今注目のニュース
『水曜日のダウンタウン』新元号当て企画で話題に…過去には警察との攻防も
偽物にすり替えて返品するモンスター返品者が話題に 「ありえない」と批判殺到
岡田准一のハイテンションに心配の声 「ファンには通常運転だけど…」「支障出ない?」

ルイス・スアレス単語

ルイススアレス

掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ルイス・スアレスLuis Alberto Suárez Diaz、1987年1月24日 - )とは、神の一手を持つウルグアイ出身のサッカー選手である。ポジションGKFW。スペインリーガ・エスパニョーラバルセロナFC所属。

概要

2009-2010シーズンオランダエールディヴィジでは出場試合数を越えるゴール33試合35得点マークし、得点王にく・・・とWikipediaが書いていそうなことなことは置いといて・・・

彼をニコニコ動画のみならず世界的に有名にしたのは何と言っても2010 FIFAワールドカップ決勝トーナメント準々決勝ガーナ戦での1シーンであろう。延長後半アディショナルタイム、彼はFWでありながら味方ゴールに向かって放たれたシュートの手でブロックしてしまったのだ。ハンドと決定機阻止の反則によりレッドカード一発退場となったが、ガーナがこれで得たPKを外してしまい、試合はPK戦に突入。結果、ウルグアイ勝利することができた。その手があったか!
そのことがあってからなのかサッカーゲームFIFAシリーズではフィールドプレイヤーながらゴールキーピング値が30前後とフィールドプレイヤーとしては高めに設定されている(通常フィールドプレイヤーの値は均10程度)
マジレスするならば少年時代GKをやっていたからだと思われるが。

他では、決勝トーナメント1回戦で韓国相手にウルグアイ勝利に導く2ゴールを決めたこともサッカーファンニコニコユーザーには強く印に残っていることだろう。

他にも試合中に相手選手への噛み付き行為、シミュレーション行為など様々な騒動を起こすことでも有名。
どれぐらいかというとエールディヴィジではシミュレーションの代名詞にされたり、その先入観からレフェリーファールをとってもらえないこともあるぐらいである。

ここまでいろいろ書かれているが、サッカー選手としての実もが認めており、現役FW世界トップクラスといっても過言ではなく、彼のプレーチーム勝利に多々結びついている。
実際、2012-2013シーズンにはリーグ戦33試合23得点をあげており、後述の理由で10試合の出場停止処分が下される直前の第33節の時点では得点王ランキングトップに立ち、PFA年間最優秀選手賞の最有補にもなっていた。
が、第34節のチェルシー戦でブラニスラフ・イヴァノヴィッチに噛み付いてしまったことによりその試合の裏でハットトリックを決めたロビン・ファン・ペルシに総得点を抜かれ、噛み付き行為により評価を落としPFA年間最優秀選手賞をガレス・ベイルに譲る形となってしまった。
そんな残念な形でシーズンを終えることとなったのだがプレミアリーグの年間ベストイレブンに選出されており、先の得点王ランキングと年間最優秀選手賞では2位に位置している。

そして10試合の出場停止があけて挑んだ2013-2014シーズンプレミアリーグ第6節のサンダーランド戦で2ゴールをあげるとその後も得点を量産。最終的に開幕から5試合の出場停止があったにも関わらず31ゴール(リーグ1位)12アシスト(リーグ2位)3ハットトリック(リーグ1位)と驚異的な得点リヴァプールの上位争いの後押しした。ちなみにこのシーズンスアレスはPKを一回も蹴っていない。結局リヴァプール2位に終わってしまったが、上記の驚異的な成績が評価され前年取り逃したPFA年間最優秀選手賞を受賞した。

2014 FIFAワールドカップでも活躍が期待されていたが半月を負傷してしまい初戦のコスタリカ戦を欠場したが2戦イングランド戦で復帰し復帰々2ゴールを奪いウルグアイ勝利に導いた。
そして6月24日、勝てば突破、負けるか引き分けで敗退というイタリア戦でまたしても事件が起きた。
イングランド戦同様スタメンで出場し、0-0で迎えた後半33分、エリア内でイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニと交錯し、両者が倒れた。その際にキエッリーニの肩に噛み付いたのだ。今回で三回ということもあり、26日FIFAから代表の公式戦9試合の出場停止及び、10月末までの活動停止処分を命じられてしまった。
結果的にウルグアイはDFディエゴ・ゴディンゴールグループステージ突破を決めたが決勝トーナメント前にエースを失い、決勝トーナメント一回戦でコロンビアに敗れウルグアイは敗退した。

2014年7月バルセロナFCへ移籍。背番号は9。チームメイトからのあだ名はゴルド(太っちょ)。

ちなみにノリッジ・シティとは非常に相性がよく、スアレスノリッジ相手に3回ハットトリックを決めている

リヴァプールチームメイトだったダニエル・スタリッジとは非常に相性がよく、プレミアリーグでも最高クラスのこの2TOPは名前の頭文字を取ってSAS(Suarez And Sturridge)と呼ばれていた。
手首にはのデルフィナちゃんの名前が彫られており、試合時にはそこにユニフォームの色に合わせたテーピングを巻いている。ゴールした時にはそこと左手指輪、親、人差し、中キスをする。これには妻(指輪)、長女デルフィナちゃん(手首)、長男ベンジャミンくん(三本の)へのが込められている。
ちなみにデルフィナ(Delfina)のスペルを並び替えるとリヴァプールホームスタジアムアンフィールド(Anfield)になったりする。
彼女が生まれたのはスアレスリヴァプールに移籍する前なので単なる偶然にすぎないとのことだがリヴァプールに移籍したのもなにか運命的なものがあったのかもしれない。

彼の出身地サルトはウルグアイ代表でコンビを組み世界トップクラスストライカーと言われているパリ・サンジェルマン所属エディンソン・カバーニの出身地でもある。この人口10万人のにはいいストライカーを生み出す何かがあるのかもしれない。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/22(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/22(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP