今注目のニュース
作文が嫌いな小学5年生 ひたすらグチを書いて提出したら?
「学校現場として異常」教員が続々と退職…文理開成高、残業代未払いなどで是正勧告
「女子高生の無駄づかい」第9話先行カット公開 小学生にあおられたロリがおしゃれに励むようです

ライデン(HBV-05)単語

ライデン

掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ライデンとは、SEGAから発売されているゲームシリーズ電脳戦機バーチャロンに登場する機動兵器バーチャロイドの内の1機種である。この項では、初代HBV-05 ライデンとその後継機について記述する。

大艦巨砲主義の具現化の代償は余りにも大きかった・・・

本機は元々支援として開発されていた。だがテムジンでの設計・開発が膨大な時間と労を消費しており
一から設計する手間をくため重量物搬送用二足歩行貨物キャリアーをベースにして開発することになった。
・・・それが後に様々な問題を生み出すことになるとは0プラントのエンジニア達は1人予想してなかった・・・。

HBV-05 第一世代ライデン

HBV-05 ライデンテムジンと共に最初に実用化されたVRであり、カテゴリは重戦闘バーチャロイドに分類される。
本来は艦載兵器である対艦レーザーを両肩に搭載する事で、その攻撃は第1世代のVRの中ではトップクラスを誇り、強な装甲によって高い防御をも併せ持つ優秀な機体である。

ただ一つ問題があるとすれば、この機体一機を製造するのにテムジン27機分コストを必要とする、と言う事だろう。
あまりに高価であるため、最初期に開発されたVRであるはずのライデンの量産計画はキャンセルされ、その生産数はたったの26機にとどまってしまった。
第一期生産計画では120機の生産を予定していた本機の試作は、テストにおいて良好な性を発揮。行く末は順満帆に見えたのだが・・・予定生産分の予算が計上されたとき、関係者はそろってを疑う事になったと言われる。

本機の特徴である艦載レーザーは、実は試作1号機(t01)の時点では搭載される予定がなかった。
テストにおいて、本来火器として搭載するはずだったビームランチャーが期待されていたほどの火力を発揮せず、その代替案として補に挙がったのが艦載レーザーAli-02aだったのだ。
当初の予定にないその兵器を急に搭載する事になったライデンは、それに伴う重心の変化、機動性への影、射撃統制システムの変更などから完成していたt01の一部を流用した新機体、という形で設計し直される事となった。
しかし、膨大な数の作業が途中でねじ込まれたにも関わらず、開発スケジュールは最初期からまったく変更なしであったために作業は殺人的なものとなり、コスト視した開発体制の元、生産の最適化が考慮される事はまったくなかった。その影で脚部ホバーユニットは貨物キャリアーのものがほぼそのまま使われる事になり、機動性
当初の予定に届かなかったが手直しするスケジュールすら確保出来ない状態だった。
その結果、ひた隠しにしていたコスト面の問題はいざ量産、という時期になって大きな問題となってしまったのだ。

おまけレーザーを生産していた会社はライデンの開発了時には既に倒産、Ali-02aの生産ラインは別会社の手によって装されており、今ある分のレーザーライデンを生産した後、新たにライデンの生産を開始できるのは少なくとも5年後になる、という事実も判明した。

これではライデンの量産は望めない。どうすればいいのか、と悩んだ末に出された結論は、ライデン高級兵器ブランドとして位置付け、限定商品としての価値をアピールしていく事であった。
そして、ライデンを支給される事となった特殊重戦闘VR大隊(後のS.H.B.V.D.)もまた、自らの正当性を勝ち取るべく、この機体によって奮戦する。
ライデンは決して最強兵器ではない。しかし、決して扱いにくい機体でもない。々はこれを使用して戦闘に勝たねばならない。々のライデンは、々が 扱うことによって初めて最強となる。また、そうならねばならない。それが、商品としてのライデンを成功させる一のである」
この連帯意識の元に活躍した彼らの駆るライデンにより、ライデン無敵VRとして伝説化されていく事になったと言われている。

ゲーム中での性能

鈍重、重装甲、一撃必殺の高火力と、一部の方々はロマンを感じずにはいられない機体。特に他の七体にべてセンターウェポンキャンセルダッシュ不可(硬直センターキャンセルレーザーは可)というゲーム上のシステムから最弱機体と名高い。
武装はバズーカグランドボムレーザー

バズーカは見たは強そうだが実際は微妙。威も追尾性もほどほど、弾速は遅め。
ダッシュしながらのバズーカダダダダ・・・と連射しまくってハッタリ感抜群である。
ただししゃがみバズーカは脅威の対を誇る。飛んでるはコレで叩き落せ!

グランドボム円盤のような形状のボムを投げる。
地表を這うようにゆっくり進んでいき、障物に当たるか一定時間で爆発し、広範囲を巻き込む。
その性質から他の機体のボム系攻撃と同じ感覚で使う事はできない。
後ろダッシュから出すと弾速が上がり、で反射するようになるのでちょっとトリッキーな感じに。

そしてライデンライデンたらしめているのが両肩からのレーザーである。
特に立ちレーザーの威ゲームトップなのだが、敵機をロックオンしていようがかろうが基本的に正面方向にしか撃つことができず、発射直前の度補正や発射後の追尾もい。
その性質を利用し、熟練者は敵機の動きを先読みしてレーザーを発射することでダッシュした敵機をレーザーに突っ込ませたりする。
また、ライデンレーザーは他の機体のセンターウェポンのようにダッシュキャンセルすること(センターウェポンキャンセル)ができない。
一旦入すればレーザーを出しきりモーションが終了するまで他の動作に移ることができない。
読み間違えて空振りすれば大きな隙をしてしまうだけでなく、ダッシュ攻撃直後の行動も他の機体にべ大きく制限される。

そのロマンっぷりからバーチャロンを初めてプレイする際にライデンを選びたくなる人もいると思いますが、操作に慣れるまではテムジン等の素直な機体を使ったほうが良いかと。

HBV-502 第二世代ライデン

二世バーチャロイド開発競争を開幕させた一機。
RNA営のアファームドシリーズの圧倒的な稼働率を前に、対するDNA営の盟、第8プラントこと「フレッシュ・リフォー」は親DNAである3つのプラントに第二世バーチャロイド発注した。
その中で第5プラント「デッドリー・ダッドリー」の様相は他の2プラントとは異なっていた。そこは奇しくもそのプラントは旧HBV-05ライデンの開発に携わった末に大赤字を生む失敗作として左遷されたスタッフが多く在籍しており、無茶振りに近いこの発注にかつての失敗という汚名の返上を賭けて応えたのである。
秘密裏に進めてきたバーチャロイドの基礎研究と尋常ならぬ士気によって作り上げられたその機体は、フレッシュ・リフォー肝入りの第3プラントよりも先んじて発表され、意図的に似せた機体特性と開発チームの祈りもあいまって「ライデン」の名を世襲することとなった。

第一世代からブラッシュアップされ、特に肩周りに関してはかなりコンパクトになり、胴回りもともすれば中量級と同程度までスリムになっているが、均整が取れつつもマッシブなシルエットは「重量級」の三文字を雄弁に物語っているといえよう。だが機体構造的観点から見ると「重量級なのに装甲外せば軽量級以上の速度ダッシュ移動が可」とか
「その性実現の為フレームの強度はMV-03エンジニアが呆れる程堅」とか「操縦・稼働の調整幅か極端に小さく
専属ベテラン整備士でないとまともに整備・稼働できない」とか兵器としてだけでなく運用面の重要項をことごとく
視したVRとなった。(こんな仕様になったのはS.H.B.V.D.から出向していたバイモルフの『好み』でもある・・)

電脳戦機バーチャロン・オフィシャルストーリー#2.42『One-Man Rescue』にもプロトタイプが“試作雷電”として登場して獅子奮の戦いぶりを見せ付けるなど文字通りDNA営の希望となる ハズだった
その完成度に絶対の自信を持っていた第5プラントは意趣返しとばかりにこの機体を敵営RNAにも販売。そしてこのことが盟「フレッシュ・リフォー」にバレてしまった結果、プラント丸ごと限定戦争舞台にされた末に焼け野原になるという大粛清を受けるハメに。結果、開発機材や技術者も散り散りとなり、ライデンも生産打ち止めに。

そのため、オラトリオタングラム時点で予備パーツの少なさを技術者のマンパワーで補わざるを得ないデリケートなレア機体という汚名をまたしても被ることとなった。
(後に第3プラントが既存機体のメンテ用に回収した設備とメンテナンスデータから再量産。但し一部簡略化された。)

ちなみに、DNA営とRNA営では機体形式の命名ルールが違うため、RNA側(ゲームで言うところの2P側)で機体を選択した場合、式番号はRVR-75と表示される。
公式の設定資料集によると、設定上はRNA側所属の機体はOS等に若干アップデートが施されており、名称もRAIDEN となっているが、ゲーム中での表記はRAIDENのまま。当然、性に差異はない。

武装・ゲーム内機体性能

一番の変更点は肩部に格納された「レーザー」ことCWの『バイナリー・ロータス』。
当たれば中量級のライフ50%奪い去る威はそのままに、キャンセルタイミングが増え、俗にいう「パカキャン」によって前作の硬い挙動が噓のようと評される身軽な地上戦が可
また、LTCWで敵をスタンさせる『クローストリングス』を射出。ステージに長く残る「」として機するため、地制圧に使えるほか、条件さええば触れた相手に即死コンボ叩きつける事が出来る。
また、one-man rescue劇中で見せた照射モード、通称「スパイラルレーザー」がRTCWに搭載。
更にバグ仕様を突いて「片側のレーザーだけを放ち、消費エネルギーを半減する」、「V字の軌を描くようにレーザーの射出方向を曲げる」といった芸当が可。 
なにより「一発だけの博打兵器ではくなった」ことがゲーム内でのライデンの威に反した手数の多さを形作っている。

RWは伝統の『バズーカ』。通常発射での回転率こそライフルには劣るが、特定のモーションではマガジン知らずの大量の弾を吐き出す。また、斜め前スライディングではライフル顔負けの弾速を発揮するためバズーカの名で侮るとその尋常ではない精度で差し込まれる弾丸に驚くこととなる。

LWの『グランドボム』は専ら牽制用。対としてナパーム機が付与されたがその有用性は疑問符
ただし、軌が素直なライデンにとって地形を跳ねたりさせることで死からの強襲が可な武器としてしっかり使ってゆくとに見えて相手を抑止できる変り種ともなる。 

装甲値も高く、ライフ2位、Vアーマー3位と堅(Vアーマーは上位2機が突出しすぎている感だが)
また、ライフの9割とVアーマー全てを犠牲にして装甲を排除する『アーマーパージ(通称:脱衣)』機one-man rescueから引き継がれた。
ライフル1発がカスっても敗北する状態になるものの、「誘導中の敵の弾丸をすれ違って回避する」、「LWのグラボムを自分で追い抜いて敵機体を挟み撃ちにできる」など、そのスピードたるや軽量機すら上回る。

近接攻撃は相変わらず積極的に振る性ではないが、高速発生のLW近接と、広範囲のRW近接を備え、迎撃は高め。念願のCW近接はショートレンジながらレーザー顔負けの大威の放電攻撃を行う『フラグメントクロー』だが、発生が遅い裏技チックな性

欠点は中戦の幅が広がったオラタンにおいて中での機動も攻撃も着地硬直も長い(ジャンプキャンセルに限れば硬直は少ない)という3重苦。中に追い詰められて反撃もままならず着地を狙い打たれるのはよくある負けパターン
重量級らしからぬ地上の機動を活かしてどこまで地上でれるかが運用の上手さの標とも言える。 

……と、繊細な詰ませ合いと駆け引き、そしていかなる状況でも大逆転を狙って戦い続けられる性から重量級入門機として最適な性を獲得したといえよう。
Ver5.66では機体の強さを順位付けした場合にトップに近い評価をつけるトッププレイヤーも多い。

HBV-512 第三世代型ライデン

粛清の末、崩壊した第五プラントの一部はかつてのライバルである第三プラントことムーニー・バレー体の企業体「アダックス」に吸収された。
環境となるVクリスタルによるジャミング影下での稼動を想定して設計を新たにしている。
課題だった生産性・整備面もグリス・ボックユニット化構造のノウハウなどを継承することで解決し、大資本もあいまって初の安定供給を実現した「ライデン」である。

ゲーム仕様から二世の一部機がオミットされたものの、挙動面では硬直や滑りの少ない操作性の高い重量級となった。 

武装・ゲーム内の性能

S.H.B.V.D.のみならずライデンのみの部隊も生まれた結果、生機が生産された。
また、MARZに登場する S.H.B.V.D.は流通モデルよりも性能面に優れたチューンモデルを運用している(後述)。

E2型

伝統的な『RW:バズーカ・LW:グランドボム・CW:レーザー』の3種の器をそろえた機体。初期支給。
ネットや手数は失ったものの、レーザーによる強な闇討ちを持ち、けして放置できないチームとなりえる要素を持つ。
また、グランドボムが“当てられる”性になり、オラタン以上に自衛に貢献してくれる武装となった。 

E1型

E2のRWを連装ビームフラットランチャー』に換装したone-man rescue主人公、ミミー・サルペン機の再現モデル
兵器一本に絞る事で動作が最適化されたらしく、レーザーの発生をはじめとした各種挙動が高速化しており、RWも単発ダウンを奪えるパンチを持つ等、タイマンでの性が向上している。 
欠点はRWの回転率や射程がE2より弱体化し、戦局に絡みづらくなっている点。 

A型

ライデン用部隊のニーズに応え、インファイトに絞った装備ユニットを開発した。
RWにビームソード、LWに帯電ナックルを備え、CWにフラグメントクロー機を有した連射を備えたモデル
近接特化と思いきや、強い誘導を持つLWや遠距離に届く誘導弾を連射するCWによりむしろ中~遠距離の援護の高さが武器となる。コンセプトとはなんだったのか
欠点は火力と近距離の迎撃手段。近接が強いとはいえ、テムジン等の本職には総合で一歩譲るピーキーモデル

D型

肩部をスタン効果を持つビームを放つビットである『バックスパイダー』に換装したモデル。RWをマイザーΓ的なマルチランチャーに、LWを直進ナパームにする等、MBVを意識した装備を有する。。
CWでスタン効果のあるネットを射出。れた相手への追撃が脅威であるが、 かつてのオラタンのような大ダメージはなりを潜め、丁寧に硬直を刺して削り合う庸な機体となった。TCWでレーザーを発射できるが、本職のE系列にべて勝手が良いわけではないため重量機としても物足りなさがある。
但し、TCWは射出されたバックスパイダーがワンテンポ遅れて多段ヒットする極太レーザーを撃つという性質上、中ボスヤガランデ相手には「機体側は回避動作を取りつつ」「TCWを多段ヒットさせる」ことが可になり、僚機(ヤガランデHPは自機+僚機の合計HP例する)によっては上手に当てることで、一撃で100%以上ごっそり削ることも起きうる、ストーリータイムアタックにおいて重要な装備だったりする。
特徴こそ丸いがライデン系列ではしい中機動に優れたモデルであり、高汎用である点をどう活用するかがポイントとなる機体。 

N型系

かつて没案になったユニットを搭載し、採算の取れるように修したフロート脚部のライデンドムへ先祖帰り。
フラットランチャー装備のN1、バズーカ装備のN2が存在する高レアリティモデル
機動は中量級の準に達するが、バーティカルターンが不能になったり、軽量化のためか装甲が軽量機並に薄い等の欠点が多く、決して強い機体ではない。 

S.H.B.V.D.所属機

電脳戦機バーチャロンマーズでは、S.H.B.V.D.所属の第三世代ライデンが登場する。
機体の外見はカラーリングが違うのみで、HBV-512-E1およびE2に準ずる(厳密にはSvt.gfk-512-E1指揮官機であり、HBV-512-E1/cと同一デザインだが、式番号に/cはつかない)ものの、高性フレームを使用しているという設定があり、実際ゲーム中の性も別物。
具体的には、(高機動より中量級の)テムジン707Sと同等のダッシュ速度と、そのテムジン707Sの2倍近い装甲を持ち、武器のゲージ効率は普通ライデンより良くなり、各種硬直も軽減されているっぷり。スペックで言えばゲーム内でも屈の強機体である。
当初はストーリー内で敵として出現するが、条件を満たすことによってプレイヤーも使用可
なお、マーズストーリー中でSvt.gfk-512-E1に搭乗するギル少尉は、やたらダッシュ近接をガンガン振ってくる。フラットランチャーは割と武器としては大きく、当たり判定馬鹿に出来ないとはいえ、機体の使い方としては・・・。A型支給してあげて。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP