リッチストライク単語

リッチストライク

4.0千文字の記事
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

リッチストライク(Rich Strike)は、2019年生まれのアメリカ競走馬である。

な勝ち
2022年:ケンタッキーダービー(GⅠ)

概要

血統

Keen IceGold StrikeSmart Strike

Curlin産駒で、通算24戦3勝(内GⅠ1勝)という成績だが、一のGⅠ勝利となったトラヴァーズステークスにおいて、同期三冠馬American Pharoahを破る大波乱を巻き起こした
カナダで競走生活を送り、ステークス競走4勝、同の最優秀3歳に選ばれた実績
Smart Strikeカナダで、GⅠ・1勝ながら種牡馬として年度代表馬2回のCurlinなどを輩出し成功を収めた。

……ここまでの文章で気づいた競馬ファンもいるかもしれないが、産駒、すなわち=であり、Smart Strike3×2というかなり濃いクロスが発生している。何気にDeputy Ministerも4×4であり、おまけSearch of GoldRaise a NativeGold DiggerMr. Prospectorの全なので4×3×4の全兄弟クロスまで発生するという、競走馬育成ゲームなら牧場長が止めるレベルインブリードである。

なお、カナダGⅡを勝った*ラナモンは繁殖牝馬として日本に輸入されている。

馬名

名はRich Strikeである。英語にはStrike it richという慣用句があるので、それが由来であろうと思われる。ちなみにStrike it richは「思いがけず大を得る」「一山当てる」という意味であり[1]、まさに名は体を表すということになった。 

2021年:2歳

エリックリード厩舎に入厩したリッチストライクのデビュー戦は芝コースで……10着。2戦のクレーミング競走(出走が売りに出されているレース)でダートに転向し、ここで2着に17身以上の差をつける圧勝で初勝利を挙げ3万ドルで購買される。しかしその後は追い込みきれずに負ける競馬が続き、掲示板には乗るものの3着がやっとという戦績であった。

3戦までは上がころころ変わっていたが、4戦となる12月26日ガンランナーステークスからはリード厩舎に所属するベネズエラ騎手ソニーレオン戦として固定される。07年にデビューし、15年からアメリカに移ったレオン騎手は、この時点でグレード競走未勝利で、北リーディング50位前後に甘んじていた。なお、新コンビ初陣結果は5着だった。

2022年:3歳

年が明けてブラックタイプ競走を3着、4着。4月2日ジェフルビーステークス(GⅢ)も3着にはまとめたが、米国三冠初戦・ケンタッキーダービー(GⅠ)出走にはポイントが足りず、補欠2頭の更に一つ下という順位。営は三冠終戦ベルモントステークス(GⅠ)のステップレース・ピーターパンステークス(GⅡ)へ向けて調整を進めていた。

ところがケンタッキーダービー5日前の5月2日に負傷したUn OjoプリークネスS標を絞ったEarly Votingが相次いで回避したことで補欠1番手に入った上、2頭の回避に伴い繰り上がったうちの1頭であるEthereal Roadレース2日前にスクラッチ(出走取消)。この結果リッチストライクが繰り上がり、ダービーに出走できることになった。つまり、回避した2頭が仮に両方出走していれば繰り上がりで出走する権利すら与えられなかったということである。
連絡は相当あわただしかったらしく、馬主リチャードドーソンは「登録変更を知ったのは締め切りの30前だった」とジョークを飛ばしている。

22年ケンタッキーダービー

この年のダービーは本命不在の混戦模様。GⅡ連勝中のEpicenterが1番人気に推され、以下はGⅠブルーグラスSZandonGⅠサンタアニタダービーTaibaと、トライアル勝ちが順当に人気を集める。
一方、20頭中21番として大外20番ゲートに入ったリッチストライクは、現地オッズで81.8倍の最低20番人気JRA発売オッズでは95.1倍のブービー19番人気(※クラウンプライド出走に伴う発売)。実績皆無だし、レオン騎手は今回がケンタッキーダービー初出場だし、は大外だしと、買える要素はほぼないという評価であった。オーストラリアニューサウスウェールズ州では254.5倍exitというオッズが付いていたらしい。

本番ではスタートが決まらず後方からの競馬となるが、これはいつも通り。レオン騎手は前を追わず群の後ろから馬場ん中まで切れ込ませ、後方3~4番手で構える競馬を選択。レースハイペースで進み、3手前でくも群が固まり始める。ここでめに追い出したレオン騎手は3~4コーナーでじわりと前へ持ち出しながら、めまぐるしくポジションが入れ替わる各の間をすり抜けるように内に切れ込ませ、4ではいた最内に突っ込み6~7番手で直線を向きさらに進出。前でいちく抜け出したEpicenterに外からZandonが迫り叩き合いに持ち込んだところで、ダレてきた1頭を外に振ってかわしたリッチストライクがラチ沿いから一気に迫る。そして、Zandonに競り勝ったEpicenterを内から強く抜き去り、見事に先頭でゴールを駆け抜けたのだった。場内実況アナウンサーは「リッチストライクがやりました!」と叫んだ直後に勝負服リストを確認して「ワァーオ!(間違えてないぞ!)とびっくりしていた。

騎手グレード競走初制覇が「スポーツで最も偉大な2分間」ケンタッキーダービーリード調教師は入線の間、膝から崩れ落ちたという。単勝81.8倍は、同競走では1913年のDonerail(92倍)に次ぐ史上2位の大波乱。大外からの勝利2008年のBig Brownに続いて2頭ベネズエラ騎手の制覇は1971年のグスタボ・アビラ(Cañonero騎乗)以来2人と、奇しくも「2」尽くしの一勝であった。なお、クレーミング競走での取引歴のあるケンタッキーダービー勝利したのは本が初めてである。
ベネズエラスポーツメディアは特報でこの偉業を報道した。

ゴールを通過したとき『ありがとうありがとうよ』と感謝しました。とても感動しています。ゴールした間は、これが現実かどうか分かりませんでしたが、19頭が自分の後ろにいたので確信できました」
世界最高の間です。今日家族競馬場に連れてきたんですが、1歳2ヶはこれが初めての競馬観戦です。は幸運を連れてきてくれました。ケンタッキーダービーを勝ったのはソニーレオンです。私達ベネズエラケンタッキーダービーを勝ちました。Buenas noches!
[2]

――ソニーレオン

次なる米国三冠戦は5月21日プリークネスステークスだが、こちらは回復までの時間を考慮し回避。6月11日ベルモントステークスで二冠をす構えとなった。なお故障をしていないKYダービープリークネスSに出走しないのは、1985年のSpend a Buck以来となった。

迎えたベルモントステークス、8頭立てとなったレースではスタートで特に出負けした感じではなかったが中最後方に位置し末脚勝負に賭けた。だが最後の直線に入っても伸びることが出来ず2頭を交わしただけの6着がやっとだった。

その後8月トラヴァースステークス(GI)も8頭立て、6番手から競馬を進め、最後は2頭抜かしての4着。その次は10月ルーカスクラシックステークス(GII)で古と初対戦となる(6頭立て)。ここでは中団から差し切りにかかるが先行策をとったHot Rod Charlieにはアタマ差届かぬ2着。その次はブリーダーズカップ・クラシック(GI)に挑むことになった(8頭立て)。FlightlineLife is Goodが競っている中最後方からの競馬となり、終盤上がっていき4着となった。

血統表

Keen Ice
2012 鹿毛
Curlin
2004 栗毛
Smart Strike Mr. Prospector
Classy'n Smart
Sherriff's Deputy Deputy Minister
Barbarika
Medomak
2007 鹿毛
Awesome Again Deputy Minister
Primal Force
Wiscasset Kris S.
Tara Roma
Gold Strike
2002 黒鹿毛
FNo.5-g
Smart Strike
1992 鹿毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Classy'n Smart Smarten
No Class
Brassy Gold
1996 鹿毛
Dixieland Brass Dixieland Band
Windmill Gal
Panning for Gold Search for Gold
Apple Pan Dowdy

クロス:Smart Strike 3×2(37.50%)、Deputy Minister 4×4(12.50%)

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連項目

脚注

  1. *英辞郎on the webexitを参照。また、ジーニアス英和辞典第5版(大修館書店)のstrikeの項にも「strike it rich」という慣用句紹介されており、「一山当てる」と訳されている。
  2. *Buenas noches(ブエナス ノーチェススペイン語だが、これを英語に訳すとGood eveningとなる。日本語訳すると「今晩は良い一夜になりますね!」といった意味になるだろう。
この記事を編集する

掲示板

  • 11ななしのよっしん

    2022/07/27(水) 19:51:21 ID: lD35roj3pW

    これは5代血統表見ないとわからないんだけど Mr. ProspectorSearch for Goldの全兄弟で4×3×3もあるから本当に凄まじいインブリードになってる

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 12ななしのよっしん

    2022/11/03(木) 22:17:18 ID: fXCa4cLzbz

    BCクラシックでまさかの番狂わせがあるかどうか…

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 13ななしのよっしん

    2023/02/07(火) 12:41:45 ID: fXCa4cLzbz

    ドバイワールドカップに向かうみたいね

    BCクラシック4着だし、勝ち切れない競馬は続くが十分実はある

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP