今注目のニュース
「まさか7歳から殺されそうになるなんて」児童館で首をバットで殴られた元職員の訴え
2020年で「40歳」と聞いて驚く男性有名人ランキング
負傷者多発。氷と塩を手に乗せて根性試しするおバカなインターネットチャレンジが物議をかもす。(閲覧注意)

ラプソーン単語

ラプソーン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(220)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ラプソーンとは、「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」の暗黒神にしてラスボスである。

概要

元は闇の世界
かつて7人の賢者レティスが封印し、魂はトロデーン城の宝の「」に、体は聖地ゴルドの女神像に封じ込まれていた。
に魂が封じ込められていた間は自身の復活を論みドルマゲスゼシカ・アルバート魔犬レオパルドに取り憑いて世界中を駆け回り、賢者の子孫であった6人を殺した。主人公たちもラプソーン(に憑依された者)を追いかけて世界中をすることになる。
最後の賢者の一人であった法皇を殺したマルチェロを手にしたが暗黒神の強な意思に耐えて操れなかった。しかし主人公らに敗れてが失せたマルチェロを操って聖地ゴルドの女神像を破壊したことにより、体の封印も解け全復活を遂げた。

ベルガラック地方の近くにある闇の遺跡は、暗黒神ラプソーンを崇拝する信者たちの殿だったという。遺跡のメラゴーストさまようたましいはラプソーンの復活を願っていることを話してくれる(ラプソーン復活後に話しかけると消えてしまう)。他にもラプソーンの信者たちがゾンビモンスターとなって今でもしている。

復活を果たしたラプソーンとは暗黒魔都市で戦うことになる。まず変身前のカブみたいなラプソーンと戦うことになる。二回行動の上こごえるふぶきやまぶしいひかり300ダメージになる痛恨の一撃などで攻撃してくる。
撃破後、暗黒魔都市を吸収して非常に巨大でメタボ全体に変身する。こちらも二回行動の上念じボール流星イオナズンマダンテを駆使し、めいそうや邪悪な祈り(MP全回復)、いてつくはどうや不敵な笑いを駆使する強敵である。
さらに全体ラプソーンは最初闇の結界をり一切の攻撃を受け付けないが、に眠る7人の賢者の魂を行動7回で開放することで結界が破れ、攻撃が通用するようになる。

DQ歴代のラスボス中、デザインは暗黒神っぽいものの、それらしさを出すためにとにかくでかくした(開発談)三段な見たから、ラスボスとしての人気はあまり高くいようである。口のヒゲといいハート様DQ6アイツを思い出す人もいるかもしれない。
またDQ8の終盤パーティーはかなり強くすることもできるため、中盤に戦うことになるドルマゲスよりも弱いと言われることがある。DQ6におけるムドーデスタムーアの関係に近いといえるだろう。

しかし弱い弱い言われていたからか3DSリメイクでは大幅に強化、行動パターンに調整が入った事によりマダンテのすぐ後に叩き付けを行う事があり対策では味方全体が350程度のダメージを食らう鬼畜コンボを仕掛けて来るため残りHPと耐性に気を配らないと即全滅の危険もある、さらに々の怒りのダメージ耐性で220程度に上がったため運悪く一人に集中すると即死する、休み行動もしなくなったためHPを保ち辛い主人公ベホマズンがあれば大分楽になるだろうまたはぐれメタルのような高耐性防具は欠かせない。

プレイヤーからは変身前の小柄な形態をプチソーン変身後の巨大形態はデブソーンと呼ばれることがある。ちなみにプチソーンはDQMJでつけられた公式別称である。

外伝作品、別作品での出演

後に「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」、「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー」、「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」でも登場。バトルロードでの肩書きは「黒神」となっている。

黒神が正式な位だが、ジョーカー2での肩書きは「魔王大魔王」である。尚、本作では変身後の形態よりも、変身前の形態の方が特性的に使いやすく、逆に変身後の形態は非常に使いづらい等、妙に不遇な扱いを受けている。

ドラクエ8では主人公らはレティスに乗って戦うが、9ではレティスはいないので、全に浮いた状態で戦う。また、本作では巨体ではなく、妙に小さい姿をしている(グラフィック上の都合であろう)。

DQMJ2Pではグレイナルヒヒュドラードなどの重なモンスター素材となる竜神王の配合に必要なため、こいつを何度も作るはめになる。
しかしラプソーン(大)を作るにはプチソーンとエスタークが必要であり、プチソーンはゾーマミルドラースデスタムーアオルゴ・デミーラの四体配合でしか作れない。
この四大魔王を作るのにも、ハーゴンシドーバラモスデスピサロゲマアクバーエビルプリーストといった配合が難しい魔王などのモンスターを使用する。
そのためエスタークの配合も含めてラプソーンを作るのは非常に面倒である。ほとんどの人はラプソーンを配合の通過点と見ており、すぐに竜神王を作るために配合される。対戦でもラプソーンの姿を見るのはほとんど機会がい。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 218ななしのよっしん

    2019/10/24(木) 04:19:13 ID: 2eZF0rJ1e+

    個人的には図体のでかいところはボスらしくて気に入っている
    本人はでかくなったのにブレス呪文エフェクトの規模や威が小さい頃と据え置きだったりと残念なところもあるがマダンテは体に恥じない大規模専用演出になってるし

    まー思えばドルマゲスレオパルドのデザインに共通性を持たせてレティスと対を成す黒い鳥みたいな雰囲気出してたのにいきなり路線変更されたらデザインが期待はずれと言われるのもしゃーなし
    あとゼシカ胸揺れのごとくことある毎にが揺れるようにモーション作ってあるのもなんかコミカルキャラ付けになってるので半ばネタキャラになってた時期があるのも製作側の想定どおりなのかなー

    リメイクマダンテとたたきつけるでさっきまでHP満タンだったパーティが一で壊滅しかけたのは怒りに燃える暗黒神の本気が感じられて良い調整だった

  • 219ななしのよっしん

    2019/12/05(木) 20:48:18 ID: lVKshvUFmG

    オルゴもそうだったけど、実際に登場するまでの演出が凄くよかった割に実戦だと拍子抜けのラスボスよね

    最後なんか一言言えよってのも気になった

  • 220ななしのよっしん

    2019/12/08(日) 07:04:10 ID: SVo1h2VPEi

    董卓

急上昇ワード

最終更新:2020/01/27(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/27(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP