦争にとりかかり、全に滅ぼす。それが終わると、彼は征行為を配下の者たちに任せ、自分は巨大化したモンゴル帝国をめる作業に取り掛かり始めた。速オゴデイは、モンゴルには存在しなかった首都をカラコルムに作り、や村に使者を送り込み戸口調を行わせ、税領民から徴収した。その税街道を整備し、を休ませる為のすがらに設け、内の通行許可も発行したという。またオゴデイは、それまでモンゴル帝国の君号として用いていきたハンとは別に、より古い時代の君号であるハーンという称号も用いるようになった。これはモンゴル帝国のハンを他の部族のハンから区別するための処置と考えられ、これは始皇帝中華の最高君号である「王」の代わりに新たに「皇帝」という別の称号を名乗ったことに例えられる。

彼は内の整備が終わると、征を再開した。ロシア東欧方面にはジョチの子バトゥを総に、スブタイを副として遠征し、騎士達と戦った。特にキエフ・ルーシ(キエフ大公国)はモンゴルの遠征で崩壊し、ポーランド王国神聖ローマ帝国からの援軍諸共に「ワールシュタットの戦い」(死体の山の戦い)で軍勢が撃滅し、今でも恐怖混じりにり継がれている。一方で、東方では高麗を征したもののオゴデイの三子クチュ率いる南遠征軍はの活躍によって失敗した

グユクの治世

グユグはオゴデイの長男で、彼が第三代ハーンに即位した。南に遠征し、領土を拡大する事に励んだ。43歳の若さで死す。彼はドレゲネの裏工作で即位したハーンと言われている。彼の代に生じたジョチ・トルイとチャガタイ・オゴデイの対立は後のモンゴル帝国解体の一因となってしまう。

モンケの治世

オゴデイが死すとオゴデイの(チンギスの四男)である、トルイの長男モンケがモンゴル帝国の第四代ハーンになった。彼は「第二次世界征服計画」を発動し、中国に二男のフビライインドのカシミール地方に武将のサリ・ノヤ西アジアに三男のフラグを遠征に向かわせた。

フラグ西方にて、アッバースルーム・セルジュークを滅ぼした。だが、エジプトに存在したマムルークの名将バイバルスアインジャールートの戦いにて敗北し、そこで彼の進撃は止まってしまった。一方、シリアでは征行為に危機感を持ち、モンケを暗殺しようとした集団があった。これこそが「暗殺教団」で悪名高く、今でもアニメゲーム等で登場するニザールである。彼らは400人の暗殺者をカラコルムに送り込み、モンケを暗殺しようとした。だが、そのうちの何人かがバレてしまい、失敗する。これに激怒したモンケは、フラグに命じニザールの本拠地であるアラムート砦を包囲し、降伏させた。ニザールどの者は皆殺しにされ、歴史から消え去った。

一方の中国では、南相手に長期戦の構えをとるフビライ立ち、自分でづくに侵攻しようとする。だがこの時、南は酷暑に見舞われていた。モンケの軍勢は暑さから病にかかり、モンケ自身も病にみまわれ50歳で死亡する。

フビライの治世

モンケが死すと、トルイの四男であるフビライが第五代ハーンになった。彼は強引なやり方でハーンに即位し、それに対してオゴデイの息子であるハイドゥが反乱を起こしたが、鎮圧された。

反乱を抑えた後、フビライ首都をカラコルムから大都(現在北京)に移し、の名称を大元大(ダイウォン・イェケ・モンゴルウルス)、通称へと変える。彼は中国の南ミャンマーのパガンタイ系王の大理を滅ぼし、征範囲を広げていった。

次の標として、彼は二度日本に侵攻()したが、九州武士団のしい抵抗にあって攻めあぐね、さらには上で台風による大きな被害を受けて撤退した[1]。その後はベトナムへ侵攻して陳チャンパ王と戦ったが、としたジャングルゲリラ戦に阻まれ攻めあぐね、上で輸送船団が撃破されるに至り撤退することとなった。その他にはジャワ琉球へも侵攻しているが、どちらも現地勢の抵抗に遭って撤退している。

帝国の分裂

フビライが死に、彼の孫である、テムルがハーンに即位すると、元来独立色の強かった各地のウルスは大都のハーンの統制を離れて行動するようになり、帝国の統一は失われつつあった。カイドゥの反乱によって混乱を極めた中央アジアカイドゥの死後チャガタイのドゥアがチャガタイウルスとして再統一したことによって、地球上の陸地面積の1/4を占めたモンゴルによる巨大帝国は、中国の元(大元ウルス)、ロシアのキプチャク・ハン(ジョチ・ウルス)、西アジアイルハン(フラグウルス)、中央アジアのチャガタイハン(チャガタイウルス)の四つのウルスに大きく分割されることとなった。

しかし、各ウルスのハンも大都のハーンの優位性を全に視したわけではなく、四つのウルスは大都のハーンを宗とする連合国家のような形に再編される。それと同時にモンケの死以来のモンゴル帝国内での抗争も一応の決着を見たため、モンゴル帝国がつなげた東西の交流は活発化、パクス・モンゴリと呼ばれる繁栄の時代が訪れる。この後、四つのウルスはそれぞれの運命をたどることとなるが、モンゴル帝国の生んだ東西交流の活発化は各地に強い影を残し、後の大航海時代につながることとなる。

ちなみにこの頃、世界で初めて世界史について書かれた本がモンゴル帝国の一部であった、イルハンから生まれる。「集史」と呼ばれる本である。これはイルハンペルシア人宰相ラシードウッディーンという人物が編纂し、ペルシアで最も優れた文学と言われている。

後世への影響

モンゴル帝国はその巨大な版図ゆえに、当時のユーラシア大陸のほとんどの地域に多大な影を及ぼした。モンゴル帝国(およびその後継)・被影・被影の敵対(あるいは隣)といった三角関係を東西の地域で展開させ、それによりその後のユーラシア史を大きく塗り替えた。

アジア

東アジアでは先述の日本に対する「元」に加え、1634年まで「北元」帝国として存続し明と度々衝突したことから、東洋史をる上では視できない存在となった。

西アジアにおいても、フラグによる西方遠征、とくにバグダードでの戦いによるアッバースへの大打撃や、当時ビザンツ帝国東ローマ帝国)を圧しアナトリアに覇を唱えつつあったルーム・セルジュークを降した事実など、イスラム圏や東地中海沿歴史に甚大な影を及ぼしている。

モンゴル帝国の威は、中央アジアではティムール帝国として受け継がれ、これもアジアへ多大な影を及ぼした。ティムール帝国は、西はアナトリアオスマン朝オスマン帝国)、東は明へと圧を加えたが、特に西方は、後述するようにオスマン朝に敵対するビザンツ帝国寿命に影した。のちにはティムール帝国の一部の勢インド方面に亡命し、自らは「チンギス王婿」を名乗りペルシア語では「モンゴル人の帝国」と呼ばれたガール帝国になった。

東欧

先述した「ワールシュタットの戦い」により、ポーランド王国ハンガリーおよび神聖ローマ帝国にもモンゴルの脅威が伝わった。荒したポーランド王国にはバルト地方を中心とした西方ドイツ人植民が行われた。これは後に、ドイツ騎士団ポーランド王国プロイセン公国ポーランドリトアニア共和国の対立を生む。

一方、東地中海覇者であったビザンツ帝国にとっても、その余命が延ばされた点でモンゴル帝国の影を思い知ることができる。11世紀も後半の当時、ビザンツ帝国トルコ系王セルジュークに大敗し、お膝元であったアナトリアをほとんど喪失したが、東方からモンゴル帝国がアナトリアに浸食したことより、セルジューク一方的ビザンツ帝国を降し、アナトリアで覇を唱えることはなくなった。また、15世紀初めにおいても、ビザンツ帝国トルコ系のオスマン朝に攻撃されていたが、モンゴル帝国の一後継王たるティムール帝国アナトリア方面に攻勢をかけたことにより、またもや余命が延ばされることとなった。

13世紀のポーランド王国神聖ローマ帝国、衰退しつつあったビザンツ帝国もさることながら、モンゴル帝国によるロシアウクライナ地域への支配、すなわち「タタールのくびき」は、同地域の形成やその後の歴史に色濃く及んでいる。リトアニアはキエフ・ルーシ崩壊後にこの地域へ勢を拡大する。ロシアは、当時の政権たるモスクワ大公国によるキプチャク・ハンの権威の利用、およびそこからの独立、そしてビザンツ帝国の遺産の吸収とリトアニア合同したポーランドとの対立などが、ロシア帝国の形成に大きく寄与している。

後継諸国

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *しばしば「日本暴風雨(いわゆる)に窮地を救われた」と表現されることがある。確かに元軍は二度の侵攻で二度とも暴風雨により大きな被害を受けている。しかし、最初の襲来(文永の役)で元軍が暴風雨から被害を受けたのは元軍が撤退を決めた後の話だし、侵攻中に被害にあった二度の襲来(安の役)にしても九州武士団のしい抵抗にあって元軍が上陸しあぐねている最中の出来事である。これらを「窮地を救われた」とするのは暴風雨の影を過大評価した表現だと言えよう。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP