ラッツ&スター単語

ラッツアンドスター

  • 1
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ラッツ&スターとは、日本のドゥーワップグループである。
英語では『RATS&STAR』と表記する。 

現在ではこのグループ名だが、かつては「シャネルズ」という名前で活動していた。

概要

顔をく塗った4人のボーカルと、トラペッターの5人編成が印的なグループ
ステージの中央に立つのは基本的に彼らだけだが、実際にはギターベースなども参加していたため、ボーカルグループと言うよりはバンドと言った方がよい。 
当初は10人で編成されており、後に7人体制へと変わった。

ドゥーワップとは、黒人のゴスペル合唱が、ジャズなどのポピュラーソングスタイルを手に入れて誕生したスタイル
これに強い影を受けていたリーダー鈴木を掛けて誕生した。

活動を休止してから既に30年近く、最後に集結してから15年以上が経過しているが、現在も一応、解散状態ではなく、休止状態とされる。
メンバー現在の活動はまちまちで、ボーカリストとして活躍する人もいれば、タレントプロデューサー、塀の中など多種多様。 

代表曲は「ランナウェイ」「め組のひと」「夢で逢えたら」など。

ちなみに、デビュー当時こそ問題にならなかったものの、顔をく塗るパフォーマンスは、アメリカでは古くからタブーである[1](ただし、1981年の渡時には顔をく塗るパフォーマンスを行っている)。ネットを介した際的な情報共有が可になった現代では、ラッツ&スターのパフォーマンス日本国内のみのものであっても、海外から批判が起こりうるようになっており、このまま続けられるか/続けてよいものかについては議論の余地があると言える。[2]

メンバー

ここまでが、ステージ中央に並んでパフォーマンスをする5人。桑野以外は黒人という設定であり、顔がく塗られている

以上の5人は演奏を担当していた。芸界とのかかわりが薄くなってしまった人が多く、足取りは不明瞭だが、いずれも音楽活動は継続しているようだ。2010年には、『&STARS』というユニット名で集結しライブを行った。

関連動画

関連商品

どの代表曲が網羅されているアルバム

関連コミュニティ

ラッツ&スターに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

脚注

  1. *黒人差別やかなりし西部開拓時代に行われた出し物「ミンストレル・ショー」を連想させるため。これは、白人黒人真似をして顔をく塗り、彼らを馬鹿にしたような内容の踊りや寸劇を行うもの。南北戦争後は黒人による出し物に変わっていったが、いずれにせよ、黒人に対するステレオタイプネタにし、黒人差別を悪化させるものであったため、1960年代に公民権法が成立してからは、差別を悪化させるものとして規制され衰退していった。
  2. *実際に、2015年フジテレビ系列ミュージックフェア』で鈴木などの元メンバーももいろクローバーZが共演し一緒に顔をく塗る予定だったのが、海外批判の的になり、最終的に放送内容を自粛・変更することになっている。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/01(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/01(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP