今注目のニュース
官房長官、“格安スマホ”の通話料値下げへ 総務省が検討
「ドローは絶対にさせにゃい!」 猫パンチでカードゲームに完勝する猫ちゃん
神戸教員いじめ問題 謝罪文が「謝っていない」と非難止まらず

ランサーズ単語

ランサーズ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(481)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ランサーズとは、アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」に登場するデュエル戦士チームである。

概要

正式名称は「Lance Defense Soldiers」。赤馬零児異次元に対抗すべく組織した、「々の世界を守る」と称するチーム。ちなみに、正式名称を頭文字で略すと「LDS」となる。零児は、LDSをランサーズ補生を教育する場にするとしている。

舞網チャンピオンシップ的は、ランサーズにふさわしい人員を見つけることだった。セレナ絡みの動向で融合次元アカミア)から刺客が来るのを察した零児は、ジュニアユース3回戦トーナメント方式からバトルロイヤルに変更。そのデュエルに紛れてアカミアの刺客・オベリスクフォースを迎撃しようと考え、その戦いを制した顔ぶれがな構成員となっている。ちなみに、ユースクラスからも補生を選抜していたが、こちらはユウを除いてオベリスクフォースに敗れており、ユウも恐れをなして逃げ出している。

メンバー全員デュエルディスクに、エクシーズ次元デュエリスト(おそらくユート)のディスクを参考に作った次元移動装置と、アクションフィールドの発動機が備わっている。次元移動装置は、次元の座標軸を記録したカードディスク読み込んで発動する事でその次元へ飛ぶという仕組みになっている。アクションフィールドの発動機は、零児が「々の最大の武器」として挙げたアクションカードを使うアクションデュエルを行うために搭載した機である。
また、最大の武器としてペンデュラム召喚も名前が挙がっている。これについては、発足前からLDSではペンデュラムカードを開発しており、デニス・マックフィールド権現坂昇デッキを見る限り、各々のデッキに合わせたペンデュラムモンスターをあらかじめ配布していたと考えられる。

現在メンバーの強さは生存競争が過酷なシンクロ次元の強敵デュエリストと互以上に渡り合っただけあって
アカミアの一般デュエリスト程度なら相手にならないほど強くなっているが、活躍したのがスタンダードシンクロ次元だったので、上記の二つの次元では名は知られたが、融合次元にはデニスのようなスパイ以外にほとんど知られていと思われる。

構成員

榊遊矢
本作主人公エンタメデュエリスト榊遊勝息子にして、ペンデュラム召喚の開祖であり、零児からも一置かれている。当初は「戦争のためのデュエル」やランサーズの選抜方法に異を唱えランサーズに反発していたが、行方不明となった柊柚子を救出するため、榊洋子の叱励を受けて「みんなを笑顔にする」ため、ランサーズに入る決意をする。
赤馬零児
レオコーポレーション2代目社長にして、15歳プロデュエリストなるほどの実者。赤馬零王の野望を阻止すべく画策しており、その一環としてランサーズを結成する。
そのアカミア王への怒りは本物だが、やや強引な手腕は遊矢や黒咲の反感を招いている。
セレナ
アカミアデュエリストスタンダードにいるエクシーズ次元の残党を殲滅するためにやってきたのだが、紆余曲折を経てアカミアの非な実態を知り離反。そのきっかけをくれた柚子に恩義を感じており、彼女アカミアから守り通すべくランサーズに参加した。槍サーの姫
デュエル自体は強いが、世間知らずぽんこつな面が見られる。
権現坂昇
遊矢の親友にしてよき理解者。「不動のデュエル」を信条とする「権現坂場」の跡取息子シンクロ召喚を操り、ジュニアユースでは優勝補に数えられているほどの実者。
シンクロ次元においても、その男気で困っている人々を助けている。
黒咲隼
不審者赤馬零王示を受けた融合次元から甚大な被害を受けたエクシーズ次元デュエリスト赤馬零王との交渉のために零児を狙っていたが、現在零児との取引で零児揮下に入っている。
しかし、ランサーズ発足にあたりデュエルディスクを預けた際、人間カード化技術に何らかの制限を加えられており、零児に対して不満を募らせている。
沢渡シンゴ
エンタメデュエリストとして遊矢をライバル視するLDSの生徒。大会自体は1回戦で遊矢に敗れているが、零児が「敗者復活戦」と称してオベリスクフォースとの戦いに投じ、ランサーズのメンバーとなる。
底抜けの気さが良くも悪くも立つが、デュエルにおいては非常にムラしく、シティセキュリティ殺されたり、フレンドシップカップ1回戦ではオベリスクフォースをあしらう実を持つデュエリストユーゴ」と見事な接戦を繰り広げた。
デニス・マックフィールド
榊遊勝に憧れている、LDSブロードウェイ校からの留学生。遊矢達との関係は良好だが、その一方でアカミアデュエリストと内通する等不審な動きも見せている。ランサーズ大丈夫
最終的に黒咲隼によって、敵対するアカミア人間であることを暴露され、その後は融合次元に合流。実質的にランサーズから抹消された。
赤馬零羅
零児ジュニアクラスで優勝するほどの実を持つが、気が弱く、自分で考えて行動するのが苦手らしい。時折、・日美香に怯えるような描写がある。
零児羅の自の発達を的のひとつとして彼をランサーズに迎えており、彼の願いはジャック・アトラスとの出会いを以てえられることになる。
月影
零児セレナの護衛として雇った、忍者デュエリスト。1回戦で方中ミエル1ターンキルで破るほどの実者。の日影も共に戦っていたが、敗れてカード化されている。
そのデュエル外のの高さから斥羅の救出など多くの任務をこなし、またやや強引な零児のやりかたにより抱えていた遊矢の疑念を己の立場からの言葉でらすなど、ランサーズで一番働いている感が強い。

このまったく統一感のないメンバー構成に驚愕した視聴者も多い。

本編での活躍

各人の実折り紙つきではあるものの、これだけでは勝算はないと零児は踏んでいた。そこで、次元間の争いの影がほとんどないシンクロ次元へ飛び、親交を深めて最終的に同盟を結ぶという策に出る。だが、シンクロ次元に着いてみるといくつかのグループに分かれており、それぞれが行動を起こすことになる。紆余曲折を経てなんとか全員合流し、シンクロ次元侵略する意思がないこととその実シンクロ次元上層部に明するために、フレンドシップカップに挑む。
しかし、その大会の最中デニス・マックフィールドの正体が発覚。デニスはやむなく離反しアカミアに合流。残るメンバーは8名となった。

シリアスな成り立ちのチームであり、メンバーにも重い設定がそこそこあるが、EDでは探偵ルックを披露したり、ビリヤードじたり、ライディングデュエルの準備をしていたり、バンドを組んだぜ!だったり、インディ・ジョーンズ的な探検をしてみたり、宇宙遊泳をしたりと隙がない遊びっぷりを披露しており今後の彼らの活躍は期待・不安の未来そのものである。

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 479ななしのよっしん

    2017/06/22(木) 22:25:11 ID: p1LqWqobo0

    黒咲さんと権現坂の絡みはなんだったのか…
    黒咲一心を開いていた相手で今後の絡みに期待していたのに…

  • 480ななしのよっしん

    2017/06/30(金) 01:34:40 ID: Ie4cHkfAqw

    シンクロ次元終わってからはどいつもこいつも扱いが雑になってて、監督が飽きたんだろうなーってのが分かる
    OPとかによく表れてる

  • 481ななしのよっしん

    2017/08/18(金) 14:57:23 ID: DZWzNdNt7Q

    乱入集団 乱サーズ

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP