ラムスデン現象単語

ラムスデンゲンショウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ラムスデン現象とは、牛乳電子レンジで暖めたりすることにより表面に膜がる現である。

概要

温めることで分が飛び、牛乳中の脂肪分とタンパク質が固まって膜として浮きあがる。
牛乳中に脂肪分とタンパク質があれば、何度温めてもこの膜は発生する。論だが、徐々に発生しにくくなる。

ミルクカゼインと呼ばれるこの膜は苦手だと言う人が多く、取り除かれてしまうことがよくあるが、栄養分豊富なので食べたほうがお得。

なるべくこの膜を発生させないようにするためには60℃くらいで混ぜながら温めるといいらしい。

ちなみに湯葉もこの原理と同じで、豆乳タンパク質が固まった物である。

この現を発見した科学者のジェームスラムスデンの名前から名付けられた。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/20(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/20(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP