今注目のニュース
「時は金なり」は世間の常識か 8割が「時間は有効に使いたい」
母親からのLINE「家に戻ったら玄関に見知らぬ犬が3匹いた」 子犬と母親のほっこりする顛末が話題に
外出自粛の中、アート作品を自宅で再現する投稿がSNSで盛り上がる ゲティ美術館なども参加呼びかけ

リュウグウノツカイ単語

リュウグウノツカイ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(60)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

リュウグウノツカイ
リュウグウノツカイとは、アカマンボウ深海魚である。分類では、アカマンボウ・リュウグウノツカイ科・リュウグウノツカイ属の一種。学名はRegalecus russelii 

概要

リュウグウノツカイ

全長は5.5mほどだが、成長した個体は10mほどになる。リュウグウノツカイおよびその近縁種は、硬魚類の中では世界最長で、体は左右から押しつぶされたようにたく、タチウオのように細長い。

体色は全身が白色で、灰色の薄いまだら模様が上下と互い違いに並んでいる。各ひれはい。皮膚の表面にグアニンという状のアミノ酸の結晶があり、可視線を反射する。この効果により、鱗がいにも関わらず面のように美しい白銀を作り出す。死ぬと色みが消える。

生息域は深海200~1000m。プランクトンオキアミを捕食しており、長いびれの先端が獲物を感知するための器官となっている。く、温和な性格なので人を襲った例は皆無深海には自身の敵がいないため、穏やかな性格になったものと推測される。トカゲのように尻尾を切り離す生態をしており、外敵に襲われた時やエネルギー消費を抑える時に切断すると言われている。発見される個体の大半は尻尾が切れており、深海の生活も楽じゃない事を静かに物語っている。深海魚ゆえに発見される事自体が稀で、生態はほとんど不明。ごくまれに捕獲されるが、水族館に移しても僅か数時間で死んでしまう。このように調がまるで進まない事から「幻の」と称される事も。インド洋から太平洋にかけての深海に分布するとみられる。

傷ついた個体や波浪に巻き上げられた個体がたまにに姿を現し、沿の住民を大いに驚かせるが、そのインパクトの強い外見から日本竜宮人魚、西洋諸シーサーペントなど、多くの伝説が生まれたと考えられている。ヨーロッパでは王冠をかぶっているように見える事から「ニシンの王」、中国でも同様の理由から「皇帝」と呼ばれている。

地震や災厄の前兆として、大量の個体が辺に打ち上げられる事がある…と昔(江戸時代の頃には既に)から言われている。何故深海魚辺に漂着するのかは不明。2011年東日本大震災や、2018年大阪北部地震の前にもリュウグウノツカイが多数発見されており、前兆説が補強された。一説によると、地震が発生する直前になると海底から電磁波が発生し、これを嫌って面近くに移動してくるとの事。しかし、今のところ科学的な根拠は見つかっておらず迷信止まりである。東海大学海洋研究所と静岡県大学グループ2019年に発表した論文によると、各地のデータを収集したところ、地震とリュウグウノツカイの出現の統計的な関連はなかったらしい[1][2][3]。実際のところ、巨大地震の前でなくともリュウグウノツカイは全で打ち上がっている。未だにが多い秘的な深海魚である。

ちなみにリュウグウノツカイは味がく、食用には向かないらしい。

FF11におけるリュウグウノツカイ

なお、ファイナルファンタジー11にも釣りの対として登場する。当初はリュウグウノツカイを釣るためには入手条件が地獄の様に厳しい太公望竿が必須で、更にその太公望をもってしてもめったに釣れなかったため、実装されてから数年の間、全でもリュウグウノツカイを釣ったPCは数える程しかいなかった。そのため当時のオークションに履歴だけ出されていた程。バージョンアップしたことで昔よりははるかに釣れやすくなったが、それでもさすがに幻のだけあり新が増えた現在でも釣る難易度は最高クラスである。

東方Projectにおけるリュウグウノツカイ

東方緋想天東方非想天則ダブルスポイラー ~ 東方文花帖に登場する永江衣玖の用いるスペルカードの名前が『龍魚「龍宮の使い遊泳弾」』である。既に記事が存在するため詳細は同項を参照の事。

ちなみに永江衣玖はリュウグウノツカイをモチーフにしたキャラクターで、帽子の触覚や緋の衣にその面影を見る事ができる。彼女仕事は「災厄の前兆を察知すると、住民に危機を知らせる」というもので、これまたリュウグウノツカイを意識している。

アイドルマスターにおけるリュウグウノツカイ

PS3版アイドルマスター2を1度クリアするとプレイになるエクストラエピソードクリア特典アイテムカテゴリー→お守り)として登場する。

関連動画

 

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *「深海魚は地震の前兆」は迷信 東海大調査(ITmedia NEWS)exit
  2. *「深海魚の出現は地震の前兆」は“迷信”と断定…そのウラには地道な情報収集があった(FNN.jpプライムオンライン)exit
  3. *論文へのリンク(東海大学海洋研究所地震予知・火山津波研究部門)exit

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/01(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/01(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP