リスナー 単語

144件

リスナ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リスナー(英: listener)とは、リッスンする人である。(リッスン=聞く)つまりは聞く人、聞き手のこと。

特にラジオの「聴取者」の意味で使われる。

 概要

ここでは日本でのリスナーについて解説する。

リスナー(聴取者)は番組を提供される側であると同時に番組を作る側でもある。

特にリスナーからのハガキメールを受け付けているラジオ番組などにおいてはリスナーからの情報提供や質問などが番組を構成する大きな要素となる。リスナーの中でもハガキメールを送ることに熱心なものはハガキ職人とも言われる。ハガキ職人の記事に詳しいが、リスナーから番組制作側にスカウトされることもある。

また、ハガキ職人とまでは行かなくとも、電話メール、あるいはその他の手段によってリスナーの意見を調することも多い。これらの場合、リスナーの間に『自分たちが番組を作っている』=『自分たちの番組である』という印を与え、より着を抱かせることができ、継続しての視聴を期待できる。

インターネット配信でのリスナーについて

元来、リスナーとはリッスンする(英: listen, 「聴く」)人、つまり「聴取者」をす。

ニコニコ生放送を含むインターネット配信では、静止画のみを表示させて音だけの配信をしている放送もあり、こちらはリスナーでも強ち間違いとも言えないが、本質的には動画配信であるので厳密には「ビューア(ー)/ビューワ(ー)」(viewer, 「視聴者」)である。
しかしITメディア関連を中心に、ビューアという言葉が専用ブラウザなどの閲覧ソフトや表示デバイスす言葉として一般に定着してきていることもあり、配信観覧者の意味でビューアと呼ばれることは皆無である。

そこでインターネットラジオpeercastなどでの配信の文化がある程度育っており、配信を見たり聞いたりするものたちのことを(一般的なラジオを模してか)リスナーと呼ぶことが多い。

なお、オーディエンス(audience)という言い方がされることもあるが、これは聴取者・視聴者・観客・読者など受け手側の群衆を漠然とす「聴衆」「観衆」「読者諸氏」などに相当する言葉であり、特定の個人を示すことはできない(ちなみにオーディエンスのは「聞くこと」であり、意味の拡大の発想はリスナーと似ている)。

リアルタイム配信の場合、リスナーのを反映させる手段を用意しておくことがあり、配信者へのリスナーの意見のフィードバックが期待できる。

ニコニコ動画でのリスナーについて

VOCALOID」「歌ってみた」など、映像よりも音のほうに重点が置かれる動画においてリスナーという単が使われることが多い。

実況プレイ動画」などもゲームの内容よりも実況プレイヤーの喋りが体となると見るよりも聞くことのほうに重点が移動するため、視聴者よりもリスナーのほうが適切な表現になると思われる。

ニコニコ生放送でのリスナーについて

ニコニコ生放送ではラジオ放送のように音配線を行うことができ以下のような特徴を持つ。

また、ニコニコ大百科内にもユーザー生放送での個別リスナーの記事も多い。
「リスナー」での記事タイトルからの検索結果

プロリスナー」の記事も参照。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP