今注目のニュース
鳥居の上に大きな虹と稲光 由緒ある神社で撮影された一枚に反響...神職も「吉兆かも」
爪切りが苦手な猫ちゃん 「フフフーン♪」と独特な鳴き声で気をまぎらわす様子がかわいい
極楽とんぼ・山本圭壱のコロナ感染に相方・加藤浩次がコメント 「唯一救いだったのは…」

モータルコンバット単語

モータルコンバット

  • 5
  • 0
掲示板をみる(425)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

モータルコンバット(Mortal Kombatとは、ミッドウェイゲームズが1992年に開発・発売した対戦格闘ゲーム、およびそのシリーズの総称である。

日本ではモーコンと略されて呼ばれる事が多いが、欧ではMKと略される事が多い。

概要

1992年にミッドウェイゲームズがアーケード向けにリリースした、実写取り込みタイプ対戦格闘ゲームが1作となる。最新作は2019年4月23日発売の「Mortal Kombat 11」。

対戦格闘ゲームとしての操作性やゲーム性はいまいちだったが、「フェイタリティ究極神拳」と呼ばれる残虐な方法で相手に止めを刺す、独自のシステム人気を集めた。
荒唐稽ではあるが、「延髄ごと首を引っこ抜く」「任せに腕を引きちぎる」などが残虐だとして猛抗議を受け、北レーティング機関ESRBが設立されることとなった。
その後のシリーズでもこれを逆手にとった「ベイバリティ(相手を赤ちゃんにする)」などの変わり種フィニッシュが登場している。

あまりられない点として、1作アーケード版が初出であるが、隠し要素としてのフェイタリティコマンドは伝統的に"隠し")や、対戦格闘ゲームでは世界初の試みとなる隠し対戦キャラリープイル(レプタイル)」の存在や、多数のバグから生する様々な噂など、北ヨーロッパでのゲームセンターでは話題に事欠かなかったこともヒットの要因とされている。

初期シリーズ日本でも発売されたが、機種(特に任天堂ハード)によっては残虐描写が変更されている。また制作米国との嗜好の違いや、格闘ゲームとしての完成度の足りなさ、日本流だったストリートファイター的な操作スタイルとの違い、等々様々な理由から庭版もアーケード版(ちなみに庭版と違い修正なし)も一部で話題にこそなったものの、日本市場での売り上げは低調に終わった。
そのため1998年(北では1996年)の『モータルコンバット トリロジー』を最後に、以降のシリーズ日本市場では発売されなくなり、日本においてモータルコンバットはますますマイナーな存在になった(ただしフェイタリティだけは有名)。

ヨーロッパでの人気は非常に高く、90年代初頭においては『ストリートファイターシリーズと並び、対戦格闘ゲームの二大巨頭として扱われていた。現在も新作が出るたびにミリオンヒットし、シリーズ累計売り上げは優に1000万本をえる。

近年では、アメコミDCコミックスとのコラボ作品『Mortal Kombat vs. DC Universe』も発売。バットマンスーパーマンとの競演を果たした。

2011年原点回帰を謳った9作Mortal Kombat』(タイトルは1作と同じ)が、PS3Xbox360リリース(翌年Playstation Vitaでも発売)。
3Dグラフィックでありながら縦軸をした2D対戦格闘スタイルに回帰していることや、ゲージ消費によるEnhanced Attack(いわゆるEX必殺技)・X-ray move(いわゆる超必殺技)など、先発ストリートファイター4等のを非常に受けている。
しかしながら、初期シリーズを尊重した多フェイタリティや、大幅な画質向上による残虐描写はモータリアンを歓喜させた。また、格闘ゲームシステム面も、初期シリーズからは信じられないほど洗練されており、EVO 2011、2012でも正式種として採用されるほどである。
そして、9作にしてVideo Game Awards 2011のベスト格闘ゲーム(Best Fighting Game)を受賞おめでとう

また「9」以降のDLC限定のゲストキャラクターも、スターいである。
ゴッド・オブ・ウォー』のクレイトス、『エル悪夢』のフレディ、『プレデター』のプレデター、『13日の金曜日』のジェイソン、『悪魔のいけにえ』のレザーフェイス、『エイリアン』のエイリアン、『ターミネーター』のT-800、『バットマン』のジョーカー、『スポーン』のスポーン、『ロボコップ』のロボコップが参戦している。

映画

1995年には実写映画製作され、北ではゲームの恩恵もあり大ヒットした。一部の人物関係やキャラゲームとは異なるが、アクションシーンSFXは評価が高い。
またOP曲 (Techno Symdrome) を代表とするサウンドトラックの評価は非常に高く、ゲームを知らない層でも一定の知名度がある。あとクリストファー・ランバート演じるライデンがめっちゃかっこいい。

その後2016年にリブートが決定した。
SAWシリーズ、『アクアマン』のジェームズワンプロデュースライデン浅野忠信スコーピオン真田広之が演じる。2021年開予定。

余談

タイトルの「Mortal Kombat」のKはCじゃないの?とよく言われるが、「KILL」つまりKが正しい。
また「C」頭文字の英単は先頭の「C」「K」に差し替えて表記するのが通例となっている。

実写取り込みのゲームにこのタグがつけられることがよくある(『ストリートファイター リアルバトル オン フィルム』『ストリートファイター ザ・ムービー』『大江ファイト』など)。ビデオゲーム機すべてをファミコンスマートフォンすべてをのことをiPhoneAndroid)と呼称するようなものか。
なおシリーズとしては、1997年の『Mortal Kombat 4』以後、ポリゴンによる3Dキャラクター全移行している。

関連動画

※残虐映像が多いので、苦手な人は注意

関連商品

ここでは現在も新品が流通しており、較的入手が容易なものを紹介します。

9作はこちら。PS3Xbox360Playstation Vita版共に、ハードでも動作します。

(こちらは旧版です。すでに完全版が発売されているので、こちらを購入する必要はありません。)

DLC(追加キャラ+追加衣装)が収録された Komplete Edition はこちら。今から遊びたい方はこちらを購入することを推奨します。

Komplete Edition をベースに様々な追加要素を加えた Playstation Vita 版はこちら(日本Vitaでも遊べます)。

Mortal Kombat vs. DC Universe』(8作)です。PS3Xbox360版共に、ハードでも動作します。DC Universeキャラクターが登場する手前、フェイタリティは残されているものの、残虐描写はかなり抑えられていることに注意(北でのレーティングは13歳以上対の"T")。

6作にあたる『Mortal Kombat:Deception』のアップデート版にあたる『Mortal Kombat:Unchained』。PSP版が流通していますが、日本PSPでも遊べます。

3作にあたる『Ultimate Mortal Kombat 3』のDS移植版。UMK3はガッカリ移植が多い中、DS版の移植レベル携帯機としては非常に高い。日本ニンテンドーDSでも正常動作します。

ミッドウェイゲームズの過去名作を集めた『Midway Arcade Treasures Extended Play』。アーケード版の『Mortal Kombat』『Mortal Kombat II』『Mortal Kombat 3(UMK3ではない)』が収録されている。BGM再現などにバグなどが見られるため、移植とは言い切れない点に注意。

Mortal Kombat』『Mortal Kombat II』『Mortal Kombat 3』を手っ取りく遊びたいのであれば、PS3/Xbox360ダウンロードタイトルである『Mortal Kombat Arcade Kollection』を購入するのも手である。購入・ダウンロードには、北アカウント/北タグが必要。

映画版。発売元が何回か変わっているが、現在入手しやすいのはワーナー版(上記)と思われる。Amazon Prime ビデオをはじめ、いくつかの動画配信サイトでも視聴が可

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/14(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/14(金) 11:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP