今注目のニュース
東京ディズニーリゾートをマイクラで忠実に再現 「一瞬写真かと」「家族で行った思い出よみがえる」と感動呼ぶ
ティーンファッション誌が電車・バスでの危険行為を推奨? 運転手からの悲痛な訴えに同情の声
オタクとオタクは惹かれ合う……!? 「ジョジョ」っぽいピアスをつけて会社に行ったポルナレフファンの漫画に冷や汗が出る

ユーフォーテーブル単語

ユーフォーテーブル

  • 16
  • 0
掲示板をみる(1,220)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ユーフォーテーブル有限会社 (ufotable inc.) とは、日本アニメ制作会社

概要

2000年に設立。2002年の『ヴァイスロイグリーエン』で制作会社として始動。2003年の『住めば都のコスモスすっとこ大戦ドッコイダー』、2004年の『ニニンがシノブ伝』と、良質なギャグアニメを2作続けて送り出しアニメファンから高い評価を得る(が、セールス的には全く振るわなかったらしい)。

2005年には「双恋」のキャラクターを借りた事実上のオリジナル作品である『フタコイ オルタナティブ』を制作。第1話がその破天荒な内容と破格のクオリティで放映直後にアニメファンの間で大反を呼んだが、その後ストーリーが内省的かつ超展開な方向に進んだため賛否両論を巻き起こす。2006年には『コヨーテ ラグタイムショー』を制作するが、演の大塚明夫ラジオで脚本について苦言を呈されるなど、評価は今ひとつ。2007年の『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』も賛否両論の結果となった。

一方、2007年から2009年にかけて、劇場版空の境界』七部作を制作。非常に濃いファンの多い原作に対し、偏執狂的なまでのこだわりを見せる作りで応え、原作ファンを中心に非常に高い評価を得た。

総じて「映像面の質は高く原作ものでは良い作品を作るが、オリジナル作品は脚本に難あり」という評価を受けることが多い。社長でもある瀬祭の脚本への介入が問題と言われることも。その分、作画クオリティは高く、作画枚数を使いまくって動かしまくっている。それを支える若手の実アニメーターの人脈も広い。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』では1人の監督ではなく、ストーリービジュアルなど4人のディレクターが個々の権限を有する、いわゆる「チーム監督制」をアニメ業界で初めて取り入れる。また『空の境界』では章ごとに監督入れ替わり、個々の作家性を尊重した作りになっている。

オリジナル作品を発表する場合、先行してアニメ制作会社が直接コミック連載をおこなっている。その際、(たあたんちぇっく)と呼ばれるコミック制作班が担当している。

他の制作会社にい特徴として、作品のEDにおいてクレイアニメを使用する点が挙げられる。また、OPにおいて『シノブ伝』や『フタコイオルタ』のように、アニメ本編に登場しないキャラ本編と関係ない映像を使用するOP詐欺を意図的にやらかす会社でもある。

本社ビル1Fには「ufotable cafe」というファンとの交流を的としたカフェオープンしている。制作資料の複製など重なものが見られる。

社長徳島出身と言う事で、徳島スタジオを設立したり、その縁で徳島市観光協会からポスターを依頼されたり、徳島発にして初のアニメイベントマチ★アソビ』を企画運営する、アニメ映画を上映する映画館の設立に関わったりと積極的に徳島おこしを行っている。

主な作品

アニメ

ゲーム

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/14(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/14(火) 21:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP