ラーチェル単語

ラーチェル

  • 1
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ラーチェルとは『ファイアーエムブレム 聖魔の光石』のキャラクターである。

CV.生天目仁美ファイアーエムブレムヒーローズ

概要

 エフラムエイリーク兄妹旅の途中で出会った、魔物退治のに出ている女性支援属性

 行く正義感が強い破天荒な性格でエフラムく「頼りがいがあるが自己強い女」。初登場時も盛大な前口上を述べておきながら戦闘に間に合わないというポンコツぶりで、その後の先でも様々なトラブルに見舞われる。エフラム編、エイリーク編いずれでも一行に助けられる形で加入する。その正体はロスト王女であり、加入後はその地位を生かした助言や手助けをしてくれるようになる。物語上もキーパーソンとなるため、彼女もゼトと同じくHPが0になっても撤退扱いになるだけで死亡しない(もちろん、ユニットとしては以後使用不能になる)。また、破天荒にみえるがエイリークを慰めたり相手の脅しに決して屈しないといった気丈で仲間想いな一面も持つ。

支援相手はエイリークエフラムドズラレナックヨシュア、実はいい人。エフラムヒーニアスとはペアエンドがあり、支援Aにすると後日談で結婚する。

ユニットとしての性能

 初期クラスはトルバドールHPと守備が伸びづらいが、それ以外はを見る成長率を持つ。封印の剣でトルパドールであったクラリーネは回避率が優秀ながら魔が伸びないという欠点を抱えていたが、彼女はそのクラリーネの回避率そのままに余裕で魔カンストを狙える成長率を手に入れた。したがって支援をしっかり組むと敵の攻撃を軒並み回避しつつ反撃で全てを燼に帰す火力を誇り、文句なしで聖魔の光石随一の強ユニットの一人である。ただし、クラリーネと違って彼女は加入するのが中盤と遅いため、その時点で回復ユニットとしてはナターシャモルダ育っているか、あるいはルーテやアスレイクラスチェンジしていてもおかしくない。そこに彼女を入れる余地があるかどうかはプレイヤーの軍に左右される。

CC先は魔法が使えるヴァルキュリア、理魔法が使えるマージナイト。今作は終盤~クリア後は闇魔法を使う魔物だらけになるため、理魔法しか使えないマージナイトそのものが縛りプレイでしかない。魔法が使えるヴァルキュリアになるべきだろう。ただし、自軍でマージナイトになれるのは彼女のみである(クリア後はセライナが加入するが)。魔法器「イーヴァルディ」は魔物特攻があるがなんと祭の魔法特攻より倍率が低いという欠陥(3倍に対して2倍しかない)があり、そういう意味では魔物特攻を持っていないラーチェルにおあつらえ向きの器と言える。

ファイアーエムブレムヒーローズにおける性能

 現在通常版とハロウィン版の2種類が実装されている。

光の聖王女

 こちらが通常版、2018年実装。肩書きでネタバレしている。兵種は青魔法騎兵で、レアリティ5…だったのだが、2019年ガチャ整理で3-4にレアリティが変更され、現在は通常のガチャからも沢山入手できる。

 原作回復ユニットであった名残か「回復3」スキルを持ち、継戦に優れる。専用武器イーヴァルディ」は「守備を+3し、敵のHP100%ならこちらの攻撃・速さ+3」となっている…が、物理耐久同然である彼女と上手く噛み合っていない。バフの合計値を攻撃に加算するブレードに持ち替えた方がよほど火力が出るだろう。

 攻撃、魔防、速さバランス良く振っているユニットなのだが、青魔法騎兵というとどうしても本作屈の強ユニットであるラインハルトがちらついてしまい、彼を差し置いてまで使うメリットがほとんどない。全体的に昨今のインフレに置いて行かれてしまっている感が否めず、イーヴァルディの錬成追加が望まれる。

収穫祭の聖王女

 2019年実装されたハロウィン版。白衣をまとっており、お供のドズラフランケンシュタイン仮装をしていることから創造であるヴィクター仮装をしていると思われる。兵種は魔法騎兵となり、レアリティ5。

 通常版から速さが大きく上昇して実用範囲内になった代わりに魔防は大きく下がってしまった。所持武器は「フラスコ+」で、初期スキルは「攻撃速さ応援+」「飛燕の一撃2」「速さ魔防の大共謀3」。フラスコは「全が+3されるが戦闘終了時に6ダメージを受ける」と獅子奮3が内蔵されており、これによりステータスが底上げされている。また、応援後に十字方向にいる相手にデバフカウント抑制をかけられるため、支援要員としてもを発揮する。

 とはいえ、もともと上限の低い魔防騎兵がステータスで勝負するとなると厳しいものになると言わざるを得ない。フラスコも汎用武器であるため、活躍させたければ魔改造が必須であろう。

余談

 2020年セライナ実装されたが、魔防騎兵とラーチェルと同じ兵種で実装され、かつステータスや所持武器がラーチェルを上回っているため、セライナがラーチェルの上位互換とも言える性を持ってしまった。原作からするとありえない事態だが、ファイアーエムブレムヒーローズにはよくあることである。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2016/12/08(木) 03:29:28 ID: PhJAWaFYaA

    >>1
    が悪いとかいうよりもギャップを楽しむとこだと思うぞ

  • 4ななしのよっしん

    2018/12/24(月) 14:35:47 ID: iRXXZVE8bX

    ロンジョ様?

  • 5ななしのよっしん

    2019/07/22(月) 00:27:58 ID: d9FspWUQWd

    HP守備以外が期待値でもカンストしてしまう化け物ユニット
    ただし祭と違い魔物特攻は得られないので終盤は攻撃面で劣る
    とはいえ移動のある魔道士ってだけで十分有能
    マージナイトの方が火力は高くなるが敵に闇魔法が増えていくことを考えるとヴァルキュリアの方が結果的に楽になる

    当然だが物理耐久が壊滅的なのでくれぐれも事故に注意

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/24(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/24(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP