今注目のニュース
本田圭佑を構成するもの 「まず生物」「男」とさすがの回答
カンニング防止のため、生徒全員の頭に段ボール箱をかぶせた教師 解雇を求められる
漫画『彼方のアストラ』“SF論争”、作者が言及 批判に理解も「正しさの視点が違うということ」

ユウキ・タツヤ単語

ユウキタツヤ

掲示板をみる(311)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ユウキ・タツヤ

ユウキ・タツヤとは、ガンダムビルドファイターズの登場人物である。
主人公達のよきライバルであり、公式チームからのスカウトが来るほどの実者。
CV:佐藤拓也

概要

ガンダムビルドファイターズにおける主人公イオリ・セイと同じ学園に通う高等部三年生。
中・高合同生徒会会長を務めており、そのつながりでコウサカ・チナからは「会長ユウキ会長)」と呼ばれている。
柄も良く、人当たりが柔和で生徒からの人気・信頼も厚い。なかなかのグッドルッキングのようで、女生徒く「趣味が偏ってなければ璧」と称される。

そんな彼のライフワークガンプラバトルであり、同学園の模型部長を務める。
その実世界大会に現役高校生ながら出場するほどで、通称「紅の彗星
勝負へのこだわりも人一倍で、全を発揮することを至上とする。
を搔き上げてバトルベースに向かう際は色が強くなるなど秘めたる熱さが露になる。
その時のセリフ回しがかなり大で独特。視聴者からは「第二のグラハム・エーカー」だの「スクライドかよ」と言われるほど。(これは両方ともシリーズ構成を担う黒田洋介氏の代表作であることも含めてのネタである)
彼との戦いの際に流れるマリアッチBGMもあいまって彼のガンプラに賭ける情熱を体感できるシーンである。

第二回ガンプラバトル選手権準優勝者をに持つイオリ・セイとそのパートナーレイジが、地区で腕利きのサザキ・ススムを破ったと知り、彼のガンプラとの対戦を望む。
着ありつつもビルドストライクガンダムの戦いぶりを見ていてもたってもいられず乱入レイジを一蹴するも、ビルドストライク未完成さを理由に再戦の約束を交わす。 その時からイオリ・セイレイジの二人にとってえるべきライバルとなる。
その後、第七回ガンプラバトル選手権大会では対戦相手に圧倒的な実を見せるも、レベルの低さに不完全燃焼な(本人く「燃え上がらない」)心をひとりごちていた。

二代のメイジン・カワグチと親交がある様子で、4話では病の一報を聞いて学校を休学、大会も辞退して駆けつけた。それで再戦を楽しみにしていた主人公二人を失意させるも、個人的に彼らと接触し、人の居ない学校で彼らと再戦。両者一歩も引かぬ闘を演じた。
それに前後して、PPSE社(ガンプラバトル催する企業)にメイジン・カワグチ襲名のオファーが来ていた。

ザクアメイジング

ザクアメイジング

「やられメカなのにされ、その後の展開で多くの生機を作ってもらった」ことにロマンを感じて作られたガンプラ
基本的なカラーリングは「シャア専用ザクMS-06S)」と同じピンクカラーだが、ベース機は「高機動型ザク(MS-06R)」であり、回りに暗めのカラーが使われていないことで見分けられる。
デザイン機動戦士ガンダム00ティエレンなどのデザインを務めた寺岡氏。

遠近な装備を施した重装備で、武装も戦車模型などのスケール違いのキットを流用して問題なくガンプラバトルできる凝った作り。満載した見たとは裏に多数のブースターや操作技術で鈍重さを全く感じさせない驚愕すべき(amazing)戦いぶりを見せる。
武装は以下の通り。全て実弾系であり、ビーム優勢のガンダムではな設計思想である。

外伝作:GDF-D GDF-A

電撃ホビーマガジンで連載されている作例付き小説ガンダムビルドファイターズD(ドキュメント)』とその漫画化作品である『ガンダムビルドファイターズA(アメイジング)』がガンダムエースで連載されている。

彼の過去舞台として描かれており、7歳の頃はの跡継ぎとして勉強に励む毎日だったが、夏休みの避暑地で出会ったサツキトオルの誘いでガンプラにのめり込んでゆく。

その中では“戦いの熱さ”を覚える前の彼や、処女作のνガンダムフィンファンネルを付け忘れたり、気を利かせて甘えてくる世話係の長身巨乳メイドを軽くあしらううらやまけしからん生活等、アニメ本編とは違った彼の側面を見ることが出来る。

また彼が中学卒業した後の、アニメでもその存在がられた「ガンプラ塾」編も連載。
アランジュリアンとの出会いも描かれるなど、より本編と密接にリンクしたエピソードが展開されている。

νガンダムヴレイブ

トオルの影を受けた7歳の頃の彼が作った初めてのガンプラ
Hi-νガンダムを意識した紺色ベースカラーリングが特徴の機体。
前述の通りフィンファンネルは本体の作成に夢中になってしまい作り忘れ(突っ込まれた際の言い訳は「アナハイムテスト中」)、またその後も彼自身がファンネルの操作に染めなかったこともあって、終始未搭載のままであった。

完成後も短期間の間に何度か手を加えられており、いくつかのバージョン違いが存在している。
完成当初は純な(フィンファンネルのない)νガンダム色違い
その後、彼なりに独学でスケールモデルの技術や文法を取り込み全身をくまなく改造トオルから譲り受けた複合武器マーキュリーレヴを装備した、リアルタイプ仕様νガンダムレイブ。
そしてトオルとの最後の戦いのためアンテナを新造し、マーキュリーレヴに大剣プラスした中距離仕様νガンダムレイブ+である。
特筆すべき点は1/144ケールながらフレームを内蔵している点で、その確かな作り込みも相まって、装甲をパージしての捨て身の一撃はイオリ・タケシの操るガンダムにも一矢報いたほどである。
ガンプラ塾入塾後はその方針により手元から離れることとなってしまったが、約7~8年の長きに渡る彼の機であった。

なおしいネーミングのため間違えられやすいが、「ブレイヴ」や「ブレイブ」ではなく「ヴレイブ」が正解。
スペルの方もしっかりと「VRABE」になっている。
由来はおそらく彼自身の名字であるユウキ(勇気)から。

Hi-νガンダムヴレイブ

ガンプラ塾入塾後に得た経験を活かして作り上げられたガンプラ
νガンダムレイブの発展機(という設定)で、ベース機であるHi-νガンダムからほぼ全身に渡って手が加えられ見た上もほぼ別物、より鋭的かつヒロイックシルエットを構成している。
のように横に開かれたフィンファンネルが大きな特徴。
デザイン電撃ホビーマガジンなどでモデラーも務めるNAOKI氏。

タツヤに怒りの念を抱くカイラとのバトルで初お披露となったが、この時武装類は未完成であった。
大きなハンデを背負った戦いだったものの、ステージに隠された武器を「創意工夫」することでそれを補い、見事初陣を飾った。
その後ブースター付きの巨大なシールドやかつてのマーキュリーレヴのものを思わせる大剣、そしてフィンファンネル完成させたフル装備状態を見せているが、まだ何らかの隠されたギミックが存在している模様。

本機を参考にアランアダムスが「Hi-νガンダムインフラックス」を作り上げたが、本来使ってもらうはずだったタツヤに渡る事はく、最終的に別の人物によってく染まった姿でHi-νガンダムレイブと闘を繰り広げた。

ホビーハイザックヴレイブ

ガンプラ塾での「特別授業」で使用されたホビーハイザック
全非武装でクラス全員ガンプラを相手にする32VS1というな状況ながらも、持ち前の操縦技術に加え敵の武器を奪ったり的確に弱点を突いていくなど、試合中断まで一歩も退かない戦いぶりを見せた。
なお、この際のバトルでの活躍がアランとの出会いの切っ掛けとなる。

外見上の差異は全く見受けられないが、同じく塾時代に使用していたギガンヴァイエイトアビスガンダムハンブラビにも一様に「ヴレイブ」の名が付けられていたことから、過去に彼が作ったガンプラには決まって付けられるネーミングだったのかも知れない。

メイジン・カワグチ

メイジン・カワグチ

PPSEがユウキ・タツヤに襲名することを勧めていた要職であり、実在の人物とその通称から取られている。
ちなみに本編で登場するのは三代目

元となった人物は 本名「川口己」氏。分かり易く言えばガンプラである。
大学時代に3人チームで全パーツ自作フルスクラッチ)で制作した『機動戦士ガンダム』のモデル模型雑誌の月刊ホビージャパン投稿し、その反からバンダイアニメキャラクタープラモデルという商品展開を決意させた人間の一人
その後、模型カリスマとしての経歴を伏せながらバンダイに入社(当時、「バンダイオタクは採用しない」という噂が流れていたため)。機動戦士ガンダムΖΖから模型部門に携わっていた。

このような経緯からか、この方をモデルとした作中の初代メイジンもその筋では格化されている模様。
なお、川口名人本人が「自分≠初代メイジン・カワグチ」という旨の発言もしている(あくまでも単なるモデル)ため、混同は避けよう。

この作品においては襲名の勧誘の際にガンプラバトルの技術を判断材料にしていたところを見ると、その業務実態はハドソン高橋名人を想像するのが正しいのかもしれない。

二代はかなりの勝利至上義者であったらしく、そのスパルタ振り勝利義すぎて面みに欠ける点を二代が講師を務めていたガンプラ塾の元塾生達いわく、「ビルダーとしては尊敬する」「反面教師」などと述べられていた。18話でのレナート兄弟三代目に対して「お前メイジンにふさわしくない!」と口にしたのは、彼らが二代の思想に共感していたからとされる。
現在二代は療養中である。

三代目メイジンとしてのカリスマを死守するべくフェアな状況での戦いを信条とし、その上で勝利することを第一とする性格。その信念は固く、例えスポンサーであっても横に対して強く反発する。しかし勝利至上的なイメージを覆すべく自らに課したハードルは高く、必勝の二文字によって二代を否定するプレッシャーは重く、それを果たそうとする意思もまた固い。この思想は「ガンプラは楽しむ物」をモットーとする初代メイジンのものと同じ部分が多い。

同じガンプラ塾の先輩であるジュリアン・マッケンジーを準決勝で退け、世界大会の決勝戦まで駒を進めるものの、レイジ排除を論むマシタ会長に利用される事となる。
この際の三代目は何か色々中二病っぽくて凄い事になってるんですが、それは…

いろいろな特徴から果たしてその正体は一体であろうか。顔見知りから正体がバレていましたが。

ケンプファーアメイジング

三代目のメイジン・カワグチがPPSE社のテストヘッドとして運用するガンプラ
デザイナー超速変形ジャイロゼッター機動戦士ガンダムUCメカニックデザインで知られる石垣純哉氏。

色のカラーリング左右対称に配置されたスパイク黄色塗装されたハードポイントが大きな見たの違い。
概ね元のケンプファーと同じ仕様だが、原作のようにジェネレータ出の信頼性を考慮する必要がなくなったため、ビーム系射撃兵器も積極的に活用する。論、背部の『アメイジング・ウェポンバインダー』によって原作の重積載なフォルムはそのままである。
ちなみに背部のバインダーにはその名の通り武器が内蔵されており、内部レールに沿って火器が射出され、手に持って射撃する。また、バインダー自体もブースターを備え、推パーツとしても活用。(また、プラモデルでは専用の持ち手により、大ランチャーとしても運用可というギミックが存在する。)
ライフルパーツで出と連射性を変化することができる。11話ではショートタイプの二挺持ち射撃、12話ではスナイパーライフル状態で伏せ姿勢からの狙撃を披露。
以上のように、かなり射撃戦に寄った運用をする機体となっている。
PPSEのワークスモデルモータースポーツでいう自動車会社提供ワークスマシン」と同義か)であり、新のポリキャップや耐実験等のテストのために運用されているシーンが見られる。
ワークスモデルはユウキ・タツヤの相棒アランによると自信を持って高性と言い切れる代物であるらしい。

最大の見せ場は18話のレナート兄弟が駆るジムスナイパーK9戦。
狙撃合戦から、敵機発見からの戦、お互いの策を巡らす頭戦が展開される中、という動きにくい環境で敵のトラップ包囲網を避ける抜群の運動を発揮。
バインダー内には折りたたみ式の説明書読んだら素人でも撃てそうなミサイルランチャーフィンのついたケンプファートラウマガトリング砲が搭載されていたりなど、ギミックはさらに進化していた。しかしそれでも相手が地利を得ていたため多くを使い捨てる結果となる総力戦に突入し、大いに苦戦することに。
片腕や足を破損する満身創痍の中で、レナート兄弟慢心と決死の誘導によって勝利を収めた。

ガンダムアメイジングエクシア

20話でPPSEにより開発が続けられていたが急遽開発中止の後にメイジンアランの元に届けられたガンプラ
ベース機はプラモとしての人気の高いガンダムエクシア(エクシアリペア)
22話では2人の最終調整により完成80%の状態で準決勝に挑んだ。
デザイナーは元になったガンダムエクシアの生みの親・海老川兼武氏。

GNソードとシールド以外はビームサーベルすら持たないプレーンなエクシア。だが、額のアンテナがVではなくMになるような造になっている他、肩アーマーや膝アーマー、シールド部分の構造などオリジナルな造が盛り込まれている。ザクメイジングやケンプファーメイジングとは対照的に近距離と格闘戦に特化した戦闘スタイル

相手は次期メイジン補の最有であるジュリアン・マッケンジーであり、彼をえるべく未完成トランザムシステムを発動。をまとったエクシアはまさに"彗星"となって対戦相手の『ガンダムF91イマジン』を打ち破った。

その後、トランザムブースターを装着し完成となったがマシタ会長の介入によりエクシアダークマター改造されることとなる。

ガンダムエクシアダークマター

世界大会決勝戦で披露となった、アメイジンエクシア完成形。基調にワインレッドという機体カラーという禍々しいガンプラ厨ニ病全開の衣装を身にったメイジンに、会場は物々しい雰囲気に包まれた。

GNソードの直状態を流用した「プロミネンス紅炎ブレイド」と「ブライニクル(氷柱ブレイド」という二振りの大剣メイン武装とする。ガンプラバトルにおいてはプロミネンスブレイドはまさしく炎をまとい、ブライニクルブレイドは鍔ぜりあったスタービルドストライクビームサーベル二振りを凍結させて見せた。炎と氷が合わさり最強に見える
右腕にはGNソードのライフル形態に限定し、ビームサーベル発振機を持ったダークマターライフルを射撃武器として備える。なお、このビームサーベル戦国アスレイ同様ビームを切り裂く機を持ち防御兵装としても機する。
背後に搭載された巨大バックパックユニットダークマターブースター」を搭載。蝙蝠を髣髴とさせるや鋭利なスラスタユニットが特徴。GNドライブもそちらへ移設されている。さらに、ダークマターブースター赤色の大きなは左右それぞれ取り外すことで「ダークマターブレイド」という大剣になる。ダークマターブースター単独での戦闘、及びトランザムも可であり、ブースター時の頭部にはビームキャノンも装備されている。
実は、ダークマターライフルプロミネンスブライニクルブレイドダークマターブレイド×2、腕部のGNバルカンビームサーベル×2で本家エクシアと同じくセブンソードとなる。

デザイナーは同じくガンダムエクシアの生みの親・海老川兼武氏。
氏いわく、「ガンダムビルドファイターズだからこそできる“本家エクシアでやっちゃいけないデザイン」とのこと。
レグナントやガ系MSのような先のディテールやダークマターブースター等、どう見ても悪役な“世界の歪み”ぶりである。

24話ではスタービルドストライクを相手に暗くしく、非情にしたバトルを展開するとのこと。
その言葉に違わず、出撃直後に蹴りをかます、鍔迫り合い中に頭部を殴りメインカメラをつぶす、プロミネンスブライニクルブレイドで突き刺して動けなくした後に何度も殴りつけるなど血も涙もない圧倒的な戦いを見せ付けた。
しかし、スタービルドストライク再起動後はダークマターブースターを拾われたブライニクルブレイドにより破壊され、ビームサーベルによる攻撃をGNドライヴの臨界状態も合わせて行うも、スタービルドストライクのWビルドナックルにより部を貫通され敗北した。撃破の間には塗膜や追加パーツが剥がれたのか元のアメイジンエクシアの姿に戻った。

ガンダムアメイジングレッドウォーリア

別名「パーフェクトガンダムIII」とも呼ばれるフルスクラッチモデルレッドウォーリア」へ独自の改造を加えたガンプラ
イオリ・タケシと彼が作った「パーフェクトガンダム」への尊敬の念を込めている事に由来する作品という事だが、
カラーリングや機体本来の特徴的な設定が持ちの異名「彗星」や「三代目」を見事に体現している。

これまでのメイジン作の機体同様複合武装による相手を選ばない戦闘スタイルは健在だが、装備を選択する事でレッドウォーリアの特色である高い運動性を損なわないセッティングに振り分けられており、加えてコントロールが極めて遊びがく、ピーキーなため相手を圧倒する機動性と素い攻撃態勢への移行を両立している。

アメイジングストライクフリーダムガンダム

外伝ビルドファイターズ「A-R」に登場するストライクフリーダムガンダムベースガンプラ

上記のアメイジンレッドウォーリアが元になった機体から外見の変化がかったのに対して、こちらは全身に手が加えられておりシルエットストライクフリーダムから大きく変化している。ドラグーンユニット状に取り付けられていた元機体に対して、ブースターポットを兼ねた複合武装「ヴレイドラグーン」になりライフル装着して出を上げたり運動性の向上に繋げている。フレームき正に「彗星」に相応しい

ホットスクランブルガンダム

ビルドファイターズトライアイランド・ウォーズで登場した新バトルシステム対応ガンプラであるスクランブルガンダムの試作品をメイジン修したガンプラ。名前の由来は2016年ガンダムゲーム30周年を迎えた始祖である「機動戦士Zガンダム ホットスクランブル」から。

2017年2月機動戦士ガンダム EXTREME VS MAXI BOOST ON』に第12弾追加機体として参戦。また2月28日に『SDガンダムGジェネレーション ジェネシス』でもDLC配信されている。

スクランブルガンダムベースのため変形機構を有しており、メイジン作のガンプラとしては一の可変機というのが特筆される。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 309ななしのよっしん

    2018/04/30(月) 21:04:06 ID: rr/6HunYNW

    とは言え今回の話のイベント戦で「まだストフリ直ってないからバリザク使うよ」って言ってたから、制作時期はそれ程差はないのかな。
    しかしラスト必殺技の撃ち合いで全に押し負けた様な描写だったから次回がめっちゃ気になる。ジュリアン対セカンドGみたいな実は相手の方が大ダメでした〜も同じ展開が連続する事になるから微妙だし。

  • 310ななしのよっしん

    2018/05/31(木) 09:43:49 ID: XoDCFP5Wc1

    良い最終回だった
    押し負けているように見えての引きから、セイやレイジからくらったアレなら、そうくるなあと納得した。最後の一撃も色々な出来事をかけていた思う。

  • 311ななしのよっしん

    2018/06/05(火) 23:49:25 ID: wpBB79vCB9

    しかし終わるとなると名残惜しいな

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP