今注目のニュース
アニメ『盾の勇者の成り上がり』舞台化決定 来春に大阪&東京で上演
海底ミステリー。バルト海の巨大な水中観測ステーションが突如跡形もなく消える。いったいなぜ?(ドイツ)
あおり運転する彼に「やめなよ」と止めたら…反応にゾッとした

ユニクロン単語

ユニクロン

掲示板をみる(46)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ユニクロンとは、トランスフォーマーシリーズに出てくる惑星トランスフォーマーである。

創造プライマスと対の存在、混沌の破壊神にしてカオスブリンガーの異名を持つ。

概要

大昔から存在する惑星トランスフォーマーであり、惑星を食料とする存在である。

大きさは全長9万km(惑星形態時)というとてつもない大きさ。

トランスフォーマーシリーズラスボスの様な存在であり、作品や時代をえてトランスフォーマー達を苦しめてきた。
しかし、ユニクロンはサイバトロン総司令官が代々受け継ぐ智の結晶体マトリクスを恐れる。

については諸説あり、初登場の『THE MOVIE』およびその続編である『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー2010』ではユニクロンとはある科学者が作ったロボットだったと言われていたが、海外で刊行されたマーベルコミック版ではその背景と起はさらに深化しており、その実態は宇宙創造の時代から存在するトランスフォーマーの生みの親にしての創造であるプライマスと敵対する闇の破壊神であるという壮大なキャラクターとなっている。

また、それぞれの作品の世界観がパラレルワールドとしてつながるTFシリーズにおいて、ユニクロンだけがその全時えて生き続ける同一の存在という裏設定まであったりする。

MOVIE ~ G1

『TRANSFORMERS THE MOVIE』

は原版はオーソン・ウェルズ、日本語版では鈴木瑞穂

物語冒頭で惑星リソンを喰らい、さらに地球での戦いでマトリクスがコンボイからウルトラマグナスに受け継がれたのを知ってデストロンの内部抗争で宇宙に放り出されていたメガトロン達を拾ってガルバトロンサイクロナススウィープスへと強化させ、ウルトラマグナス殺とマトリクスの破壊を命じる。

しかし、マトリクスを奪ったガルバトロンがそれで自身を脅迫した事にを立ててロボットモードへと変形、ガルバトロンを飲み込むとそのままセイバートロン星へと侵攻し、を破壊しようとする。そこにロディマス達がユニクロンの内部に侵入、ガルバトロンとの戦いの末にマトリクスを取り戻したロディマスがマトリクスのを開放した事でユニクロンのボディは崩壊、最後は頭部だけを残して粉々に吹き飛んだ。

この戦いでロディマスロディマスコンボイとして新たなサイバトロン総司令官となり、ガルバトロンサイクロナスに救出されるまで惑星スラルで眠る事になる。

『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー2010』

は変更され、原版はロジャー・C・カーメル日本語版は石井敏郎となっている。

MOVIEで滅びたユニクロンの頭部は衛星となってセイバートロン星の軌を周回し続けていた。
そこに幽霊となったスタースクリームと彼にそそのかされたスカージの手によって復活が画策され、メトロレックスダイナウラートランスフォーム・コグなどを使い、さらにセイバートロン星を新たなボディにして再生を果たそうとするが、サイバトロンが仕掛けたエネルゴン爆弾によりユニクロンはまたしても中破、その論見は潰え去った。

第26話ではユニクロンとはプリマクロンという科学者が作った巨大ロボットで、それが反乱を起こしたものだったとされるが、上記の通り今ではその設定はほとんどかった事にされている。

他にも何度かユニクロンの頭部が戦場として登場した。

ビーストウォーズ ~ ビーストウォーズネオ

『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』

中村秀利

物語後半、エイリアンに囚われたビーストコンボイの前に出現し、コンボイ脅迫する。
しかし、これはエイリアンビーストコンボイの記憶から作り上げた立体映像であり本人ではない。

また、『メタルス』の裏設定によるとデストロンタランスとセイバートロン星にいるデストロン軍幹部のトリプティコン評議会は実はユニクロンの下だったとされている。

『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー』

登場しないが、続編の『ネオ』で物語の最重要アイテムである惑星ガイアアンゴルモアエネルギーはユニクロンから抜き取られたエネルギーだったと明言された。

『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズネオ』

小村哲生

かつて宇宙全土を滅ぼそうとしてサイバトロン軍と“グレートウォー”と呼ばれる大戦争を繰り広げ、さらにデストロンだった惑星ダイナソアをも壊滅に追いやったとされていたが、その時の戦いでボディを失い、さらに自身の血液ともう言うべきアンゴルモアエネルギーを抜き取られて休眠状態となっていた。

しかし、『II』でビーストガルバトロンが引き起こした人工惑星ネメシスの戦いでアンゴルモアエネルギー宇宙に飛び散った事によってその意思が覚め、配下のブレントロンなるTFを生み出してエネルギーが込められたアンゴルモアカプセルの収集を開始、サイバトロンデストロンから多数のアンゴルモアカプセルを奪った後、ブレントロンの手で再生は進められ、今度はエネルギー体としてビーストガルバトロンのボディを依代に復活を遂げた。

当初はユニクロン本体に戻って全復活するつもりだが、既に本体は破壊されていた状態の為、的はセイバートロン星とその制御コンピュータであるベクターシグマ乗っ取りベクターシグマに変わるトランスフォーマーになる事だった。セイバートロン星を守ろうとしたサイバトロン艦隊をも一蹴してセイバートロン星の支配を達成するが、現れたマグマトロンの妨によりベクターシグマから分離され失敗。

その後、マグマトロンエネルギーを吸収し、頭部をユニクロンの様なを持つロボットモード変身ビッグコンボイ部隊やライオコンボイの奮戦、そして最後はビッグコンボイのマトリクバスターによって全に消滅した。

こうして、第2次グレートウォーは終結し、『初代』から続いたG1シリーズの長い戦いは終わりを迎えた。しかし、前記の通り、別のトランスフォーマー世界でユニクロンはまた現れるのだろう。

なお、本作用に商品化する予定だったが、結局中止となった(なお、イベントでは試作品が開されいる)。

マイクロン伝説 ~ ギャラクシーフォース

『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』

マークアチェソン、日本語版は長己。

何時の頃からかセイバートロン星に接近、普段はセイバートロン星に擬態しており、自分の細胞から他のTFを強化するマイクロという小TFを生み出し、これを使ってサイバトロンデストロンの争いを煽って最終的にはそのマイクロンを通じて両軍のTFを吸収してしまおうと論んでいた。

しかし、マイクロン達は生まれてすぐ平和意識に覚めて戦争への介入を拒否してセイバートロン星を脱出、地球へと逃れてしまう(これについては時えてユニクロンの元へたどり着いたラッド達の存在があったとされる)。

その後、両軍の争いが地球へと波及し、地球に眠るマイクロンを巡る戦いとなると、分身体であるダブルフェイスを寄越して両軍内にて工作を展開、再び戦争セイバートロン星に移行するや、両軍から奪った三種の神器と呼ばれる3つのマイクロ合体武器を取り込む事で覚醒する。

ユニクロンに対抗するため手を組んだサイバトロンデストロン連合軍を相手にしてもびくともせず、ロボットモードとなって胸の破壊カオスブリンガーはじめとする武器でセイバートロン星を破壊しようと大暴れし、内部に突入したコンボイメガトロン、そして地球子供達も虜とするが、その子供達がユニクロンの精世界を脱した事でコンボイメガトロンも開放され、最後は自分の頭とも言うべきダブルフェイスコンボイに倒された事で機を停止した。

それでも全に滅び去ったわけではなく、自己修復を行いながら惑星形態に戻り、さらにコンボイ決闘敗北したメガトロンを飲み込んで姿を消す。その後は何処かの惑星の陰に静かに佇んでいた。

『トランスフォーマー スーパーリンク』

マークアチェソン、日本語版は神奈延年

マイクロン伝説』に登場したものと同一の存在だが、本作では自身の意思は失われており、内部からかに操縦される事で動かされ、さらに復活変形時にはカラーリングが大幅に変化している。

前作の戦いで眠りについたユニクロンであったが、その体内でかつてユニクロンに滅ぼされたの住人の生き残りであるアルファQ覚醒、自身のをユニクロンから取り出すためとしてエネルギーエネルゴンの収集を開始し、その過程でサイバトロンアルファQ営の抗争が開始される。

しかし、そんな中ユニクロンに取り込まれていたメガトロンガルバトロンとなって復活。デストロンを再編してアルファQからユニクロンの支配権を奪い取り、さらにユニクロンを宇宙のための具として利用しようと企んだ。
そのためにさらなるエネルゴンの収奪とアルファQが持って逃げたユニクロンの頭部を奪還しようとする。

一度はユニクロンの再生は果たされ、ガルバトロンに制御されてセイバートロン星を攻撃しようとしたが、アルファQ(の操るユニクロンの頭部)の特攻によって体の一部を抉り取られてしまい、またしても機停止に追い込まれてしまった。
その頭部は別次元宇宙に運ばれてそこの々を育てる太陽となるも、ユニクロンの利用を諦めないガルバトロンの手でその頭部も奪い返され、今度こそ全な復活を遂げる。

そしてユニクロンの破壊衝動に取り憑かれるガルバトロンと共に々を破壊しようと暴れ始めるが、オメガ・スプリームと合体した巨大オメガコンボイとの戦闘の末、そのボディは膚なきまでに粉砕された。

それでもわずかに残ったユニクロンのスパークガルバトロンを支配しようと彼の意思を侵食し一時期ガルバトロンもそれに振り回されていたが、最後はセイバートロン星スーパーエネルゴンとこのユニクロンのスパーク融合して新たなエネルゴン太陽となり、アルファQの宇宙を再生させる事となる。

マイクロン伝説』および『スーパーリンク』ではユニクロンとはトランスフォーマーの憎悪と闘争心の化身であるとされ、TF達が戦いを続ければ続けるほどそのは増す概念的な存在と言われている。

『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』

直接的な登場はしない。
しかし、裏設定ではユニクロンもまた物語に大きく関わっていたとされ、本編内ではあまり掘り下げられなかった第三勢プラネットXとは実はユニクロンの事で、そのプラネットXのTFであるノイズメイズサウンドウェーブもまたユニクロンの配下としてその復活を企んでいたとされている。

海外放送版では本作は『スーパーリンク』の続編とされ、そのユニクロンに関する設定も伏せる事物語に反映されており、その事から海外TFシリーズにおいては『マイクロン伝説』から『ギャラクシーフォース』までの3作はユニクロン三部作と呼ばれている。

プライム

『超ロボット生命体 トランスフォーマープライム』

ジョンノーブル、日本版は中村秀利

当初はあくまで神話上の存在とされ、彼の血液の結晶とされるダークエネルゴンキーアイテムとして登場する。

しかし、後にユニクロンは実在していると判明、かつて宇宙を滅ぼそうとプライマスと争ったが、プライマスが最初に生み出したTFオリジナル13”との戦いの末に宇宙の彼方へと放逐され、その後ユニクロンは核となってそこに人類の住む地球が形成されたという衝撃の事実明らかとなる。

物語中盤、グレイテストエクリップスという惑星直列現により活動を再開した事で地球規模での大災害が発生するようになり、さらにプライマスを憎むユニクロンは最後のプライムであるオプティマス・プライムをも消し去ろうと地球鉱物で出来た分身体であるガイアユニクロンを生み出してオプティマスに襲いかかった。

そこにユニクロンから下にされたメガトロンがオプティマスと共闘、彼の案内でオプティマス達とメガトロンはユニクロンの体内に侵入し、二人はユニクロンの中枢部へと辿り着く。ユニクロンはメガトロンを強制的に操ってオプティマスを殺そうとするも、その刹那オプティマスはマトリクスのを開放、そのマトリクスのを受けてユニクロンの意思は封じ込められる事となった。

『BeastHunters PredaconsRising』

※ここから先は『ビーストハンターズ プレダコンライジング』のネタバレになります。

創造プライマス、すなわちサイバトロンコア再起動に反応してユニクロンの意思も覚醒
オートボットとの戦いに敗れて機停止状態で海底に沈んでいたメガトロンのボディを体内のダークエネルゴンを介して乗っ取り、今度こそプライマス全に葬り去らんと行動を開始する。
(一応、メガトロンの意思も健在であったがユニクロンに抑えこまれて表に出てこれなかった)

メガトロンの体を己の身体として再生改造すると地球を飛び出してサイバトロンに来襲。迎え撃ってきたオートボット達を自ら生成したダークエネルゴンの結晶をキャノンハンマーなどの武器に変えるを駆使して圧倒、その次にプレダキングをも打ち負かして彼の記憶からプレダコン墓場の位置を探り出し、そこに眠る大量のプレダコンの亡骸をテラーコン化させてサイバトロンコアへと差し向けた。

コアへと続く通路を巡っての最終決戦では数のテラーコン達を操ってオートボットプレダコンの連合軍を追い詰め、さらにTFの命のたるオールスパークエネルギーが込められたケージを携えて帰還したオプティマスプライムとも戦い、ケージを奪ってオールスパークも破壊せんとしたがすでにオールスパークはオプティマスがマトリクス内に取り込んでおり、自らの魂はそのとなったケージに吸い込まれる形で再封印された。

と同時にコアに迫っていたテラーコン軍団は消滅し、メガトロンもユニクロンから開放されて生還した。

キスぷれ ~ カーロボット

『トランスフォーマー キスぷれ』

後付けであるが『THE MOVIE』と『戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー2010』をつなぐ作品とされている。

ユニクロンから放り出されたガルバトロン地球に落下した事故サイバトロン地球人類の関係が悪化する中、プライマスの使者を名乗るスパークボットという小TFに出会ったメリッサシャオシャオ、あたりの3人の少女は彼らの示で「オールスパーク欠片」を集める事になるのだが、実はこのスパークボット達はユニクロンの下であり、そのオールスパーク欠片こそユニクロン再生用のエネルギーであった。

さらに悲劇の元となったガルバトロン地球に誘導したのも彼らであり、地球に落ちたガルバトロンに含まれていたユニクロンの細胞レギオンと呼ばれる悪なTFを生み出し、そして人造TFを生み出すオートルーパーの開発計画やメリッサキスプレイヤー誕生の根幹を成していた事も判明する。

最後は不全ながらも復活を遂げようとするが、覚めたプライマスの意志によって阻まれてエネルギーごと地球深くに封印されてしまった。

そしてこの時に封印されたユニクロンのエネルギーが『ビーストウォーズII』のアンゴルモアエネルギーであり、そして同作の舞台となる惑星ガイアこそ未来地球であると明かされた。

『トランスフォーマー カーロボット』

上記の『トランスフォーマー キスぷれ』から繋がる後付け設定がなされており、劇中でられたガイアエネルギーこそユニクロンのエネルギーすなわちアンゴルモアエネルギーだったとされ、そのガイアエネルギーを守るため古代サイバトロンが残した巨大TFブレイブマキシマとはそのアンゴルモアエネルギーを監視するために置かれたものという事になっている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP