今注目のニュース
美味しんぼ「とんかつの厚切りは貧しいころの後遺症」 本当か試してみた結果…
テトリミノが降ってくる『テトリス』時計を作ってみた
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」

リゼル単語

リゼル

掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リゼル(RGZ-95 ReZEL)とは、『機動戦士ガンダムUC』に搭乗する人型機動兵器モビルスーツの1機種である。

概要

グリプス戦役期の名機、MSZ-006 Zガンダム量産型として位置付けられる機体。
正式名称はリファインゼータガンダムエスコート・リーダーRefine Zeta Gundam Escort Leader)といい、その頭文字カッコ内の太字部分)を取ってリゼルと呼称される。

同じくZガンダムの量産を的として開発されたRGZ-91 リ・ガズィバックウェポンシステムによる非可逆的な巡航形態を付与する方式であったのに対し、こちらは全な可変モビルスーツとして設計されている。これは可変機構の弾的運用を的としたもので、巡航形態はサブフライトシステムとしても機するようになっている(バックパックにグリップが備えられており、他のMSを乗せることが可)。
ただし、量産性を高める為に可変機構はより単純なメタスやZのものが採用されており、さらにパーツの多くをジェガンと共通化している。従って、コストダウンを達成してこそいるものの、総合性的にはZガンダム較して大きく劣ることは否めない。もっとも、これによってZガンダム余りにピーキーな操縦性が善されたのも事実であり、一般兵でも問題なく運用可な機体として仕上がっている。

ちなみに、デザイン当初はZ(ズィートライ)という仮称で呼ばれていた。

兵装

バリエーション

指揮官機(C型)

リゼル・コマンダータイプとも呼称される。
ロンド・ベル配備機の場合、センサー類が一般機のに対して緑色である他、装甲の一部配色が異なる。
バックパックについても一般機とは異なり、ボックス・スラスタタイプの物からウイングユニットに換装されている。このウイングユニットは機体に大気圏突入と圏内での飛行を付与する物であり、有重力下でのSFS運用を可とするために推値が向上している。

ゼネラル・レビル配備機は、ロンド・ベル所属機がブルー系の配色だったのに対し、グレーオレンジを基調とした物となっている。センサーの配色はイエロー
また、こちらは推のリミッター上限を解除し、それに伴いフレームの補強も行われている。

ディフェンサーユニット

その名が示す通りガンダムMk-ⅡにおけるGディフェンサーの流れをむものであり、バックパックに装着される強化装備。a装備とb装備の2種類が存在する。
ただし、Gディフェンサーとは異なりこのユニット自体に単独での戦闘はない。また、ディフェンサーと名乗ってはいるが、機体の防御性を向上させるフルアーマーユニット的なものではなく、最前線や重要拠点に先制攻撃を行なう強襲用装備であり、いずれも火力と速の強化に重きが置かれている。
なお、ジェガンなどの他のMSとの連携ではなく、ディフェンサーユニット装備のリゼルのみによる部隊編成での作戦行動を想定しているため、サブフライトシステムとしての運用は考慮されていない。

a装備はリゼルの近接戦闘を強化する追加装備であり、ハイパービームサーベルと多数のマイクロミサイルコンテナを備える。
b装備は射撃戦を強化するものであり、ディフェンサーユニット側のジェネレーターと合わせて2基の高出を得て、メガビームランチャー2門の同時使用が可となっている。

もともとディフェンサーユニット小説版には登場しない、一種のMSV的な機体ではあったが、漫画版(機動戦士ガンダムUC バンデシネ)においてロンド・ベルに配備され、ep2でのシナンジュ戦においてノーム機にa装備、リディ機にb装備が施されている。また、その後OVA版においても、ゼネラル・レビル搭載機にこれが装備されるといった形で逆輸入されている。

関連動画

 

関連商品

 
 
 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/16(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/16(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP