今注目のニュース
価値があるモノほどネットで買ったほうがいいのはなぜ? 腕時計投資家の答えは…
長嶋一茂、ファンがいないことに気づく 「俺のファンっているの?」
父親が息子を警察署の前に捨てる 意外な理由に批判噴出

ルドマン単語

ルドマン

  • 9
  • 0
掲示板をみる(61)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ルドマンとは、ゲームドラゴンクエストV 天空の花嫁」に登場するキャラクターである。
サラボナのに住む大持ちで、妻やフローラ達と暮らしている。

概要

DQ5

フローラにふさわしい夫君を結婚させようと、「リングと炎のリングを持ってきた者にフローラを妻にすることと、宝である天空を差し上げよう」とお触れを出す。
そのお触れに挑み、見事両方のリングゲットした主人公を気に入るが、主人公と共にいたビアンカフローラが気づいたことでルドマンは主人公の気持ちを慮り、ビアンカフローラのどちらかにプロポーズを決めて欲しいと主人公に提案する。
どちらと結婚しても主人公を気に入ったルドマンは結婚式を用意するどころか天空、船を譲り、その門出を祝うのであった。フローラ(とデボラ)と結婚した場合は立つことが心配で試しにほこらに行かせたり、に出たあとも中に使いをよこし冒険に役立つ品を置いていくという親バカっぷりも見せる。

時が経ち、主人公が再会したルドマンは冷静さを失いそわそわしている。先祖のルドルフが昔封印した化け物が復活しそうというのだ。しかしルドマンが戦いの準備をしている間に主人公(やその子供たち)はその化け物ブオーンを倒し、ルドマンはますます主人公に感心するのであった。

PS2版

PS2版では富っぷりがより強調されている。ゲーム開始直後に乗っている船と青年時代にビスタ港から乗る船がルドマンが所有するものに変更になっておりに。そしてパパスと共に船から降りた主人公と入れ違いに、フローラと共にその船に乗り込むシーンが追加されている。

また、ビスタ港とポートセルミの中間あたりにカジノ船を所有しており、その施設を主人公に使わせてくれる。フローラを妻にした場合はカジノ船が結婚式場となる。

更には修院に寄付したり、カジノ船のバーに自分好みのお酒を並べていることなどもしている模様。カジノ船に関してはフローラもやや呆れているようだ。

DS版

DS版ではフローラデボラが追加キャラとして登場し、ルドマン邸の3階に住んでいる。
プロポーズの場面で、いきなりデボラが自分も補にしろと乱入する。ルドマンはデボラにほとほと手を焼いていたようで、デボラを妻に決めると主人公に大感謝台詞を吐く。

DQ11(3DS)

時渡りの祭壇から5の世界に行くことでルドマンの屋敷に来ることができるが、なんと補含め屋敷の者全員がルドマンの姿に変えられる呪いを受けている。「なんと、この私が好きと申すか?」やりたい放題である。

事件を解決させた後は、選びのリハーサルとして仲間プロポーズさせる機会を与えてくれる(もちろんルドマンにも)。

永遠の嫁候補

ここまでルドマンの事を書いて、主人公プロポーズするシーンのあの会話を書かないわけにはいかないだろう。

太っ腹

「なんと この私が 好きと申すか!?
うれしいこと 言ってくれるじゃないの そ それはいかん! もう1度 考えてみなさい。」

 

残念ながら(?)ルドマンにもその妻にもメイドにもプロポーズしても結婚は出来ないが、その遊びが効いたコメは多くのプレイヤーの歓心を呼び、プロポーズではまず最初にルドマンにコクるというのはお約束と化している。

主人公が一体何を話したかが気になる。もし言だったらそれはルドマンの思い込みというわけでつまりルドマンは最初からその気が(ry

スタッフからもネタ認されているようで、3DSDQ8写真でこのセリフが装飾メッセージの一つとして登場する。

3DSDQ11でもルドマンに話しかけたプレイヤーは多いだろう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP