今注目のニュース
人類は「不安・うつ症状」を抱きやすいように進化してきたのかもしれない
海外では意外なほど多くの医師がプラセボ(偽薬)を処方しているという現実
4方向でまったく違う!人間の頭部を回転させたすごい立体錯視

ルキスラ帝国(卓m@s)単語

ルキスラテイコクタクマス

  • 1
  • 0
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

ルキスラ帝国(卓m@s)とは、卓ゲM@Sterにおけるルキスラ帝国についての設定のまとめである。

<注意>当記事は卓m@sにおける設定を有志がまとめたものであり、公式の設定とは別物となっています。
また、新しく卓を立てるに当たり、これらの設定に従うことは義務ではありません

【重要】 なお当然のことですが、全ての卓はそれぞれパラレルワールドとして扱いましょう。
同じ単が出たり、動画内で設定がリンクすることがあっても同一世界ではありません
動画投稿者の方に迷惑をかけることになるので、他卓の設定を持ち出してのコメントダメ、ゼッタイ。

概要

公式の設定については『ルキスラ帝国』の記事を参照のこと。

2012年9月22日現在、下記の作品の舞台となっている。

 

ルキスラ帝国の街や施設

帝都ルキスラ

登場卓:共通
ルキスラ帝国首都。ここだけで約8万人もの住民が暮らしている。

蒼き雷の剣亭

登場卓:共通
“元大剣使い”のルーサー・エレルデンがマスターを勤める冒険者の店。
ルーサーはかつて勇名を馳せた冒険者であり、面倒見も良く店は繁盛している。

アイドルたちのソード・ワールド2.0!より
怪しげな依頼をしてきた自称冒険者のベルの素性を調べるために、パーティ一行が訪れる。
彷徨える歌姫亭とは大違いの繁盛ぶりに一行は感動し、店の乗り換えを考えたが依頼の遂行中だったために断念した。

彷徨える歌姫亭

登場卓:アイドルたちのソード・ワールド2.0
ズサマスターを勤める小さな冒険者の店。
亭に客を取られて、閑古が鳴いている。
一の所属冒険者であるイオリたち一行を手放すまいと、エンブレムを押し付けてプレッシャーをかけている。

暁の輝き亭

登場卓:ルキスラでアイドルたち

背後の守護亭

登場卓:アイドル自由冒険記

眠れない主夫亭

登場卓:ぼくみこっ!シリーズ
"眠らせない夫"セブンと"眠らせない"XVIの姉弟が切り盛りするルキスラの旧区にある冒険者の店。旧区ゆえに守りのの範囲外にあるため、穢れの高い種族でも出入りできるのが特徴。後にルキス皇帝を輩出した有名冒険者PT『間』が所属していたこともあり、長らく人気店となる。

外伝においては1000年以上経った後も、冒険者の店ではなくなったものの、店の名前の名残が残っていたりする。

高き日の舞踊亭

登場卓:『舞さんの行き当たりばったり冒険譚
ルキスラ帝国都ルキスラに店舗を構える冒険者の店。マスターはマイ=ユジーハンマ。
マイの胆かつ破天荒な振る舞い(大半は初見で逃げ出す)ゆえに長らく閑古の鳴く商売あがったりな状態だったが、渾然一体ヴァルキュリアが活躍するに従い、彼女達が滞在しているときに限り集客率がUP。ほぼ毎日のように宴会が催され、「貴族(種族:変態)をコブシでに埋める撲殺令嬢」や「究極(?)のおにぎりとその挑戦者」や「どこからか生えてくるワープ神官」などの見物に大勢の客で賑わうようになった。

ただし、冒険者の登録は未だ増えず、ヴァルキュリアが依頼などで不在のときは相変わらず閑古が鳴いている。その隙にマイが男を連れ込んでいるという噂g・・・ぶべらっ!

城塞都市ディザ

登場卓:共通
都ルキスラの南部に位置する、人口7000人の都市
ローラとナルアが合流する肥沃な土地を利用した穀倉地帯があり、帝国の食糧生産の大半を担っている。
名所としては、ローラにかかる巨大な跳ねが有名。

そよぐ南風亭

登場卓:続・小鳥さんのGM奮闘記
中央通にある都市ディザで最も大きい冒険者の店。
の人柄も良く、出される料理も美味い・安い・いの三拍子った人気店。
オザリンドから幻獣盗難事件の調依頼を受けたティダーンズが情報収集に訪れた。
酒幸神サカロス信者で”ディザの”の通り名を持つ店が、マイとほっぺにチューをかけてみ勝負を行う(ダイスロール勝負)も、ダイスの女神様されていたマイには太刀打ちできず敗退した。

薫り立つ小麦亭

登場卓:呑気屋達の珍妙な冒険
ナイトメアヘレナ・ベルティネリ。元冒険者であり、引退後は長く店を経営してきた才女。
後のルキスラの的任務を請け負うようになったMOON LIGHT OF のPTが結成された店であり、その拠点。

公国ライダーギルド支部

登場卓:続・小鳥さんのGM奮闘記
ダーレスブルグ公国ライダーギルドの支部の一つ。
冒険者パーティ自由歌い手』の元メンバーオザリンド・マダーオもここに所属している。
ここでアイの口から価値観そぉい!と言う迷言名言が生まれた。

ディザ幻獣愛護団体本部

登場卓:続・小鳥さんのGM奮闘記
幻獣達をこよなくする者達によって結成された組織。代表者はアモン
幻獣乗り物代わりにするライダーギルドとは対立関係にあるが、なぜか本部はライダーギルドの前にある。
話し合いとする穏健と、武行使も辞さない過激派があったのだが、過激派蛮族組織飛竜の爪に利用され末に滅ぼされた。

盗賊ギルド”温故知新”

登場卓:続・小鳥さんのGM奮闘記
カトちゃんマスター運営するディザのの盗賊ギルド
情報収集のためにティダーンズのマイとユメコが訪れた。
合言葉がかなり独特なのだが、その理由が単にマスタードリフ好きなだけだった。
カトちゃん人形用しているが、マイとユメコの諍いのとばっちりを喰って壊されてしまう。
それからしばらくはずっと不機嫌だった。

 

ルキスラ帝国の保有戦力

蒼鷲騎士団

登場卓:共通
ルキスラ帝国騎士団。
その戦は強大で、ザルツ地方最強とも謳われている。

続・小鳥さんのGM奮闘記より
騎士団の団長はホーリー。ダーレスブルグ公国の第一軍団長グレンと合わせて『ザルツの双璧』と呼ばれている。
飛竜の本格侵攻に際し、ダーレスブルグ騎士団を中心とした大部隊を派遣
ところが、飛竜蛮族達がっているアブリュートディフェンスに大苦戦。
ブラッドトロールダークレッサードラゴン飛竜騎士団相手に壊滅的なダメージを受けてしまう。

ぼくみこっ!シリーズより
複数ある騎士団(金盾魔剣etc)のトップに位置する騎士団として存在していたものの、ユリウスが暗殺された騒動から始まったルキスラの内乱である「騒乱」が起きたことで騎士団を含む騎士団全体が巻き込まれ、一部の幹部が失脚・引退している。「騒乱」が一応の終息を見せた後、前皇帝であるユリウスが創案していた騎士団→軍への再編が結果的に急ピッチで進められ、最終的には騎士団を含むすべての騎士団が解体、ルキスラ軍として再編された。

灰狼騎士団

登場卓:アイドルたちのソード・ワールド2.0
ワケありの傭兵や冒険者あがりで構成された少数精鋭の遊撃部隊・・・というのは表の顔。
実際には情報収集や斥としての危険な任務を請け負う特殊部隊であり、捨て駒として扱われることもある。
皇帝ユリウスのとしてを被ることを厭わず、名誉を重んじる他の騎士団とは一線を画している。

銀豹騎士団

登場卓:舞さんの行き当たりばったり冒険譚
バーレスの守備をに担当しているルキスラの騎士団の一つ。地方都市であり、また蛮族などとの戦闘も多いため練度が較的高く、規もしっかりしている。団長は未登場だが、副団長アルドールは期待の若手の騎士であり、ユリウスの信も厚い実な人物。ヴァルキュリアとは蛮族討伐の依頼で接触し、その縁で御前試合に代理出場を依頼している。

金鷲騎士団

登場卓:舞さんの行き当たりばったり冒険譚
キス首都の防衛を担当する親衛・近衛隊に位置する騎士団。ただし選民思想にどっぷり嵌った貴族たちの縁者が部隊ののため、装備の充実や実自体はあってもモラル・練度はともに低く、住民からも嫌われているほど。御前試合でヴァルキュリア叩きめされ、ルキスラ奪還作戦でもユキホとチハヤに敗れ、最後はある人物一人によって全員が倒されてしまい、その後は解体された可性もある。

ルキスラ帝国周辺地域

ギザギザ海岸

登場卓:共通
ルキスラ帝国北東部、クーリア侯爵領北部にある、いくつもの切り立った崖が連なった独特な形状の
ここに蛮族の船が出入りしていると言う噂もあり、皇帝からクーリア侯爵に調討伐の要請が幾度とく出ているが、あまり積極的に動いていない。

続・小鳥さんのGM奮闘記より
このギザギの北部にマーマンの里があり、リョウユメコエルフとは同盟関係を結んでいる。
時折、対立するギルマン族との戦いを繰り広げていて、飛竜第五軍十番隊隊長の”改造屋”ズードが生物兵器研究のためにマーマンの里からマーマン達をさらっていく事件が起こっていた。
その事件解決のため、ティダーンズはユメコの案内でこの地を訪れる事になった。

神へのきざはし

登場卓:共通
ルキスラ帝国東部にあるザルツ地方最高峰の山。その標高は1万メートルにも及ぶ。
頂上付近がんで見えず、まるで天空世界にまで及んでいるかのように見える事からこの名が付いた。
山は険しく、さらに標高が高いところには強いも吹いているため、山頂まで到達した者は未だに皆無
だが、高いところほど紀文明時代の遺跡が見つかる傾向にあるため、一向に挑戦者の数が減らない。

続・小鳥さんのGM奮闘記より
ここの遺跡に邪オルクスの『穢れ水晶』が安置されており、飛竜のトパーズバジリスクのオリガが儀式を行っていた。最終的に、情報を頼りに乗り込んできたティダーンズがオリガを討伐し、穢れ水晶ダーレスブルグに移送された。

舞さんの行き当たりばったり冒険譚より
ドルッケンの依頼により、ある鉱石採集するためにコトリ達が訪れた。中に蛮族は出現しなかったが、サーベルタイガーヘルハウンドといった動物幻獣が生息していたり、鉱石採集場所ではラプテラスが生息しているなど、並みのPTでは登山は厳しいと思われる。

GM真美と行く妖精郷冒険譚より
ニーズの希望により、“踊り場の試練”ヴァルグリアンへの挑戦のために爆撃隊サンダーボルトが訪れた。
死闘の末サンダーボルトがヴァルグリアンを降し、その協を得ることに成功している。
なお、この卓におけるヴァルグリアンはブルーレッサードラゴン魔改造強化されている。

バルナッド・キャンペーンより
テトライン希望により、“踊り場の試練”ヴァルグリアンへの挑戦のためにクローバー達が訪れた。
が、いつの間にやら割と低い標高ですらLv12~14のモンスターがうろつく魔と化しており、伝説と言われたはずのヴァルグリアンのレベルは周辺モンスターはおろかクローバー達のPTのよりも低いというヲチまでつき、戦闘全略であっさり倒され、めでたくテトラインの騎となった。あまりの弱さとへたれぶりにPT一行のマスコットになるのに時間はかからなかった。ヴァルグリアンを一向に引き入れた後もテトライン希望により上り続けたが、高位蛮族の連携に不覚を取り、移動魔法で撤退することになる。

緑屍の塔

登場卓:アイドルたちのソード・ワールド2.0
キスラと自由都市同盟のエイラス、バルバロスの中間地点に位置する魔動機文明時代の遺跡。
アンデッドの巣窟だったが、ラ・ゾルネが率いる蛮族によって占拠された。
の部分を触ると引っ込み、の部分を触ると硬化する仕組みのが至るところに生えている。
ラ・ゾルネの討伐後、限にアンデッドを召喚する小部屋が開放されたことでアンデッドの巣窟に戻った。

ルマ湖群

登場卓:共通
ルキスラ帝国北東部にある5つのに並んでいる地域。
この地域にはエルフ達が集落が多数存在する。
5つのの頂点には、大破局で滅ぼされたエルフの王の遺跡が残っていて、エルフ達はその調を行っている。

続・小鳥さんのGM奮闘記より
アイ穢れを払うため、エルフの遺跡である四神に挑戦するべくティダーンズはここを訪れた。
四神の鍵を管理しているのは、エルフの里の族長であるゾーマ
四神上に浮かぶで、水上から近づこうとすると7つ足のクラーケンが、上から近づこうとすると体長50メートルロックが襲ってくる。安全な地下道があったらしいのだが、ティダーンズは結局7つ足のクラーケンイカ刺しにして強行突破した。
また、ここのエルフの集落がティダーンズのリョウユメコの故郷で、リョウ実家メテオストライクを落したくてうずうずしている。
ちなみに、最近周辺にタイラントレギレクスモンスターレベル18)などの悪なモンスターしており、ほとんど魔と化していると言っても過言ではない。

四神の塔

登場卓:続・小鳥さんのGM奮闘記
ルマ群に建てられた
その周辺には不思議なが漂っており、テレポートやディメンジョンゲートは一切使えなくなる。
中ではに挑むものへの四つの試練が用意されており、それぞれ『知恵』『覚悟』『勇気』『』を試される。
一階で待ち受けるのはスフィンクス。三問の問題を出題し、挑戦者の知恵を試す。
二階で待ち受けるのはイフリートジンタイタン、ミーミルの四大妖精。戦いにおける覚悟を試す。
それ以降はではなく地上と界の狭間に作られた間で『勇気』と『』を試される。
勇気の試練は挑戦者によって異なり、現在のところここを突破できたものはいないらしい。
そして最後のの試練は、妖精神アステリア属である小クラスローラとの戦い。
これら全てを乗り越える事で人を越したと判断され、界にて妖精神アステリアより小へ引き上げられる事になる。
ちなみに、ティダーンズも小になるチャンスはあったが全員それを断り、代わりにアイ穢れを初期値まで戻し、半神を得て界を後にした。

ルキスラ帝国主要人物

【野心の皇帝】ユリウス・クラウゼ

登場卓:共通
本家の通り、「野心の皇帝」として恐れられている。しかし卓m@s界では周辺英雄ダーレスブルグとフェンディル)のせいで、不憫皇扱いされている。卓によっては暗殺騒動に巻き込まれて、実際に死んでるケースもあったりする。

公式ではヴァルクレア攻略戦以降は雰囲気的にも落ち着いたらしく、外的にはともかく内的には内政のほうにを入れていることがザルツ博物誌で明らかになっている。この一件の詳細に関してはSW2.0ノベルである「をつぐもの」が詳しい。

卓m@sにおいても実際に野心を持って活動していることは少なく、仮に野心的な活動をしていても手探りGM雪歩と行くラクシア探検記アイドルのレーゼルドーン新都市発展記などルキスラ帝国以外を本拠とする卓がほとんどであり、そんな卓でもユリウス本人は登場していないため、本当に彼の意思による積極的な陰謀かは不明な点も多い。場合によっては他失策で勝手にチャンスが転がり込んで来そうな卓もあったりする。

そしてフォルトゥナコード発売に合わせ、リプレイに高レベル冒険者としてプレイヤーとして登場。流スキルと16レベル以上の冒険者レベル持ちとなり、実質人間やめましたの状態に。とはいえ卓のインフレが進みすぎている場合だとこれですら誤差の範囲なのだが。

舞さんの行き当たりばったり冒険譚より
「野心の皇帝」辞めました。正確には、他者からそう呼ばれているだけで、当人にその気はないらしい。その理由は不明。十中八九、とある冒険者の宿の店のs( だが、「野心の皇帝」と言われている方が都合がいいらしく、そう呼ばれることについては気にしていない様子。
なお、配下はその限りでなく、皇帝視して懸命に野心を燃やしている。そのため野心をこじらせた一によって不可能な外法を用いられて暗殺されかけたが、ヴァルキュリアの活躍により一命を取り留める。

呑気屋達の珍妙な冒険より
登場回数は少ないが、設定上は公式(ザルツ博物誌の設定)に近い。ショウンと親しく、内の盗賊ギルド「闇」とも繋がりがある。第二部では元々婚礼の噂があったマグダレーナ・イエイ将軍を后に迎えたとのこと。またPTとの関わりは第二部になると大幅に増加しており、表に出せないような依頼を的に出すことが増えてきている。またシーン殿的事業を行う部署に偽装した【アサシン教団】を秘密裏に設立し、MOON LIGHT OF リーダーでもあるアンジェを名上のリーダーに据えている。かなり綿密に【アサシン教団】に関しては他情報を流したらしく、この設立にルキスラ帝国的には関わっていないと思わせることにも成功している。

ぼくみこっ!シリーズより
皇帝に即位する前から独尊な性格であったらしく、当時巻き込まれていたメンバー(作中時間軸ではほとんどのメンバーがルキス内の重要人物)にとっては上司と部下というより腐れ縁に近い関係であったとも取れる発言をしている。
ちなみに本作では物語開始前に作中で暗殺されているというトンデモ設定だが、実際のところはすぐに生しており、元々親交があったショウンのところに身を潜めていた。その後は終盤の美味しいところで再び表舞台に戻ってきたあたりはさすがとしかいいようがない。もっとも暗殺された時点で皇帝ではなくなっているため、自身の暗殺騒動に端を発した帝国内の問題が片付き、新しい皇帝が即位した後はルキスラの表舞台からは距離を置き、隠し子であるとともに冒険者のような生活で生計を立てたとも言われる。暴れん坊将軍とか水戸黄門の類じゃねーか!とか言ってはいけない。

【大魔道機師】 ドルッケン・ガーデル

登場卓:共通
(他卓であまり見ない気がする。きのせい?)

舞さんの行き当たりばったり冒険譚より
 某所のとある飛行艇完成させた男に対抗心を燃やしている。
マギテック技は高いらしい(GMレベル15。これは公式における人族の技レベル限界値)が、GMの都合……うっかりミスマギスフィアを持っていないことが多い。ホントにレベル15か? 渾然一体ヴァルキュリアと共に遺跡を探索することが多いが、大抵足手まといになっている。レベル15とは一体……(うごご
  しかし、魔動機のパーツや当卓オリジナルアイテムデータを高値で取引し、ユキホのInferno)の強化も手がける重要人物である。 また、Inferno)の量産化にも成功しており、ルキスラの兵増強にも一役買っている。 あと必殺技絶叫はロマンである。

 


 

関連動画

    

 

関連項目

ザルツ地方国家関連

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP