モンサント単語

モンサント

1.0千文字の記事
掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

モンサントとは、アメリカ合衆国に本社を持っていた多生物化学企業である。
2018年6月ドイツ化学工業、製会社バイエルに買収され社名も消滅した。

概要

モンサント(MONSANTO)。遺伝子組み換え作物の世界シェア90%以上を誇る大企業で特に同社のRoundup(除草剤)とRoundupReady (同社の除草剤に耐性を持つ遺伝子組み換え作物)が有名である。また、同社はベトナム戦争で有名な枯葉剤を開発したメーカーでもある。

Roundupとは

同社が1970年代に開発した除草剤。 成分はグリホサート
植物や微生物のみに存在し、人間を含めた動物が有さないシキミ経路上のアミノ酸合成酵素を阻
それにより、ほとんど植物に深刻なダメージを与えるが
人体には影が少なく、直接触れても性はどない。

生物分解により較的速やかに分解され、表層近くに留まりやすい性質から
土壌汚染をし続ける事が少ない。

(数年経ってもゼロになるとは限らないので誇大広告と訴えられた事がある)

グリホサート耐性雑草とは

Roundup(グリホサート)は優れた特性であるために多的に使用されていたが、剤が作用する酵素の標的部位の変異や、それを分解・修飾する酵素を獲得する事で耐性を持つ雑草が発生した。

また後述のRoundupReadyと交配し、耐性を獲得した雑草が発生し
自然獲得の物と同様に防除も難しいため世界的な問題となっている。

 

RoundupReadyとは

上記の生き残ったRoundup耐性雑草から遺伝子を導入した剤耐性作物で
他の植物がRoundupが散布された土壌でも生育する事ができ
それ自体が性を示す遺伝子を有しているわけではないので安全性が高い。

この種子は知的財産権で保護されており、且つ契約時に許可なくこの種子で作付けする事が
禁止されているために以下の問題を引き起こしている。

 

モンサント問題とは

Roundup(グリホサート)は優れた特性較的速やかに分解される物質であるが、一度、農地に散布してしまうと数年待たなければ、その強な作用によって他の作物の種子を作付けする事がない

農家は毎年作物を産出しなければならず、許可のない作付けは禁止されているので
必然的にRoundupReadyの種子をモンサントから購入し続ける事になる

結果的に種子市場において、モンサントが特に北で独占的な立場を確立世界的な問題となった。

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 55ななしのよっしん

    2021/02/21(日) 15:34:16 ID: 5khUCpMXIG

    「耐性種苗しか農地に植えられなくなる」って結構ヤバいけどね。
    在来品種が死ぬわけだから。

  • 56ななしのよっしん

    2021/02/24(水) 20:10:30 ID: eh89HMlsUT

    そこらへんは他の農でも言える事だし、
    人間に対しての性においては低めだからバンバン使われてたわけなので

    とかくモンサント問題とか、グリホサートとか有名だから、を理由に
    極端に人体に強い性を持つかのように認識していてるのは間違いだろうね

  • 57ななしのよっしん

    2021/02/24(水) 21:05:39 ID: 5khUCpMXIG

    耐性種苗って簡単に作れるもんなん?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/16(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/16(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP