ラクガキ王国 単語

2453件

ラクガキオウコク

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラクガキ王国、ラクガキ王国2は、タイトーから発売されたプレイステーション2用のゲームソフト

キャラクターを自分で作ることができるという、非常に高い自由性が特徴。

概要

プレイヤーは「ラクガキ」と呼ばれるキャラクターを作成し、そのキャラクターを戦わせてストーリーを進行させていく。

コントローラーアナログスティックを用いてプレイヤー自由に描いた「落書き」が、3Dポリゴンキャラクターとなるシステムが特徴的。 このシステム東京大学大学院情報工学研究科の五十嵐健夫准教授院生のときにSIGGRAPH'99で発表した論文の基本概念を参考に作成されている。

「からだ」「あたま」「あし」「はね」など、パーツごとに絵を描いてキャラクターを作っていく。描いた形状に応じた動きが自動であてがわれ、例えば「あし」をくの字に描くと、折れ曲がった所が膝になる。「うで」の先端にを設けるとそのが開閉したりする。また、描き方を工夫することで中に浮いたり、地中にもぐったりして動くラクガキも作ることができる。
初代ではラクガキを描ける人をクロッカーと呼ぶが、本ゲームユーザー間でもプレイヤーの事をクロッカーと呼ぶことがある。

東方ProjectZUN開発に関わっており、ゲーム中に隠しキャラとして「ハクレイミコ」が登場する。
実は夢想封印はラクガキ王国が初出である。

実際にプレイしてみると、絶望すること必至。
自分の思った通りに描くには、それ相応の修行が必要となる。

シリーズ作品

ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国

2002年3月20日発売。じゃんけんの要領で「こうげき」「まほう」「バリア」の3種類の攻撃、HP回復しつつ次ターンで与えるダメージを上げる「チャージ」を使い分ける「ラクガキファイト」でラクガキを戦わせ、帝国ラクガキ大会の優勝すのが的。登場するラクガキは約3000体にも及び、中には複数人の漫画家デザインしたラクガキも存在している。

天才ビットくん グラモンバトル

2003年9月18日PS2版が、2003年10月3日ゲームキューブ版が発売。天才ビットくんのコーナーゲーム化したもので、バトルシステムはラクガキ王国と同じ。登場グラモンはラクガキ王国より少ないが、番組で採用された募作品や出演者のグラモンが登場した。また最初から全パーツペンと色が使用でき、引けるラインの数値も前作の最大値と同じである。PS2版のみラクガキ王国のデータからラクガキを参戦させられる。

ラクガキ王国2 魔王城の戦い

2004年9月22日発売。前作とは違い3Dアクションゲームとなり、描いたラクガキ変身及び操作して敵のラクガキと戦う。ラクガキシステムパーツの細分化や編集機の大幅な強化が成され、より凝った見たギミックラクガキを描けるようになった。

ラクガキ キングダム

2019年7月11日に発表され、2021年1月28日iOSAndroidで配信された。ラクガキシステムは2を基にしているが、育成システムパワプロクンポケット形式で、バトルシステムコマント選択方式かつ最大3体3のチーム戦である。描いたラクガキは専用の共有サイトアップロードでき、投稿されたラクガキダウンロードして使用する事も可だった。約半年後の2021年11月2日サービス終了

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
平沢進[単語]

提供: 樹葉 緑

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP