ヨーヨーファクトリー・F.A.S.T.201単語

ファストツーオーワン

1.4千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧ヨーヨーファクトリーヨーヨーファクトリー・F.A.S.T. > ヨーヨーファクトリー・F.A.S.T.201

F.A.S.T. 201(ファスト・ツー・オー・ワン)とは、ヨーヨーファクトリーが販売するヨーヨーの名である。

ハイパーヨーヨーでの名前マーキュリー

概要

2003年発売。ヨーヨーファクトリーが初めて世に送り出したヨーヨー

ダンカン・フリーハンド」に似た形状だが幅は若干狭く、金属リムを内蔵している。
透明ボディから覗くF.A.S.T.スター部分のクリアカラーが、ビジュアルでも鮮な印を与える。
(このカラーになったのは、下記のハズブロー提携以降である。それ以前は不透明カラー)
独特のスリープ音も魅の一つだが、うるさいため深夜プレイは要注意。

F.A.S.T.スター戻りがよく巻き上げが簡単で、メンテナンスもいらない
ただし、滑りが皆無に等しくマウント後にちょっとでも滑らせるトリック理である。
ブレインツイスター」や「ローラーコースター」はともかく、「スプリット・ジ・アトム」や「バレルロール」をやり出した途端にヨスリープが止まる。
アジスタブルギャップ搭載で溝幅をある程度自由に変えられ、F.A.S.T.スター山谷の合わせ方を変えると戻りの良さが変化するという触れ込みだったが、焼け石にである。

明期は、F.A.S.T.システムが中上級者には使いづらく、評価は低かった。
しかし、大手玩具メーカーのハズブローと提携し、初心者向け機種として売り出してから評価が一転。

スリーパー」や「ロック・ザ・ベイビー」ぐらいなら上記の弱点はないも同然で、巻き上げの簡単さとメンテナンスフリー、内蔵金属リムによるスリープと安定感が初心者に受け入れられ、一気にヨーヨーファクトリーの評価が高まった。

第3期ハイパーヨーヨーとしてもマーキュリーの名で発売された。
第3期初のボールベアリング機種であり、初心者にも扱いやすく、価格も2000円と安かったため、高い評価を受けた。

現在でもラインナップに残っているが、その後ヨーヨーファクトリー初心者向けモデルを大量にリリースし、より使いやすい機種が増えたことから、第一選択からは外れることが多い。

F.A.S.T. Challenge

2005年頃、F.A.S.T. 201の販促のために、ヨーヨーファクトリーが(当時の提携先だった)ハズブローと共同で開催したキャンペーン

ルールは簡単で、以下の10トリックをどれだけ速くプレイできるかを競うもの。
タイムがいいと品がもらえることもあった。
使用可ヨーヨーF.A.S.T. 201のみ

トリック自体は初歩的なものだが、初心者向け機種で高速となると上級者でもやり応えがあるため、大会のエキシビジョンマッチでもよく行われている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/06(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/06(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP