ヤエノムテキ単語

ヤエノムテキ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヤエノムテキとは、1985年まれの日本競走馬である。府中2000メートルでの異常な強さと、シヨノロマンへの片思いが有名である。

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
ヤエノムテキ(ウマ娘)を参照してください。

※本の活躍した時代に合わせて齢を特に断りがない場合数え年表記(現表記+1歳)とする。

デビュー前

マルゼンスキーの代替種として人気だったヤマニンスキールミスターは未勝利のさえないだが、イエローゴッドで、地味に血統がよかったので繁殖入りできたである。

宮村牧場という浦川の小さな牧場で生まれたヤエノムテキは東の荻野男厩舎に入厩。しかし気性難でデビューは遅れ、4歳の2月にやっとデビューした。

この頃同期のシヨノロマンに出会い、ひとめぼれしたが、まったく相手にされなかった。毛の四泊流星で格好いいのに

向かうところ敵なし

前述のとおりデビューは4歳の2月と遅れたが、ここの阪神の新戦を圧勝し、次走400万下沈丁賞でも12身差もの大差で勝利した。

あまりに強いので営は皐月賞を狙ったが、条件戦を2勝しただけでは賞が全く足りなかった。

そこで沈丁賞から連闘で毎日杯に出走。さすがにだったらしく、ここは4着に敗れている。1着は後にライバルとしてヤエノムテキの前に立ちはだかったオグリキャップであった。

連闘の甲斐なく賞は足りないままだったが、ヤエノムテキは運よくに抽選をモノにして皐月賞に出走できた。さらにこれまた運よく大内1番を獲得。しかもこのシーズン中山競馬場コース修の影皐月賞府中開催であった。

このうように幸運に恵まれまくったヤエノムテキだったが、実も十二分に持ち合わせていた。中不利を受けながらも好位でレースを展開し、最後の直線でぐんと伸び、3身差で見事に勝利。単勝25倍の大穴を開けた。

次走日本ダービー距離の壁にぶつかり4着、続く中日スポーツ賞4歳Sサッカーボーイに次ぐ2着と連敗で休養に入ったものの、9月に復帰するとUHB杯、京都新聞杯と連勝。菊花賞は10着だったものの、次走鳴尾記念を制し、10戦6勝、2着1回と素晴らしい成績で4歳のシーズンを終えた。

向かうところ敵だらけ

ここまで快調に飛ばしてきたヤエノムテキは、5歳初戦の日経新春杯を2着とすると、次走大阪杯を制し、5歳シーズンも順調な滑り出しをみせた。

恵まれ、運にも恵まれていたヤエノムテキだったが、ついていなかったのはライバルにも恵まれまくっていたことであった。

オグリキャップイナリワンスーパークリークの三強を中心に綺羅星のごとく現れる強ライバルを向こうに回してヤエノムテキはよく走ったが、この大阪杯以降は勝ちきれないレースを続けることになった。

宝塚記念イナリワンの7着、その後休養を経て秋の天皇賞スーパークリークの4着、有馬記念イナリワンの6着と、負け続きで5歳シーズンも終わった。

ムテキの舞い

6歳になったヤエノムテキは、着は2着3着にまとまったものの、G2で惜敗を繰り返した。

しかし、安田記念からそれまでの戦の西浦騎手から岡部騎手に乗り替わると、オグリキャップの2着と健闘。宝塚記念も3着とし、以前よりは成績を向上させた。

さらに続く秋の天皇賞、最後の直線で中団から抜け出したヤエノムテキはメジロアルダン必死の追撃を振り切り、1分582のコースレコード優勝。悲願のGI2勝を達成した。

その後ジャパンカップでは見せ場なく敗退し、ラストランとして有馬記念に出走した。

オグリキャップにとってもラストランであり、中山競馬場には多くのミーハーファンが詰めかけていたが、ヤエノムテキは気性の荒さがもろに出て本場場入場直後になんと放レースも7着と見せ場なく終わり、現役を引退した。

ちなみにGI2勝の実績から引退式が検討されたが、余りに気性が悪いので営が断ったという逸話も残っている。

その後

引退後は種になり、5億円ものシンジケートが組まれたが、産駒が全く走らず、さらに安いシンジケートが組みなおされたが、やっぱり産駒は走らず、このシンジケートも解散してしまった。

当時は名の老後についての意識が低く、屋送りの危機したが、ファンの働きかけによってヤエノムテキはなんとか命拾いし、種を続けることができた。

その後2003年を最後に種付けはなく、2010年に種引退。その後は日高スタリオンステーションで功労として余生を送った。2014年3月28日、腸閉塞により死亡享年満29歳。

競馬ブームった個性、ヤエノムテキ。最後まで運に恵まれであった。

血統表

ヤマニンスキー
1975
Nijinsky II
1967 鹿
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
*アンメンショナブル
1970 鹿
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Petticoat Palestinian
Sabana
ルミスター
1980 鹿
FNo.1-o
*イエローゴッド
1967
Red God Nasrullah
Spring Run
Sally Deans Understanding
Mountain Flower
フジコウ
1964 鹿
*ソロナウェー Solferino
Anyway
マミドリ トサミドリ
フジサカエ

クロスNearco 5×5(6.25%)、Menow 5×5×5(9.38%)

ヤマニンスキーは持込として日本で走り22戦5勝の条件だったが、すでに種として成功していた同・同マルゼンスキーの代替種として繁殖入りした。産駒にはヤエノムテキのほかオークスライトカラーなど。
ルミスターは中央で3戦0勝。
イエローゴッドジムクラックS・2000ニートイアルS優勝のほか英2000ギニー2着など12戦5勝。産駒には英国に残してきた中に英2000ギニーが、また日本でも日本ダービーカツトップエースなど多くの活躍を輩出した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/21(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/21(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP