リニアモーターカー 単語

165件

リニアモーターカー

2.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

リニアモーターカーとは、リニアモーターを用いた鉄道車両の総称。JR式マグレブ開発者である好泰によって名付けられた和製英語である。また、リニアと略されることもある。

概要

JR東海鉄道総合技術研究所開発した「JR式マグレブ」が有名であり、単にリニアモーターカーといった場合、多くの人はこちらを想像するだろう。時速500km/h台での営業運転を的にリニア中央新幹線の工事が続けられており、多くの人々にとっての乗り物として広く知られている。

主な仕組みとシステム

リニアモーターカーの方式を大まかに分けると磁気浮上式、輪式の2種類となる。また、磁気浮上式もいくつかに分類できる。

磁気浮上式

JR式マグレブ

日本人にとっての「リニアモーターカー」の代名詞といえるのが、このJR式マグレブである。
鉄道総合技術研究所JR総研)とJR東海が共同で開発しており、1996年山梨県リニア実験線で試験走行が開始された。2003年試験車両MLX01は鉄道車両として当時の世界最高記録となる581km/hを達成した。

この最高速度581km/hを達成した車両の先頭MLX01-1は2005年愛知万博JR東海 超電導リニア館」で実物展示され世界に向けて鉄道のPRを行った。なお、この展示車両2011年名古屋市港区金城ふ頭に開業した博物館リニア・鉄道館」で見ることが出来る。

2015年には山梨リニア実験線にてL0系車両が有人走行603km/hを達成し世界記録更新鉄道が初めて600km/h台で走行した。

このシステムを使用したリニア中央新幹線東京名古屋2027年開業をし建設中だが諸事情により遅れる可性があり2023年12月公式サイトより2027年以降開業になる旨が記載された。(なお静岡県以外は高架トンネルも出来上がりつつある)おのれ静岡の県知事

詳細はJR式マグレブらびリニア中央新幹線の記事を参照されたい。

HSST(常電導吸引型リニアモーターカー)

HSSTとは、High Speed Surface Transport(高速浮上交通機関)の略称日本航空インターナショナル開発を始め、中部HSST開発が実用化に成功したシステムである。JR式マグレブとは違い、超電導は使わず常電導吸引磁気浮上を行う方式である。

日本航空開発に乗り出した当初は空港連絡鉄道として、中部HSST開発ではモノレール新交通システム(AGT)に近いシステム標に開発された。

2005年愛知万博開催に合わせて開業したリニモLinimoが営業運転を開始した。営業最高速度100km/hである。浮上する鉄道を楽しみたいなら是非乗りに行ってみるといい。未来日常がそこにある。

詳細はリニモの記事を参照されたい。

トランスラピッド

トランスラピッドはドイツ開発された方式。2004年1月中国上海での営業運転が開始された。最高速度営業用鉄道としては世界最速の430km/hを誇る。

2020年2月よりな利用客(上海空港利用者)減少ので暫定的に営業最高速度300km/hとなった。最高速度430km/hでの営業運転再開時期は未定

鉄輪式リニア

現状で最も身近なリニアモーターカーが輪式リニアである。
一方で外見上はあまりにも普通すぎて鉄道にそれほど詳しくない人々にはこれがリニアモーターカーであると意識されない。

輪式リニアリニアモーターを推進として用いるが浮上はせず一般的な鉄道のように輪によって体を支える方式である。内の地下鉄路線の中でもいわゆるミニ地下鉄と呼ばれるものに多く採用されている。体に一次側コイル、路面(2本のレールの間)に二次リアクションプレートを有し両者でリニアモーターを構成している。このため従来の回転式モーター鉄道車両よりも高を低く抑えることが可となった。また浮上式のHSSTと違い限界まで乗しても輪で重量を支えているのでが落ちることはあっても動かなくなると言うことがない、浮上しない分余計なエネルギーを使わないのがメリットでもある。そのため近年ではこちらを採用する地下鉄も増えている。

登坂に優れ60‰(パーミル)の急勾配でも問題なく走行可リニアモーターの構造的に体やトンネル断面積も小さく出来るというメリットが有る。一般的な回転式モーターを用いた鉄道の場合は35‰が上限で、それ以上の勾配を走らせるには国土交通省により相応の装備と特別認可が必要となる輪式リニアの場合は60‰が上限として省で定められている。

一般に既存の地下鉄より後に新規の地下鉄を建設する場合、それよりも深い地下間をな経路として利用せざるを得ずも深くなりがちである。一方、輪式リニア鉄道であれば登坂の強さから較的浅い場所にを設定することも可である(浅い地下間が使用済みの場合を除く)。に大都市圏のような限られた地下間を立体的に縫うように有効活用でき、なおかつ前述の理由によりトンネル断面積も小さく出来るので建設費用を削減にも繋がる。このことから新規開業地下鉄路線の多くがこの規格で作られている。

営業路線としては1990年3月に開業した大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線鉄道路線として初の採用例となった。

なお、既存の一般的な鉄道路線との直通営業運転は仮に軌間(2本のレールの間隔幅)が同一であっても基本的に想定されていない。トンネル及び車両断面積や床面高さとそれによるプラットホーム高の違いに加えて何よりも輪式リニアは路面にリアクションプレートい路線は走れないからである。(このため大江戸線では検の際牽引してもらう機関車を用意している。大阪メトロや他の地下鉄路線は第三軌条路線と別に検設備を用意している。)

ちなみに線路の間にある二次リアクションプレートは電流が流れているわけではない他、人が乗っても壊れない頑丈な作りであるため地震などの災害生時はこの上を歩いて避難するように誘導される。

国内の鉄輪式リニア採用路線

輪式リニアの採用路線は全て地下鉄である。カッコ内は開業年

関連動画

     

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/23(火) 17:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/23(火) 16:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP