今注目のニュース
キッズウィークの認知度、働く主婦の8割「知らない」 「親の方が休みにくい。子供が一人で留守番することになるのでは?」
やるからには勝つよ『オーバーウォッチ』より「D.Va」がfigma化
山田太郎氏当確でツイッター「トレンド」1位に 表現規制反対訴えネットから支持

リア王単語

リアオウ

掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リア王とは、

  1. イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの作品。または同名作品の登場人物。
  2. リア王(実況プレイヤー)→マイリストexit_list

ここでは1について記述する。

ブラックジョークを含んだ記事

ひとつ予言をいたしておきます

ニコニコ動画イベントよりもメンテナンスにうつつを抜かし
ニュース記事ライターが記事でしっかり正論を延べ
指示厨うp主にあれやこれやと注文をつけず 著作権が問題にもならず
荒らしを奪われ NG機能がいつでも適切な効果を出し
プレミアム会員が皆自分の働いたで費用を払い ひろゆき駄洒落を言わず
ステマネットの波にのぼらず 再生数を狙った工作が行われず
生放送が高準で知られ 腐女子百合厨マナーを遵守する   
そんな時代がもし来れば このニコニコという動画サイト
古今未曾有の大混乱に陥りますぞ
その時こそは 全会員は動画を視聴する時に必ず両を用いることになる

~『リア王』第三幕 第二場 道化セリフより~

概要

シェイクスピアの四大悲劇の中でも、とりわけ救いのない物語として知られている。世間一般には「親不孝なに騙された父親の悲劇」とされているが、実際は「認知症の始まった暴君自業自得で哀れな最期を遂げる悲劇」である。

そのあまりの救いのなさからか、初演から約70年後に別人物によって変され、様々な要素を取り除いたハッピーエンドの喜劇として上演され、その後200年弱ほど日のを見ることがなかった。

登場人物

あらすじ

気まぐれで怒りっぽい性格のリア王の今回の侭は、高齢による退位だった。引き継ぎもない突然丸投げ、そして3人の分割して与えるから情を言葉で示せという。王の思慮のない振る舞いとそれに追随する達に呆れながら、末コーデリアは率直な言葉を述べる。たちまち癇癪を起こし、それまで一番可がっていたの末を勘当するリア。ふたりの、ゴネリルリーガンは、次にの癇癪が向けられるのは々かもしれないと警する。

を手放し、後はふたりのの元で隠居を決め込もうとするリアだが、訪れた長女ゴネリルトラブルを起こす。癇癪を起こしてゴネリルの使用人を殴る、王位を手放したと口では言いながら御付きの騎士100人を手放さず、その騎士達の振る舞いも粗暴。ブチ切れたゴネリル騎士100人を50人にリストラする。

怒れるリアは、今度は次女リーガンを頼ろうとするが、彼女はゴネリルからの手紙を受け取り外出済。ようやく次女に会えたリアはゴネリルの処遇を愚痴るが、リーガンはの肩を持つ。姉妹はそれまでの憤をらすかのように、更に騎士の数を25人に減らせ、5人でも多い、1人でも多い、と口々にリアをなじる。

実はゴネリルの夫とリーガンの夫は仲が悪く、いつ争いが始まってもおかしくない状態だった。そんな事にも気づかず、癇癪を起こしては騒動を引き起こすに居座られてはたまらない。王位に就いていた頃は暴君だったリアも、現在は「王」ですらない、やっかいものの老人に過ぎなかった。

ショックを受けたリアは荒野を狂気のうちにする。それでも自分の所為だとは認めず、真実を皮道化の言葉もに入らずにを呪う。追放された忠臣ケントや、野心のコンウォール(リーガンの夫)に追放された重臣グロスターが彼等を保護する。コーデリアいだフランスが、を救いたいとする彼女の嘆願に応えて軍をドーバーまで進めていたのだ。

ようやくリアコーデリアと再会を果たす。半ば正気を失いながらも、コーデリアにこれまでの仕打ちを詫びるリアだったが、フランス軍はブリテン軍に破れ、ふたりは捕虜となり、コーデリアは殺されてしまう。

失意のどん底の中で、リアもまた息を引き取る。

Thou shouldst not have been old till thou hadst been wise.

充分な知恵がつく前に、年をとってはいけないってこった。   (道化セリフより)

 

 名セリフ

CORDELIA : [Aside] Then poor Cordelia! And yet not so; since, I am sure, my love's
More richer than my tongue.

(傍)哀れなコーデリア! けれども、そうではないわ。事実、私のは言葉に表すよりも豊かなのだから。

領地をやるから情を示せ、という老いた王の馬鹿げた提案に対し、結婚して自分の生活を持っているふたりは世間に揉まれたのか、の浮くような美辞麗句をそつなく並べてみせる。しかし、まだ若いコーデリアはそんな老いらくの茶番を冷ややかなで観察しているようにも見える。

King LEAR : So young, and so untender?

その若さで、そんなにも薄情なのか。

CORDELIA : So young, my lord, and true.

若いからこそ、真実を守っております。

コーデリアの番が来た。彼女は実直と言うよりも、むしろクールな対応を見せる。この後、怒り狂うリアのあんまりな言葉に忠臣ケント彼女いに入るのだが、コーデリアセリフは退場間際まで一切ないのだ。弁明も嘆きも言い訳も涙も驚きもト書きもない。

そういう父親だということを最初から理解し、勘当すらされる可性を考慮した上で「何もありません」と言ったならば、々はコーデリアに対する認識をめなければならないかもしれない。ワガママで横暴なに「痛いを見せる」役、いわば汚れ役を二人に押し付け、が懲りて弱ったところに素知らぬ顔でやってきて、救いの手を差し伸べて、美味しいところを持っていく悪女…とまでは言い過ぎだろうか?
ちなみに『リア王』の種本のひとつである『ブリタニア列王史』に描かれたレイアの末、コルデイラは復位したレイアの死後に王位を継いでいる。

GONERIL : You see how full of changes his age is. The observation we have made of it hath not been little. He always loved our sister most, and with what poor judgment he hath now cast her off appears too grossly.

父さんをずっと見てきたけど、年の所為で気まぐれが酷くなっているわ。いつもコーデリアを一番可がっていたのに見捨ててしまうなんてどんな判断かしら。

REGAN : 'Tis the infirmity of his age. Yet he hath ever but slenderly known himself.

年の所為よ。自分じゃ気がついていないみたいだけど。

GONERIL : The best and soundest of his time hath been but rash; then must we look to receive from his age, not alone the imperfections of long-engraffed condition, but therewithal the unruly waywardness that infirm and choleric years bring with them.

昔から何をするのも突然、そのまま年を取ってしまったから。私達は長年の間に接木のように凝り固まったいびつで頑固な性格と、年寄り特有のワガママにも対処しなければならないのよ?

REGAN : Such unconstant starts are we like to have from him as this of Kent's banishment.

突然追い出されたケントのように、私達もいつあの癇癪の犠牲になるか。

GONERILPray you, let's hit together: if our father carry authority with such dispositions as he bears, this last surrender of his will but offend us.

いいわね、協しましょう。今後もあの調子父さんが権を振りかざすのなら、今回の件だって、私達に癇癪をぶつける材料にされるかもしれないわ。

コーデリアが勘当され、彼女った忠臣ケントも追放された直後のゴネリルリーガンの会話。彼女達は決して老いたから財産をり取るだけの親不孝ではない。その裏には長く暴君であったへの不信と恐怖と憤、今後の介護生活に対する不安が渦巻いている。

彼女達にとって重要なのは、自分達が財産を手にした事ではなく、父親王位という財産をみすみす手放したことなのだ。

EDMUND : The younger rises when the old doth fall.

若者は上昇し、老いた連中は失墜する。

リアの重臣、グロスターの私生児であるエドマンド。世間から不当な扱いを受けることが気に入らない彼はとを陥れ、その領地を手に入れようという野心を実行に移す。コンウォールに召し抱えられたエドマンドは、さらなる野望の為、ゴネリルリーガンを誑かす…。

EDGAR : When we our betters see bearing our woes, We scarcely think our miseries our foes.

身分の高い人々も々と同じ悩みを抱えているのだと思うと、 自分の惨めさも敵のようには思えない。

エドマンドの姦計で追放されたグロスターの息子エドガー。変装し、狂人のフリをして身を潜めていた彼は、荒野の小屋でリア道化と出会う。自分と同じように身内に追放された王の惨めな姿に心の支えを得るとはなんとも現な話だが、彼は追放されたを助け、エドマンドへの復讐もきっちりと果たしている。どこぞのハムレットとは大違いである。

The weight of this sad time we must obey; Speak what we feel, not what we ought to say.
The oldest hath borne most: we that are young. Shall never see so much, nor live so long.

々はこの悲しい時代の責務を負ってゆかねばならない。 言うべきことをるのではなく、感じたことをりあおう。
最も老いた者が最も苦しんだ。々若者は、これほどのに遭うことも、これほど長く生きることもないだろう。
あれほど多くを経験できないだろうし、あれほど長く生きられないだろう。

裏を返せば、老人が残した教訓をの当たりにした生き残り組からすれば、「これほどの」を「多く経験する」ような愚行を犯すことはすまいとするだろうし、「悲しい時代の責務」を負うのならば、思うがままに「長く生きる」ことなど不可能だ。

関連動画

関連商品


 関連項目

掲示板

  • 48ななしのよっしん

    2017/02/26(日) 07:16:36 ID: RGvt3M7ktx

    >>46
    「実際は」と書いてあるから。

    他の解釈を例示した上で否定して、実際は、正しい解釈はこうなんだ、としているのがこの記事
    それが気になるのだろう

  • 49ななしのよっしん

    2017/04/10(月) 05:16:23 ID: aSOnajnjvA

    リアって名前はどこから来たのかな

  • 50ななしのよっしん

    2017/09/25(月) 06:35:08 ID: 7GeLzPix+i

    グロスター伯がリーガンに玉くり抜かれるシーンガチトラウマ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP