今注目のニュース
父親が息子を警察署の前に捨てる 意外な理由に批判噴出
【なんて読む?】今日の難読漢字「御数」
虐待に耐えかね実父を殺した3姉妹 正当防衛と認められない可能性も

ライン(ゼノブレイド)単語

ライン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(101)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

″足元見るのは歳とってが曲がってからでいい″


ラインとは、任天堂より発売されたWiiRPGゼノブレイド』 (Xenoblade) の登場人物である。

こっち見ろ!

姓名:ライン
年齢:18歳
身長:190cm
種族:ホムス
武器:バンカー
スキルタイプ:根性/熱血/努/短気/友情
クラフト:強火クラフト時に純度が大きく上がる
声優宮下栄治

コロニー9の防衛隊員でシュルクフィオルン幼馴染
普段はチョッカクヒゲ隊長)にどやされつつコロニーを守っている。特にシュルクと行動を共にする事が多く、共に機兵を倒すに出た事からも「親友」と言っていい間柄。
ダンバンの事をのように慕っており作中でも度々ダンバンの発言や行動に感心を示す場面がある。
基本的に敬語は使わずにでもフレンドリーに接するが、世間知らずで世事に疎い部分がある為、誤解されたり勘違いされやすい性格でもある。ダンバンフィオルン以上に突猛進な所があり、やや短絡的な部分も見受けられる為、まさにシュルクとは正反対の気質。そのためフィオルン(実際はシュルク以外のメンバー全員)によく叱される場面があるが、体をって仲間を護る姿には信頼を置かれている。

コロニー6で出会うカルナとは徐々に恋愛関係に発展してゆくが、遠まわしに気持ちを確かめ合っている場面は何度かあるものの、ラストまで明確に告白するような場面はかった。
リキの事を一名前ではなく「おっさん」と呼び、同じいじられキャラなのにリキだけ可がられている事が気に入らないのか、妙に突っかかる事が多い。
戦闘中の会話では、四字熟語を好んで使うものの間違いだらけ仲間をよく呆れさせる。ゲームでは音だけなので、プレイヤーには何をどう間違えたかちょっとわかりにくいものもある。
また、重装備にした姿はどう見ても機兵にしか見えず、あらゆる面でプレイヤーの笑いを誘う。いわゆる脳筋キャラである。

戦闘では高いHPと防御に特化したアーツ仲間を護る役割で、回避ダンバンとは逆の防御キャラダンバンシュルクフィオルンと組ませて連携に特化させるか、メリアカルナと組ませてひたすらヘイトを稼ぐかの2通りの使い方に分かれる。戦闘メンバーと戦況によってオーラを巧みに使い分ける事が重要。
これと言って弱点らしい弱点はないが、高性な装備やジェムう後半は他のキャラでも高レベルな敵と十分に戦えてしまう為、ベンチ要員になる事が多い。

ワイルドダウン!

ワイルドダウンとはラインの代表的なアーツであり、崩し状態になった敵に当てると転倒させることができる。

何故、このアーツネタにされているかと言うと、発売前のPV内でラインが「ワイルドダウン!」と何回も叫んでおり、そのわかりやすい言葉のきとライン強さが合わさって(その割には、ただの転ばせ技であるというギャップもあり)多くの人々のにその台詞が残った。
そのためか、発売前にもかかわらずラインワイルドダウンというイメージが定着し、ラインのことをワイルドダウンさんと呼ぶ人もいた。

ゲーム内では、序盤の戦闘シュルクの「ストリームエッジ」や「エアスラッシュ」で敵を崩し状態にし、ラインの「ワイルドダウン」で転倒させるという一連のコンボができる。
転倒状態は相手の行動を封じることができるのはもちろんだが、普通に攻撃するだけではダメージを与えられない機兵に対して、有効なダメージを与えることができるようになる。
序盤において、モナドをもったシュルク以外のキャラでの機兵の攻略方法は、転倒させるか、もしくはモナドアーツの「エンチャント」でパワーアップするかの2つしかない。しかも、転倒状態に出来るアーツダンバンが加入するまで、ラインの「ワイルドダウン」たった一つである。そのため、序盤ではこのアーツを重宝することになる。
これもラインワイルドダウンというイメージが定着している所以である。のおかげだな!

ニコニコプレイ動画内ではラインが活躍する場面で「ワイルドアップ!」といったコメントが流れるなど、ラインの言動について「ワイルド○○」と弄られることがしばしばある。

さらにワイルドダウンは受け継がれていく。続編『ゼノブレイドクロス』は『ゼノブレイド』とは全く世界観を異にする作品ではあるが、技としてのワイルドダウンは続投した。今回はキャラではなく、クラスごとに技を習得するシステムで、を使って戦う『シールドバトラー』のアーツとして登場。主人公シールドバトラーに就かせればマイアバターワイルドダウンをさせることが可に!! ついでに『ワイルドビート』という似た名前の技も登場。こっちはを腕に付けて敵をタコ殴りにする技。転倒状態の相手に威が上がる効果を持ち、案の定というかワイルドダウンと連携バッチリな技である。

しかし、主人公はともかく他のシールド使いの仲間たちは13歳の天才メカニック少女エリート意識の高いメガネ君自称芸術の異などとやけにラインと対照的なインテリい。特に偉くて健気な天才少女リンシナリオ上でも出番の多いメインキャラなため、美少女ボイスでのワイルドダウン!!」をよく聞くことになる。前作で脳筋技呼ばわりされた反動だろうか…… 異人のルー微妙に間違った故事成語を乱発するあたりラインに通じるものもあるが。そして、エリートメガネHBは技名の前に「エリート」を付けて叫ぶ拘り(癖?)があるためエリートワイルドダウン!!」という新たなネタを生産した。

ビッグウェーブに乗るぜ!


俺のまともなサムネねぇのかよ!?

 これで汚名挽回だな!(汚名返上または名誉挽回)

これで変化雨敵だぜ!(へんかうてき→天下無敵)


みんなで面目削除だ!(面目躍如、めんもくやくじょ)

よろいそでひとさわりなサムネありがとよ!(鎧袖一触、がいしゅういっしょく)

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP