ライオン(けものフレンズ) 単語

145件

ケモノフレンズノライオン

5.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ライオン(けものフレンズ)とは、アプリゲームを始めとしたメディアミックス作品『けものフレンズ』に登場するアニマルガールフレンズ(動物擬人化した女の子キャラクター)である。

CV:浅野真澄(ゲーム版)、本多真梨子(アニメ版~)

概要

染み「の王」ことライオンフレンズ。オスライオン特有の立(たてがみ)を模した髪型が特徴。の王の呼び名に恥じぬパワーの持ち。しかし、結構ぐうたらで怠け者な性格で、基本一日のほとんどを寝て過ごす。寝てたりごろごろしたり、後述のような演技をするのが大好き。戦闘時やが減った際には本気を出す。

オスライオンは「プライド」と呼ばれる群れを率いるリーダーを務める(又はす)習性を持ち、プライドを保つために奮闘する。その習性のためか、フレンズ化した後も自らを強く見せる演技が得意で、身振りから発方法まで様々な表現方法に精通している。

外見

白色の半袖シャツとチェック柄スカートを着て、ネクタイを締めている。その姿は女子高生のよう。ライオンの肌の色を模したニーソックスを履いている。

特徴的な大きく広がりボリューム一杯なとその色はライオンの鬣を表現している。なおライオンの鬣はオスの成での特徴である(稀にメスライオンでも鬣を持つ)が、「けものフレンズプロジェクトコンセプトデザイン担当の吉崎観音によれば「けものフレンズ世界では、雄も雌も容赦なく女の子になってしまいます。元雄だった個体もあると思います。」「雌だけど雄の特徴を獲得した個体もいます。」[1]とのことであるため、元がオスだったのかメスだったのかは不明。

また、胸がデカい。

NEXON版での扱い

基本、寝てる……。
寝させて。お減ったら、起きるよ。
これでも、天才女優って言われてる。
豊かな身振りと表情、豊富な発法で、表現には定評がある。…意外?
は強い、けど……演技が好き。寝るのは、もっと好き……ぐぅ。

アプリプロフィールより

ピュア属性()のレアリティ度4のフレンズとして登場。コスト350・攻撃タイプは近距離サイズはL。ネコ動物(も可)から構成されるグループ百獣の王の一族」に所属している。固有スキル一撃粉砕の拳」は敵集団の内先頭1体に対して自身の攻撃×8のダメージを与える。

ゲームにはライオンの他にも亜種が登場する。通常種では、マサライオン(通称マイラ)・トランスバールライオン(通称トーリャ)・変種のホワイトライオン絶滅絶滅危惧種ではケープライオンバーバリライオン(通称バリー)がゲームでは入手可属性バラバラだがレアリティは総じて高い傾向にある。

交友関係が大きいサーバルに「けもけも小劇場」という演劇を行うために新メンバーを探していたボブキャットシベリアオオヤマネコが相談しにやってきた。それに対してサーバル推薦したのがライオンだった。普段はぐうたらで直ぐ何処でも寝てしまい、勧誘に対しても鈍い反応だったライオンだが、演技の腕前はピカイチで聞いていた面々が見入り感するほど。また、一度作品世界に入るとセルリアンが来ても気付かない程熱が入る。

ストーリークエストでは第6章で登場。ホートクチホーで開催される「スカイレース」において、サーバル達のチームメンバーとして参戦した。ただし、レース荷物役としてであり、本人は終始寝っぱなしだった。

アニメでの活躍

ネコ ネコヒョウ
ライオン
Lion

第6話「へいげん」にて登場。へいげんちほーにて、ヘラジカとの他もない勝負から発展した両営入り乱れての合戦を繰り広げていた。今まで51試合ほど合戦を行い、勝敗はライオン営の51勝。オーロックスアラビアオリックスニホンツキノワグマを配下としている。そのうちオーロックスアラビアオリックスの2人だけで勝ちを収めて来た。へいげんちほーにある和風守閣の木造建築物を本拠地としている(ココを巡る取り合戦らしく、負けたら立ち退くという)。

堂々とし強者オーラを漂わせる、リーダー格溢れている。この状態は配下にリーダーとしての威厳を見せるため演じている姿であり、本来はごろごろしたりするのが大好きで、気さくな性格。合戦の勝ち負けはどうでもいいと思っているが、部下と相手がやる気なので続いている。とぎをしたり紙風船にじゃれついたりと、ネコ動物としての習性も根強い。

オーロックスアラビアオリックス不審者として連行してきたサーバルかばんちゃんの尋問を1人で行い、3人きりになった途端に本来のぐうたらな性格を現した。合戦に飽きて辞めたいので2人をヘラジカ営のアドバイザーとして派遣して勝たせようと依頼する。

かばんちゃんアドバイスのおかげで52戦の合戦(かばんちゃんの提案で、筒状に丸めた武器とした紙風船割り勝負となった)は互な戦いとなり、ついに守閣に乗り込んできたヘラジカとの大将戦に突入。最初は負ける気だったライオンも勝負になると血が騒ぎ、本気モードに突入。しい応酬の末に引き分けとなった。

本気の勝負を終えてすっかり仲良くなった2人。以降も穏便に勝負をする事を決め、としょかんに向かう一行を見送った。

第6話内では「とうぶどうぶつこうえん きたはまおにいさんさいたま)」によるライオン解説が入り、群れのメンバーらによってチームワークのいい狩りをする動物であることが説明された。

第8話「ぺぱぷらいぶ」のCパートでも登場し、ヘラジカ達とかばんちゃんの提案したボール遊び(恐らく、サッカーに近い何か)をルールに乗っ取って楽しんでいた。アライグマの言う「かばんちゃん帽子泥棒説」は信じなかった。

第12話「ゆうえんち」ではコノハ博士ミミちゃん助手が率いるフレンズ軍団の一員として登場。トキ中運搬される形でに上がり、そこからヘラジカと共に急降下攻撃を敢行。強な一撃で巨大セルリアンダメージを与えた。大切な仲間であるかばんちゃんを傷つけた敵に怒り心頭な様子で、「うちの子にー(素の)手出してんじゃねーぞ(リーダー時の)」とドスの効いたと共に攻撃、軍団を率いるリーダーとしての威厳を見せ付けた。

戦闘終了から1ヵ後に開かれたセルリアン撃退&かばんちゃんが何のフレンズか判明記念パーティーにも参加。遊園地観覧車のカゴにキタキツネと一緒に入室し寛いでいた。本質はぐうたらな性格であるライオンスーパーインドキタキツネは気が合ったのかもしれない。また、同じネコ科大動物としてシンシーを感じたのか、一ながらジャガーと談笑するシーンも映っていた。ちなみに、その少し前のシーンではヘラジカジャガーに「おぉ!強そうな腕だなぁ!ちょっと勝負しないか?」と誘っている。ジャガーには強者を惹きつける何かがあるのだろうか。

ゴコクチホーへの立ちに向かうかばんちゃん出式にも立ち会っている。

ぱびりおんでの扱い

「やっぱりライオンって、しょっちゅう寝てるイメージよね。うん、否定しないわ。"の王"なんて言われてるから、ホントはお手本になるような振る舞いをしないとだけどね。ただ、強さの徴とも見られてるから、衰えないよう、陰ながら努してるのよ」

けものフレンズぱびりおんフレンズあーかいぶより引用

第?世代と第2世代の両方のエリアで観察が可フレンズプロフィールは両世代で共通となっている。やはりというかアニメ版設定の第?世代と自己紹介とで性格や口調などに違いがある。なお世代間の立ち絵の変化は頭髪周りが大きく変化しているため変化が分かりやすい方である。

第?世代

「だらだらしたいよねー。」

リリース時の初期メンバー。けもトークアイコン背景色は一人称は「わたし」、他のフレンズのことは「きみ」もしくは敬称を付けないフレンズ名で呼ぶ。ただし、本気モードの際に「お前」という呼称を使用する場合もある。

アラビアオリックスオーロックスニホンツキノワグマからは大将呼びされているなど、アニメでの関係性はそのまま引き継がれているようだ。ただしリリース当初にはライオンしか実装されていなかったことなどもあり、ライオン営とのけもトーク自体はそこまで多い訳ではない。また「かっせん」は一段落しているようで、「ここ(へいげん)に来るのは久々ですね」とニホンツキノワグマが言っていることや「かっせん」を再開しないか部下達がやきもきしている事、ヘラジカ営側でも「久々全員集まったね」といったけもトークがあるため、一回解散して自由行動になっている可性が高い。

実は「かっせん」をしていたことは知るフレンズぞ知る状態だったようで、イワビーから「もうヘラジカたちと戦わないのかよ。」と言われている。その際に「たまにやってるよー。この前は引き分けだったねー。」と言っていたり、別のけもトークでは「かっせん以外で勝負」という話題に対して、アラビアオリックスが「前にもやりましたよね、そういうの。あれは面かった。」と言っていたりもする。この引き分けや「他の勝負」というのがアニメでの出来事をしている可性もあるが、ライオンがあまり積極的ではないにせよ「勝負はもうしていない」とは言っていないため、不定期で「かっせん」以外の勝負をしているのかもしれない。

本人は「だらだらしていたい」ようで、ハンター修行相手も含めて「ちからくらべ」的な行為はのらりくらりと回避することが多いようだが、ヘラジカからは「近頃ライオンはのらりくらりと勝負しようとしない!」、シロサイからも「たまにはヘラジカ様の相手をしてくださいませんと」と言われている。しかし強いフレンズの宿命なのか、ヘラジカに限らず最近は挑んでくるフレンズ達が増えてきているようで、「年中、勝負しよう!って吹っかけてくる子はいるしさ!仲間になれって誘いに来る子もいるし。んもぉ~、めんどくさいんだからねぇ~。」と悩みのタネとなっている様子が見られる。ライオン平和なお寝の行方は如何に。

しい行動は「研ぎ(高床ベッド)」、すごくしい行動は「何度でも勝負!(縁側の稽古場)」でヘラジカとのペア。
アーカイブ7では「ベッド」を作っているが、しい行動をするあそびどうぐの「高床ベッド」は木製であり、あーかいぶ7のなかでは製作したベッドについて「すっごいフカフカだー。とかの上より気持ちいい!!」と言っていることから、初期フレンズによくあるしい行動用とあーかいぶでの制作物が一致していないパターンだろう。

第2世代

「眠れる獅子を起こしたのは、だーれ?」

2018年10月30日の第2世エリアサバンナ」解禁と同時に観察可になった。けもトークアイコン背景色は一人称は「私」「わたし」、他のフレンズのことは「あなた」もしくは敬称を付けないフレンズ名で呼ぶ。

第?世代はどちらかといえば「だらだらしたい」方向で休息という感じだったが、第2世代ではよく寝ている印でよく寝落ちもしており、本人く「いくら寝ても寝たりない」とのこと。
唐突に演技スイッチが入ってしまう時があり、唐突に演技を始めてしまうときがある。結構上手いようだが、急に始めるからかビックリされてしまうときもあるようだ。

二世代では「獅子の休息(高級ないソファ)」

関連動画

関連静画

関連お絵カキコ

関連立体

関連チャンネル

関連項目

脚注

  1. *吉崎 観音 on Twitter: "素朴な疑問であると思うのですが、けものフレンズの世界では、雄も雌も容赦なく女の子になってしまいます。元雄だった個体もあると思います。雌だけど雄の特徴を獲得した個体もいます。"exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/16(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/16(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP