ヤマニンゼファー(ウマ娘) 単語

146件

ヤマニンゼファー

7.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

この、焦がすほどに燃やして……烈風のごとく、走ってみせます。



ヤマニンゼファー(ウマ娘)  とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬ヤマニンゼファー」をモチーフとするウマ娘である。 CV今泉りおな

概要

誕生日5月27日 身長:154cm 体重:軽やか
スリーサイズ:B85・W52・H77

自然しみ、するふんわりウマ娘だが
ひとたびレースとなると、疾風のごとき走りで周囲を圧倒する一面も持つ。
幼い頃に見たマイルレースで他を圧倒したとあるウマ娘に強く憧れており、
彼女のような『』になりたいと望んでいる。

2022年2月22日にぱかライブTVにて76人[1]ウマ娘として登場。
額のん中にある丸みのある流星と右についた百日草のような飾り、やや丸みを帯びたひざまで届きそうな長いを二つに分けているのが特徴。

ただでさえマイペースで世俗に疎いうえ、する気持ちが強すぎるのか、あらゆる事柄を様々な「」に形容するがあり、常人には理解しかねる彙が頻出する。ゲームの育成シナリオだとボイスも入らないのもあり、たとえば「東(こち)」や「煽(あおちかぜ)」などのに逐一ルビがついている。
また、に対して「だるまさん」「お抹茶さん」など、かなり独特な呼び方をする。

ゲームでの育成実装……の少し前に開されたCMでちゃっかりお披露されていた勝負服は「ヤマニン」の配色に基づいたドレスだが、まさかの胸元から背中にかけてはガッツリ開いたデザインになっており、ユーザーに大きな衝撃を与えた。そよ風というには大きすぎた

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:Fluttertail Spirit

ステータス(3)
スピード スタミナ パワー 根性 賢さ
97 83 81 97 92
バ場適性
ダート
A D
距離適性
距離 マイル 距離 距離
B A A G
脚質適性
逃げ 先行 差し 追込
E A C G
成長率
固有スキルる』
レース前半で控え、最終コーナー後半に前の方だと長時間加速をちょっと上げ続ける、2番手なら効果が上がる
ウマ娘テンプレートボックス

概要

2022年4月11日に、ニシノフラワーの育成ストーリーにて本格的な初登場を果たし、固定ライバルとしてレースにも登場した。この時点では専用勝負服なし。
ゲーム1.5周年のストーリーでは話の締めくくりとして先に登場したダイタクヘリオスダイイチルビーケイエスミラクル達をに喩えて現れた(会話はしていない)。

そして、2022年10月19日に育成ウマ娘として実装

本来、適性で言えば明らかに短距離の方なのだが、実際に勝ったかどうかの方を重んじてか(中距離への出走は秋天1回だけだが、短距離重賞勝ちも京王杯のみ)、中距離をA、短距離をBという配分になった。そのわりにシナリオでは「2000はきつい」と描写されるが
条件戦で結構な長期間ダートを走っていたことから、ダートDと高めの数値を持つ。

固有スキルは独特な条件。最終コーナー後半での発動ということから大雑把に言うとマイル向きだが、直線の長い東京レース場なら2000mへの適性が高い。

シナリオはもちろん「三階級制覇」がとなり、シニア級では安田記念スプリンターズS天皇賞(秋)の全てが1着標となる。
ただし、スプリンターズSの時期が当時と違うので順番の入れ替わりが発生しており、後輩最強スプリンターたちを破る史実えを成した後で、天皇賞(秋)を最終標とする形になっている。

そしてそれに伴い、史実では一度も交わることのなかった同期皇帝」の背中を追うトウカイテイオーと「マイル皇帝」の背中を追うゼファーの関係が軸となっているのが大きな特徴である。
ただしテイオーは史実通り故障に苦しんで秋天での対戦がうことはなく(※)、対戦できるのは隠しイベント有馬記念だけである。

また、ストーリー上の不自然さを避けるためか、の二冠のタイミングに別のレースが被っており、菊花賞秋天があるクラシック10月後半はイベントレースが禁止されるという措置がとられている。なおこういったレース禁止イベントは、スイープトウショウクラシック6月後半(宝塚記念)といった前例がある。

(※ゼファーシナリオのシニア級は現4歳時の92年と5歳時の93年を圧縮したよくあるパターンとなっており、こういった場合ライバルとして出走するウマ娘は4歳時の年の方に準じる形をとることが多い。
そして、テイオーは93年の秋天は3度骨折から回復できず見送ったが、92年の秋天は2度骨折から回復し出走しているため、実は秋天での対決は史実に準じても成り立ち得るのである。
しかし、実際にはそうはなっておらず、秋天の出走メンバーは93年準拠。そして有馬記念も明確に93年の「奇跡復活」のそれ(92年では出走資格が絶対にないビワハヤヒデも出走)、というしい内容となっている。
一方で安田記念ヘリオスルビーがいるので92年相当、スプリンターズSヘリオスがいないのでここから93年ということになる)

サポートカード

育成実装から程なく、2022年12月SSR誰も知らないへ]が追加。根性タイプ

得意率が控えめで、トレーニング効果最大15%スピードスキルptボーナスとやや非友情重視のサポート効果と言える。
レアスキルは育成版で初登場した「風雲の志」を持参。下位の「向上心」は所持スキルにもあるが共通イベントでもステータス+9との択一でLv1が貰えるので、スキルptを重視するなら貰っておくのもよい。なお長時間持続系の常として「向上心」は効果量が少なすぎて厳しい条件に全く見合わないため、習得する時は連続イベント完走してからまとめて習得したい。

アニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season2』

アニメ2期にてイクノディクタスが出走した安田記念にて水色赤色ウマ娘勝利している。トウカイテイオーと同時期かつイクノディクタスの出走した安田記念の1着、勝負服の色も踏まえて、関連動画にもある通り、どう考えてもヤマニンゼファーだろうと認識されていた。

アニメ2期のヤマニンゼファー

名前については劇中では全く触れられていないが、Amazon Prime Video字幕で「ヤマニンゼファー」と書かれていたため、少なくとも脚本上の名前がそうであったことはほぼ間違いない。キンイロリョテイとかと違って、名前を呼ばれないので別の名前が設定されなかったものと思われる。

後に正式に登場が発表されたヤマニンゼファー貌は、見ての通りアニメで登場した彼女とは全く異なる。たぶん彼女はセンニンニシカゼとかそんな感じの人だったのだろう。なお、一言のみ台詞があるが、この時のCV深川芹亜である。

舞台

舞台「Sprinters' story」には4人のメインキャストの1人として出演。
なお、舞台と同時に発表されたルビーミラクルの声優両名は舞台経験が豊富なのだが、その半年前に発表されたゼファー役の今泉氏は未経験者であった。

実際の内容としてはヘリオスルビーミラクルの3人が等しく役級の扱いな反面、ゼファーは本筋に関わらない脇役という感じであり(まあ物語ベースである91年ではレース的にも脇役なので……)、理をし続けるミラクルを健気に心配する姿など良識的な振る舞いが印的で、発言のっぷりも控えめだった。生で全開のセリフを聴かされてもわからんわという問題は考えられる。
ちなみに、勝負服についてはさすがに肌色インナー着用となっているがデザイン自体は忠実再現であった。

関連ウマ娘

サクラバクシンオー個別記事
ニシノフラワー個別記事
ゼファーの本格的な初登場となったニシノフラワーシナリオはこの面々(とセイウンスカイ)を中心に進み、ゼファーシナリオでも少なからず関わる。ゼファーの言動を意に介さずいつも通りのバクシンオー、若干困惑しつつニュアンスみ取るフラワーと、噛み合ってるようなそうでもないようなライバルたちである。
モチーフは共に1歳下で、ゼファーの3階級G1制覇に立ちふさがった2頭の競走馬ゼファーはスプリント・マイル・中距離の3階級制覇に安田記念天皇賞(秋)勝利であと一歩に迫ったが、スプリンターズSにて4歳時はニシノフラワーに、5歳時はサクラバクシンオーに惜しくも敗れている。
ダイタクヘリオス個別記事
ダイイチルビー個別記事
ケイエスミラクル個別記事
舞台で共演の3人で、1.5周年記念のストーリーでは上記の3人が去った後にゼファーが彼らに勝とうと決意を表していた。ゼファーシナリオではヘリオスルビーと史実通りに戦う一方、ミラクルとはレースでの関わりはなく友人としての登場になっている。
モチーフは3頭ともヤマニンゼファーと対戦経験がある(ケイエスミラクルは「ある」に入るか微妙なところだが……)。ミラクルのみ同期で、ヘリオスルビーは1歳上。
チームカノープス個別記事
育成実装と前後してクローズアップ。物怖じしないターボやタンホイザが切っ掛けでしくなり、ゼファーも何かにつけて付き合っている。モチーフ全員ヤマニンゼファーの現役時と重なり(タンホイザが1世代下、ネイチャとターボ同期、イクノは1世代上)、マチカネタンホイザ以外対戦歴が複数ある面々(ネイチャ・ターボ・イクノとも3回)
トウカイテイオー個別記事
前述のように、ゼファーシナリオにおいて強く関わるウマ娘。性格はまるで異なり、が交わることはなくとも、お互いに認め合いし合っていく。
モチーフシンボリルドルフニホンピロウイナーは1世代違いで同じ時代を駆けたで、テイオーとゼファーはその代表産駒にして同期たちが対決した85年天皇賞(秋)ではルドルフが2着、ウイナーが3着と共にギャロップダイナの前に敗れ、互いに悔やまれるこの1戦の存在もゼファーシナリオしている。
幼い頃に見たマイルレースで他を圧倒したとあるウマ娘
ゼファーが強く憧れているウマ娘。「になりたい」というレースに結びついたきっかけであり、そのウマ娘えられなかった2000mの壁を自分がえたいという意思をる。ゼファーシナリオで描写されたその邂逅は、アニメ2期で描かれたトウカイテイオーシンボリルドルフのそれを思わせる。
モデルは間違いなく、モチーフ父親ニホンピロウイナーだろう。劇中では「マイル皇帝」や走破タイムなどのより直接的な表現も飛び出しており、台詞もいくつかあるが、名前は「あるウマ娘」で通されている。

楽曲

LIKE THE WIND
作詞エリカ 作編曲水野(Arte Refact)
CDWINNING LIVE 08」収録。

史実

そよ風ゼファー)、というには強過ぎた。

JRAヒーロー列伝 No.37 ヤマニンゼファーexit

ニホンピロウイナーはヤマニンポリシーブラッシンググルーム

ミスターシービー同期で、後にマイル皇帝と呼ばれた短距離路線の開拓者。は1勝で、フランス生まれの大種牡馬名は冠名+ギリシャ神話の西ゼピュロス英語読みゼファーから、とされているが、本当は資生堂化粧ゼファーから。同世代の1991年クラシック世代には「皇帝」のトウカイテイオーがいるが、たちと違い一緒に走ったことはない。

トレセンに入厩した直後に膜炎を発症した関係で、デビューは旧4歳3月と遅かったものの、この新馬戦を勝って続く条件戦も勝つとクリスタルカップGIII、芝1200m)を3着と好走。然し、ここでまた膜炎が再発。復帰後の条件戦勝利し、スプリンターズステークスGI、芝1200m)7着とすると、翌年の安田記念標にする。明けて、オープンクラスに昇格すると、京王杯スプリングカップGII、芝1400m)3着、本番の安田記念GI、芝1600m)では並み居るGI重賞を抑えて初重賞GI優勝子制覇。上・田中にとっても、初のGI勝利

には、セントウルステークスGIII、芝1400m)2着から始動。輸送による疲れもあったか、マイルチャンピオンシップGI、芝1600m)ではダイタクヘリオスレコード駆けに敗れ5着。スプリンターズステークスGI、芝1200m)ではほぼほぼ勝ちのところを天才少女ニシノフラワーの強な末脚に敗北し惜しくも2着。

翌年、当然標は安田記念連覇だった。だが、それに加えてマイラーズカップGII、芝1600m)と中山記念GII、芝1800m)での好走からこの時の上田原成天皇賞(秋)でも走れると判断。これにより、営は天皇賞(秋)を当年の大標として見据えることとなる。柴田善臣上となり、京王杯(GII、芝1400m)を勝利すると、この年からGI競走となった安田記念GI、芝1600m)を連覇。再び、上に初のGIプレゼント。なお、この時の2着がイクノディクタス毎日王冠GII、芝1800m)で6着となるも、天皇賞(秋)へ出走する。

さて、本番の第108回天皇賞()(GI、芝2000m)。大本命だったメジロマックイーンが4日前に繋靱帯炎を発症し引退骨折していたトウカイテイオーは調整が間に合わず有馬記念へ直行。他にGIライスシャワーがいたが、距離が短い上にこの頃ライスは絶不調に陥っていた。重賞は他にもいたが、抜けた存在はいなかった。そんな中、底してスタミナをつけたゼファーは5番人気。なお、ナイスネイチャが2番人気ツインターボが3番人気

レースは爆走するツインターボ逃げが直線に入るところで壊滅すると、ゼファーが先頭に立つ。しかし、そこにかつての上田中勝を乗せたセキテイリュウオーが襲い掛かった。直線300mの攻防で一度は交わされるものの、そこからゼファーは自ら根性で差し返し、写真判定の末にハナ勝利が成し遂げられなかった天皇賞制覇を果たした。

疲労からマイルチャンピオンシップは回避し、引退レーススプリンターズステークスGI、芝1200m)と決まった。勝てば史上初の三階級GI制覇となったのだが…ここには史上最強スプリンターとして覚醒し始めていたサクラバクシンオーがいた。2身半差の2着。生涯戦績20戦8勝。2021年グランアレグリアが3階級制覇に挑戦して(大阪杯4着、天皇賞(秋)3着)話題になったが、現在に至るまで最も3階級制覇に近づいたのがヤマニンゼファーである。1993年JRA賞最優秀5歳以上、最優秀短距離、最優秀父内国産馬を受賞した。

なお、この年一のGI2勝であることから年度代表馬受賞も有視されていたのだが、当時はまだ短距離路線の格が低く見られていた時代。年度代表馬GI2着3回(皐月賞日本ダービー有馬記念)ながら、勝ったのは菊花賞1つだけのビワハヤヒデにさらわれた。これにはファンから少なからず反発も出て議論が過熱。だがこの一件により、ニホンピロウイナーの活躍から高まり始めていた短距離路線見直しの機運は更に加速。翌年以降のサクラバクシンオーの大活躍を経て、1998年タイキシャトル年度代表馬獲得へ繋がっていく。

1994年より種牡馬入りし、2009年種牡馬引退。故郷の錦牧場で功労として余生を過ごしていたが、2017年5月16日に老衰で亡くなった。
活躍した産駒は少ないが、熱ファンは存在し、ヤマニンゼファーヤマニンゼファーが出走する際には決まって「ゼファー」という横断幕がファンの手によって掲げられていた。

柴田く素直なだったが、一方、競り合えば一歩も引かない根性を発揮した。特に天皇賞は「ゼファー完璧勝利だったよ。あんなレース、もう一度できるかどうか分からない」とる。JRAヒーロー列伝ゼファーる名文であろう。そよ風のような性格と疾風のようなレースを走ったゼファーは、果たしてウマ娘世界でどのような活躍をするのだろうか。

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *公式サイトの「キャラクターウマ娘一覧に掲載されている人数。「トレセン学園関係者」の一覧に掲載されているハッピーミークビターグラッセリトルココンを除く。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/23(火) 22:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP