今注目のニュース
令和に活躍しそうな男性バイプレーヤーランキング
なぜそこに穴をあけたのか... 素人には意味が全く分からない顔出しパネルが話題
跡取りおらず「お家断絶」の旧家、名字残すため「母の旧姓」に変更できる?

ルルイエの印単語

ルルイエノシルシ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『ルルイエの印』(The Seal of R'lyeh)とは、オーガスト・ダーレスによって書かれた小説作品である。

概要

ルルイエの印は1957年に『ファンタスティックユニヴァース7月号に掲載され、『暗黒神話大系シリーズクトゥルー(1)』にて邦訳が収録されている。

インスマス物語の一つであり、『インスマスを覆う影』や『永劫の探求シリーズ』の後日談である。

ダーレス神話作品中でも後期のものであり、神話大系が整理されておりダーレス神話としてのクトゥルフ神話として仕上がっているものである。

作品はクトゥルフの崇拝者がどのような存在かを知ることができる作品となっている。

あらすじ

私、マリアス・フィリップスはここに人生の転換点となったことを記しておく。

叔父の遺産を継いでインスマス沿の屋敷に住むことになった。

インスマスフィリップスマーシュと同様にインスマスで貿易によって栄えた古くからの一族であり、インスマスに様々なものを持ち帰っていた。

屋敷に奇妙な円盤模様の印や叔父の書類、さまざまな書物、マーシュ女性アダ・マーシュの話などからインスマスに伝わる暗い血筋の知った私は叔父の探のことを知り、その探も引き継いだ。

私は私の仕えるべきもののために〈夢見て横たわるもの〉のためにひれ伏し続けることだろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP