リキュール 単語

82件

リキュール

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リキュールとは、混成の一種で蒸留スピリッツ)に果実などの味を移して砂糖などで味を調整したものである。

概要

リキュールはそもそも蒸留として用いられていたことから端を発する。として用いられていた蒸留などを漬けとしての効果を高めようとした時に現在に至るリキュールの開発が始まった。錬金術士が追いめたの霊エリクサー」の研究もリキュールの製法が取り入れられていたと考えられている。

このとしてのリキュールは修院などの施設でも製造が行われた、これは医療が未発達であった時代宗教施設がその代替を担っていたからでもある。14世紀黒死病の大流行の頃にはじまった修院でのリキュール製造は各修院でレシピ研究が盛んに行われ、現在でもシャルトリューズと言うリキュールはシャルルーズ修院の三名の修士しか製法を知らない秘伝のものとして扱われているなど、ヨーロッパにおいてはこの修院系のリキュールは大事にされており、系のリキュールの開発が盛んである。

リキュールが嗜好品としての性格をはっきりと持ち始めるのは15世紀頃で、(リキュール)を飲まない患者に困った医者が、飲みやすいようにバラで香りづけしたところこれが広まったのがその始まりだと言われている。

日本におけるリキュールの最も代表的なものは梅酒であろう。リキュールは日本酒税法では類と糖類その他の物品(類を含む)を原料とした類でエキス分が2度以上のもの(清酒合成焼酎しょうちゅうみりんビール果実類、ウイスキー類、発泡酒粉末を除く。)」というふうに定義されている。しかし、一般的にはリキュールに含まれないチュウハイなどの商品もリキュールに分類されてしまう。例えば第3のビールの一つである『金麦』もリキュール(発泡性)①に分類されている。

一般的なリキュールの製造法としては、蒸留に副材料を漬け込むもの(梅酒など)、蒸留またはに副材料を混ぜそれを蒸留し香味成分を取り出すもの、蒸留エッセンスオイルを加えるもの、蒸留を副材料の間を何回も循環させることによって香味を移すもの等がある。

原料の蒸留の少ないものが用いられる。ウォッカなどはその代表であり特にスピリタスは生産ポーランドではそのまま飲まないと言われるほどよく果実の製造に使われる。しかしウイスキーブランデー・ジン焼酎など個性の強いベースに用い、その特長を活かしたリキュールも各で盛んに作られている。

材料としては元々は香スパイスなどがメインであったが、現在では果実・ナッツ・種子類、果ては関連商品のアドヴォカート)にヨーグルトクリームにと割と何でもありな感じである。

また、EUの基準に「1リットルあたり100g以上の砂糖」(250g以上あると「クレーム・ド・~」とつけることが許される)、アメリカの基準に「2.5%以上砂糖を含む」とあるようにリキュールにおいて砂糖の添加は非常に重要である。

リキュールの楽しみ方として重要なものにカクテルがある。また、上記のように糖分が高く甘いことから菓子類に用いられることもある。ことにクリーム系やコーヒーリキュールなどはアイスクリームにかけると絶品である。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
山口剛央[単語]

提供: Pyun Pyun

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/24(水) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/24(水) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP