ヨハネ 単語

82件

ヨハネ

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

もしかして:津島善子

ヨハネとは、欧で見られる人名である。ヘブライ語の「は恵み深い」を意味するヨーハーナーンに由来する。

日本では日本聖書協会によってヨハネの表記が広められている。

キリスト教典「新約聖書」には、イエス・キリストに洗礼を与えた人物「洗礼者ヨハネ」(バプテスマのヨハネ)と、イエス・キリストの直子(使徒)である「使徒ヨハネ」、の2名の有名な「ヨハネ」が登場する。
他には、イエス使徒の「シモン・ペトロ」が、「ヨハネの子シモンよ」とイエスに呼びかけられる場面もある。つまりシモン父親も「ヨハネ」という名前だったと思われる。ただしこの「シモン父親のヨハネ」自身は、新約聖書に直接登場してはいない。
このように、イエスの周囲にそれぞれ別々の「ヨハネ」が3名も居たことがわかり、当時としてもよくある名前だったことが伺える。

さらに、新約聖書には「ヨハネ黙示録」という文書が含まれており、文中で筆者が自らを「ヨハネ」と名乗っている。
この黙示録の筆者「ヨハネ」は、伝統的には「使徒ヨハネ」と同一人物だと解釈されている。
だが、文中で「私は使徒ヨハネだ」と明言されているわけではないため、この「黙示録筆者ヨハネ」と「使徒ヨハネ」との同一性については議論がある。

新約聖書にはこの「ヨハネ黙示録」の他に、題名に「ヨハネ」と付く文書が4つ含まれている。「ヨハネ福音書」「ヨハネの第1の手紙」「ヨハネの第2の手紙」「ヨハネの第3の手紙」である。
これらの文書の著者も、伝統的には「使徒ヨハネ」だと見なされている。
だがこれらの文書では、「ヨハネ黙示録」と違って筆者が文中で「ヨハネ」だと名乗っているわけではない。そのため、これらの文書でも著者の素性について諸説がある。

キリスト教ヨーロッパたる宗教として広まった後、下記のように各国語において、聖書に登場する「ヨハネ」の名前を元とした男性名が一般的なものとなっていった。

主なヨハネの各国語対照

女性形

なお新約聖書のうち「ルカ福音書」には、「ヨハネ」の女性形と思われる名を持つ女性が一人登場しており、こちらは日本聖書では一般的に「ヨハンナ」と表記される。

この「ヨハンナ」は、「マグダラのマリア」などと同じく、イエスの死後に彼の墓参りに行き、遺体消失していることを確認し、イエス復活を知った女性らの一員である。ただし4つある福音書の全てで名が挙げられている「マグダラのマリア」と異なり、「ヨハンナ」の名はルカ福音書でしか記されていないため、「マグダラのマリア」とべると知名度は数段落ちる。

でみられる女性名「ヨハンナ」「ジョヴァンナ」「ジェーン」「ジャンヌ」「ジョアンナ」「ハンナ」「フアナ」などは、この聖書に登場する女性ヨハンナ」の名に由来するもの、あるいは、上記のような「ヨハネ」に由来した様々な男性名が女性形に転じたものである。

その他

ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する堕天使津島善子がヨハネを自称している。ただし、ヨハネという名前は上記のように元々男性名詞であるため、女性形の「ヨハンナ」や「ヨハナ」「ジョアンナ」などの方が女の子名前としては自然である。

だが「洗礼者ヨハネ」や「使徒ヨハネ」は、聖書に登場する人物らの中でも特に有名なビッグネームである。中二病の子が自分で名乗る「なんか聖書っぽくてかっこいい名前」としては、やはり「ヨハンナ」よりは「ヨハネ」の方がしっくりくるのかもしれない。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/22(月) 01:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/22(月) 00:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP