リステッド競走 単語

9件

リステッドキョウソウ

4.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リステッド競走とは、競馬の競走における格付けの1つである。

概要

簡単に言えば、重賞競走に次ぐ重要度を持ったレースのことである。出走条件が性別・齢以外存在しないリステッド(L)と、その他に条件(生産地など)があるリステッド・リストリクテッド(LR)が存在する。
このふたつの違いは端的に言えば、海外が出走できる際競走なのがリステッド競走、そうでないのがリステッド・リストリクテッドとなる。

日本の場合、中央競馬オープン以上のレースは1競走を除いて[1]、全て際競走であるため内での格付けと際的な扱いは一致しているが、地方競馬交流重賞も含めてほとんどのレース際競走ではないため、日本国内では重賞扱いのレース際的にはリステッド・リストリクテッド(LR)という扱いになる。

リステッド競走を勝利したは、重賞勝利したと同様に、セリ名簿で太字で記述される。

中央競馬でリステッド競走が設定される以前は準重賞と呼ばれることもあった[2]

中央競馬の場合

中央競馬では、GⅠGⅡGⅢ(および格付けなし重賞)の重賞に次ぐ格付けとして、リステッド競走がある。すべて際競走のため、LRではなくLである。

わかりやすく言えば、オープン特別より格上で、GⅢより格下のレースという位置づけ。

なお、格付けなしの重賞際的な評価としてはリステッド競走に含まれるため、重賞に次ぐ競走とする位置づけは中央競馬独特のものである。際的にはリステッド競走は重賞に含まれる。

ブルーブック上では日本パート1になった2007年から掲載され、公式サイト等で明記するようになったのは2019年からである。2018年からはGⅢ以上と同じく日本グレード格付管理委員会によるレーティング基準があり、下記の通りである。

  • 基本となる基準値は100
  • 限定戦は4減算した96
  • 3歳限定戦は2減算した98(2023年より)
  • 3歳限定戦は複合して6減算して94(2023年より)
  • 2歳限定戦は5減算した95
  • 2歳限定戦はその複合で9減算した91

※注:2024年の時点では2歳限定のリステッド競走は行われていない。

導入時点で8割のオープン競走はこれを満たしていたが、実際にリステッド格付けを取得したのはオープン競走全体の半数である。これはオープン競走の中に上位と下位の組みを作る意図があるとされる。
明示されるようになった2019年には降級制度が止されており(降級制度については「収得賞金」の記事を参照)、従来よりオープンの総数の増加が見込まれたため、オープン特別のレースに上位と下位を作ることで、出走の実格差を縮めようとしたものと思われる。

なお勝利した際に獲得できる収得賞金もリステッド競走とオープン特別では差がつけられており、2歳限定ではL:800万円・OP:600万円、3歳限定ではL:1200万円・OP:1000万円、3(4)歳以上ではL:1400万円・OP:1200万円となっている。

2024年には、中央競馬が開催するリステッド競走は全部で64競走ある。内訳は2歳限定:2競走、3歳限定:16競走、3(4)歳以上:46競走。また芝が46競走、ダートが18競走である。

また、2023年以降は3(4)歳以上のオープン特別競走とリステッド競走で出走の決定方法が変わってくる。

リステッド競走
重賞と同様の決め方であり、まずクラスが高いを優先し、クラスが同じであれば出走決定賞順で決める(全同順位は抽選)
オープン特別競走(参考)
3勝クラスなど、条件戦と類似した決め方であり、以下の通り
  1. オープン競走の成績対期間(具体的には直前8週間)に実施された、オープンクラスであり自己条件の地競走で3着以内の
  2. 地方競馬もしくは外競馬から移籍してきたオープンクラス競走馬で、移籍後初出走の
  3. オープンクラス競走馬で、出走間隔が長い順
  4. 2・3を3勝クラス2勝クラス1勝クラスの順で繰り返す
  5. 未出走
  6. 勝利で出走間隔が長い順

大百科に記事のあるJRAのリステッド競走

2歳限定

3歳限定

3(4)歳以上

名鉄杯2019年にリステッド競走に定されたが、2020年からは京都競馬場修の3月中京競馬場ダート1400mの開催となりリステッド競走の定から外れていた。代わりとして、7月にリステッド競走・ジュライステークス(2020年阪神ダート1800m、2021年2022年福島ダート1700m)が開催されている。
※扱いとしては「名鉄杯が時期移動して格下げになった」のではなく「名鉄杯が(一時的に)ジュライステークスに名称変更した」(2020年2022年3月開催のオープン特別「名鉄杯」は同名の別のレース)ということのようで、日本向けでは2019年exit2020年のリステッド競走年間レースレーティング一覧(PDF)exitで「ジュライステークス(旧:名鉄杯) 」と記載。また、海外向けのブルーブック2020 International Cataloguing Standards Book(The Blue Book)(英語PDF)exit」には、July S. (L)(formerly Meitetsu Hai)と2020年情報として記載されている。
※その名鉄杯2023年京都競馬場修工事の終了により元の7月に戻り、格付けもリステッド競走として行われた。

しかし、2024年開催分は今度は阪神競馬場修工事の日割りの都合で、再び7月のジュライステークス福島1700mにリステッドの格付けを移し、同年の名鉄杯8月の例年であれば小倉ステークスの置き換え(同名の別レースあつかい)となり、再びリステッドは外れている。

地方競馬の場合

地方競馬においては、前述の通り基本的に内独自格付けであるJpnⅠ・JpnJpn重賞が、際的にはリステッド・リストリクテッドという扱いになる。ただし、以下の例外がある。

また、中央競馬と同様で2018年から日本グレード格付管理委員会によるリステッド格付けとしてレーティング基準の管理も行われている[3]

なお、中央競馬のリステッド競走のように重賞特別競走の間に位置する競走は、一部の競馬場で準重賞として開催されている。

関連動画

日本レースは各レース名で探すこと。

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *小倉競馬場競馬に行われている、2歳のオープン特別の「ひまわり賞」は出走資格が産地限定の九州産限定のため際競走となっていない。
  2. *例えば、ラムタラデビュー戦で勝ったのはリステッド競走のワシントンシンガーステークスだが、デビュー戦で準重賞勝利したと紹介されているサイトも多い。
  3. *Jpn格付けでもレーティング基準による管理は実施されているが、降格審時の経過措置が使用できない等の違いがある。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP