ヤップ島の巨大石貨単語

ヤップトウノキョダイセッカ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヤップ島の巨大石貨とは、ミクロネシア連邦ヤップの伝統的な貨幣である。現地ではライ(Rai)などと呼ぶ。

概要

近代において、太平洋々は高い航技術を背景に独自の文化と経済を育んできた。図も羅針盤もない航は危険な冒険であり、より困難な航をすることは深い尊敬を集めることであった。そのためヤップでは、遠く離れたから切り取った重な石材が石貨として価値を持つようになった。

石貨の多くは、400km離れたパラオから採掘されたものであり、ヤップにはない種類の石材から造られる。運搬のため、ドーナツ状に1つないし2つのいている。10cm前後の小(?)のものもあるが、大きいものでは直径3,4mにもなり、持ち運ぶには男手が数十人必要である。一般に大きいほどに高く付くが、それだけではなく付属する伝説歴史によって価値は大幅に上下する。これはかの人物が最初に持ち込んだものなので大変重、この石は現地人から勝ち取ったものなので縁起がいい、といった塩梅であり、その場の交渉によっても左右される。よって厳密には、貨幣と言うよりは物々交換の延長のような性格を持っている。こんなものを持ち運べばも折れるので、どこか屋外に放置して所有権だけを交換するのが普通であった。

石貨にまつわる有名な話として、19世紀アメリカ人のデイヴィッドオキーフの事件がある。ヤップに漂流したオキーフは、飯を食わせてもらいながらの資と石貨文化にをつけた。そして西洋技術でアジアの各地から石材を採掘すると、見潤しくピカピカに磨き上げて運び込み、ナマコやコプラといった交易品と交換していったのである。このためオキーフは大富豪となり、ヤップの実質的な支配者となったほどであったが、石貨経済混乱に見舞われた。これに徴されるよう、近代化に伴ない石貨は価値を失っていき、他からの採掘は20世紀の初めには終焉している。

とはいえ既存の石貨ならば、ヤップ民は現在でも取引を続けており、伝統に深く根ざした重品であることには変わりがない。

関連動画

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2014/06/14(土) 09:22:51 ID: UjcT+Igypl

    概念的には物々交換に加えて先物取引とか不動産とかの融商品に近い側面もあるのか……。文字のないミクロネシアでこういう発達が起きるのって面い。

  • 8ななしのよっしん

    2017/03/22(水) 13:18:17 ID: fxpnHNGQ+T

    石の貨幣って言えばはじめ人間ゴンイメージがあるから実際はどんなところで使われてたか気になって
    石貨でググって見たけどコレ以外に石のお金って見つからないな

    硬貨みたいな小さいのを石で作ったら壊れやすくて使い物にならんだろうし、仮にあったとしても現物も記録も残ってない可性もあるけど
    なんでこれを原始人のお金にする発想が出たんだ・・・

  • 9ななしのよっしん

    2019/09/20(金) 03:10:18 ID: W8E2ZfP2cu

    取引の用途は違うけど動き方は暗号資産とよく似ているような気がする
    もしこれを信用に基づく負債の精算システム、信用つまり貨幣と言えるなら暗号資産も信用貨幣といえる気がする

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/12(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/12(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP