ルナ(shadowverse)単語

ルナ

2.8千文字の記事
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ルナとは、スマートフォンゲームアプリShadowverse』に登場する少女である。
CV小倉唯

概要

男女一組の骸に囲われた金髪少女ネズミ人形を持ち、はこの人形を模して結わえ一部をツインテールのように下ろしている。

Shadowverse』のカードは7種類のクラス(+クラス制限のないニュートラルカード)で分けられており、そのクラスごとにプレイヤーキャラに相当するリーダーが設定されている。ルナは「ネクロマンサークラスリーダーである。

ストーリーにおいて

 両は既に他界し広い屋敷にひとりぼっちで暮らす少女であるルナは死霊のを聞く事ができる。
 その故か好きな人を死なせることでその相手と永遠に共にいられると信じて疑わない危うい思想を持ち、自らの『お友達』を増やすべく殺人的とした散歩に出かけるという絵に描いたようなサイコキャラ…のはずなのだが、出会う人間がことごとく人外彼女以上のサイコであるために心折られるというあんまりな役回りがついてまわる。

 特に主人公であるアリサ物語上の黒幕らしきイリスから強な言葉責めを受けて精の均衡が崩れていき、ついには死霊と話すを失ってしまう(イリスの言葉を信じるならば元々持っていないことになるがユリウスは実際に死霊と会話しているのを見ているために矛盾が生じる)。
 死んだはずの両に導かれて謎の光に飲まれていく様は死を暗示しているようでキツイというもある。

 その後謎の光に飲み込まれたルナは封じていた過去と対面する。イリスの言葉によればによって災いのに導かれた者はその者が望んだ世界で安寧を得られるらしい。ルナ意識に抱えていた願望は「両を殺した盗賊復讐すること」だった。

 元々何のも持たない少女だったルナネクロマンサーとして才を開させたのも盗賊に両を殺されたショックによるものであり、その時に両の魂を現世に縛りつけてしまい、現実からを背けるために両を自分の都合の良いように聞いていた、というのがことの相であった。(世界を安寧に導くためには過な手段も悪びれず利用するイリスだが、流石に願いをえる世界に導いたつもりが見たくもない現実思い出させてしまったことに罪悪感を感じたのかこの件に関しては微妙に低姿勢である)

 真実思い出してしまったルナは、「死んでしまった人とはもう会えない」ことを受け入れながら安寧の世界から去った。

ゲームにおいて

 クラスネクロマンサー」の詳しい性質については『Shadowverse』の項を参照のこと。
 初期リーダー一の幼い少女ということもあってかゲーム稼働初期の使用率は頭一つ抜けていた模様。対戦中に相手に簡易メッセージを送るエモーションでは非常に可らしい反面、煽りが全般的に高く、やけにテンションの高い「すごいすごい!」、決め台詞である「ルナのお友達になってくれる?」(『お友達』の意味は前述の通り)はの立つこと請け合いである。逆にダメージボイスは悲痛で一部の変態には大変好評である。
 拡第一弾下では相性不利なビショップクラスを中心として他リーダーが大幅に強化され、環境で不利になりやすい状況が続き、事あるごとに降参ボイスである「ルナの負けだよ」がコメント等で流れる事態にもなっていた、拡パック第三弾「々の騒乱」から環境は一変する。
 自分の場のフォロワーすべてにスケルトン召喚のラストワードを付与する「子」、ネクロマンスに応じてゾンビを大量召喚した後自分の場すべてのフォロワーの攻撃を+2する「魔将軍クター」、ランダムな敵に2ダメージを与えつつ他のフォロワーの攻撃を+2する「オルトロス」などが追加されたことにより、序盤の盤面支配効率が急上昇したことで一躍環境トップの一に躍り出た。すごいすごい

外部出演

グランブルーファンタジー

Shadowverse』と同じ制作会社のゲームグランブルーファンタジー』との相互コラボの報酬SRキャラクターとして実装され、コラボストーリーにも登場する。エルステ帝国実験により偶発的に召喚されるが、こちらでは人外はともかくとして、彼女以上のサイコキャラクターは少ないため、相対的に隠れがちだった彼女異常さが立つようになっている。

また一方で、本イベントでは『Shadowverse』においてネクロマンサーのスキンカードとして実装されているモルディカイも登場。既に死人であるモルディカイケースから、既に死んでいるなら気兼ねなくルナのお友達になれることが判明した。

キャラクターの性としては、味方が死ぬごとに墓場が溜まり強化(死んで自動復活した時はカウントされない)されるという原作再現が成されており、異常すぎる性を持っている。
1アビリティ味方を戦闘不能にするだけの「ソウルコンバージョン」というぶっ飛んだ仕様になっている。2アビリティでは自分以外の味方が戦闘不能になると高倍率ダメージを与えるようになる「ロストハート」、3アビリティではゲージ20%消費という重いコストの代わりにデスタイラントを召喚し、自身の攻撃の10倍という高倍率の闇属性ダメージを与える「デスコラプション」と、強なものがっているが、いずれも自身が戦闘メンバーとして出ている状態で他のキャラクター戦闘不能にならないと使用不可能デスコラプションに至っては、墓場3=3人戦闘不能にならないと使用不可能であり、サブメンバー全員消費してもなお足りない

使用するならばSSR版「フェリ」の出張、闇属性サルナーン」のルナメアデメリット重複させるなどで、強アビリティを発動した後同ターンで即座に友達にする戦法がっ先に浮かぶ。他にも、主人公EXアビリティリヴァイブ」やSSRキャラクターソフィア」の起用による復活などで、可な限り有利な状態で墓場を溜めたい。
一癖も二癖もあるキャラクターだが、使える域にまで達すれば便利なキャラクターである。

プリンセスコネクト!Re:Dive

社内コラボとしてプリンセスコネクト!Re:Diveに登場。
2019年10月31日3キャラとしてガチャへ恒常実装→公式ツイッターの告知exit
「おともだち」を召喚するスキルと、「おともだち」を消費すると効果が高まるスキルが特徴。
スキル1の「ソウルコンバージョン」は味方へダメージを与え、その味方のTP(必殺技ゲージ)を大きく回復させる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ルナ(shadowverse)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 8ななしのよっしん

    2020/03/14(土) 17:42:41 ID: vH1EZ9Fug/

    アーカルムでのデス戦の為だけに連れて行く価値はある。
    パでロボミを最後に置いておけば大抵は何とかなる。

  • 9ななしのよっしん

    2020/07/17(金) 04:22:28 ID: 03LYCkaSos

    プリコネRではTP加速キャラとして一定の地位を築いている
    速攻が重要なアリーナで使われてる模様

  • 10ななしのよっしん

    2021/01/27(水) 00:52:18 ID: bGT+M39NXV

    アニメでもルナの負けだよ回収

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/28(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/28(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP