レイパパレ 単語

45件

レイパパレ

6.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レイパパレ(英:Lei Papale 香:麗冠)とは、2017年日本産まれの競走馬である。

史上3頭となる敗で古混合GIを制覇した快速

な勝ち
2020年:チャレンジカップ(GIII)
2021年:大阪杯(GI)

概要

ディープインパクトシェルレイクロフネという血統。
に関しては個別記事に詳細を譲るが、ディープ×デピュティミニスター系はダービーマカヒキショウナンパンドラ等がいる相性の良い組み合わせである。
シェルレイは希少なウイニングチケットの血を引くで、系を遡って行くとフロリースカツプというに辿り着く。フロリースカツプについては個別記事を参照して頂けば分かるが、数多くの八大競走優勝を出してきた日本の名門一族である。
ちなみにディープシェルレイクロフネオイスターチケットは皆金子真人オーナーの所有馬である。
ワグネリアンと違って金子オーナーではなく、キャロットファームクラブとして、15万円×400口の計6000万円で募集された。

名の意味は、「レイ(lei)」が飾り、パパレ(pāpale)が帽子の意。つまり、帽子の頭周りを一周させるようにつける飾りをさす。金子オーナー繋がりでハワイ関連の名前を連想したと思われる。

デビュー~3歳冬

東の高野友和厩舎に入厩し、3歳1月京都1600m戦で上に川田将雅を乗せてデビューを迎える。このレースでは1番人気に支持され、2番手から鋭く抜け出し2身差を付けて快勝。

クラシック路線には向かわず休養に入り、6月1勝クラス阪神1600m戦で復帰すると、直線前が塞がれるも川田の巧みな進路取りで間をすり抜け、後のローズステークス3着オーマイダーリンの追撃を1身抑えて勝利する。
次戦は7月新潟糸魚川特別(芝1800m)に出走し、ワグネリアンの全カントルを2身差付けて快勝する。このレースも直線で横のに寄せられながらも間を抜け出して勝利するという強いパフォーマンスで、敗の二冠を達成したデアリングタクトに対抗出来る逸材として注が高まった。

そして次走の標は秋華賞。賞金的には抽選ラインで4/6の確率で出走出来る予定であったが、念の除外対になってしまう。
なので、秋華賞の前レース大原ステークス(京都1800m)に出走を切り替え、スタートはやや遅れるも逃げ作戦に初めて出るレース展開となるが、直線荒れた内を避けて外に出すと上の川田は持ったままの手応えながらグングン加速し、最終的に2身差付ける快勝。
タイムも1.46.3と時計の掛かる馬場を考えれば優秀なタイムであり、後の秋華賞デアリングタクトが勝ったタイムが2.00.6であった事を鑑みると、秋華賞に出れたら勝ってたのではないかと思わせるほどのレース内容であった。

これでオープンとなり、12月阪神2000mのG3チャレンジカップに出走すると、これまでのレース振りから単勝オッズ1.6倍と圧倒的人気を背負うことになるが、2番手でレースを進めて4コーナーで先頭に立ってそのまま押し切り2着に1身1/4付け勝利

3歳を5戦5勝と傷の成績で終える事となった。

4歳

休養明けの4歳初戦はG1大阪杯へ直行する事となった。
このレースでは前年敗の三冠を達成したコントレイル、前年スプリント・マイルG1を3勝したグランアレグリアコントレイルの2着に甘んじたサリオスらが相手と、これまでとは違って一気に対戦相手のレベルが上がるレースに。初めてのG1、初めての55kgの斤量、強な相手が考慮されて、デビュー以来初めて1番人気より下の4番人気に控える事となった。

当日はが降り続いてが浮くような不良に近い重馬場レースは幕を開けた。スタート直後に川田バランスを崩しかける出遅れをするものの、二の足で先頭に立ち逃げる展開となる。馬場状態を考慮すれば前半1000mを59.8と速いペース逃げるが、直線大原ステークスと同じく荒れた内を避け、外に出すとコントレイルグランアレグリアが伸びあぐねる中レイパパレは逆に加速すると後続に差を付け、結局2着モズベッロに4身差を付ける圧勝劇となった。
このレース、重馬場とはいえGI逃げて上がり最速1位タイととんでもないパフォーマンスであった。

デビューから敗で古混合G1を制したのはファインモーションクリソベリルに次ぐ3頭、4歳になってから勝利したのはレイパパレが初めてという快挙を成し遂げた。また、この勝利デアリングタクトとの較が一気に加速する事となり、Twitterのトレンドに大阪杯に関係のないデアリングタクトが浮上するという出来事もあった。

大阪杯後は短期放牧に出され、G1宝塚記念に出走。前走負かしたコントレイルは疲労が取れず回避、デアリングタクト繋靭帯炎を発症してしまい、三冠馬との対決わなかったが、前年グランプリ連覇を達成したクロノジェネシスが1.8倍で一番人気、レイパパレは3.5倍の二番人気に支持された。

レースは同じ逃げユニコーンライオンに先頭を譲り二番手でレースを進める。中やや掛かり気味に見えたが、4コーナーで持ったままで並びかけるが、直線ではユニコーンライオンを中々交わすことが出来ないまま叩き合いになった所の外からマークしていたクロノジェネシスに一で交わされ突き放される。結局クロノジェネシスだけでなく、ユニコーンライオンにも差し返され、3着と初の敗北を喫する。

この敗北で7戦6勝となったが、高野氏は「体力がついてきて実にしていく分、柔軟性をそがないようにしていかないと。今後?結果を受けてオーナーサイドと相談していく」と今回の敗北を前向きに捉え、G1路線に向けてパワーアップを誓った。

そんな競馬凱旋門賞の登録もあったが、これを回避して内古G1路線へ。9月26日オールカマー(GII中山2200m)から11月14日エリザベス女王杯(GI阪神2200m)を標にすることがキャロットファームから発表された。

初戦のオールカマーでは2019年香港ヴァーズグローリーヴェイズ、同年のミモザ賞をワンツーフィニッシュで勝った日経賞ウインマリリンウインキートスらと対決レース団からロザムールの逃げマークする形でスタート。残り800m辺りから動いたグローリーヴェイズウインマリリンらと共に3コーナーを抜け直線へ。直線の攻防で春天5着、スタミナ自慢のウインマリリンスパートをかけるとそのままレイパパレを押し切り1着入線。そのままウインキートスも同を差し2着となり、同年2度ワンツーフィニッシュ。ゴール前でグローリーヴェイズにも差されレイパパレは4着となった。

11月は予定通りエリザベス女王杯へ。オールカマーで苦杯をめたウイン2頭へのリベンジに加え、クイーンSを勝った同期テルツェット、アパパネの忘れ物を取りに来る秋華賞アカイトリノムスメとの対戦が実現。上はアメリカ遠征で自隔離中の川田からルメールに乗り替わり、1番人気レースを迎えた。
4歳筆頭としての意地を見せたいレイパパレであったが、3・4番手で控えるも終始折り合いがつかず4コーナーまで引っかかり通し。4コーナーで先頭に立つも最後の直線では失速し、抵抗しく6着惨敗に終わった。2021年エリザベス女王杯は先述した4頭含め人気が総崩れで大荒れの様相を呈した。1着は10番人気の4歳アカイイトであった。

4歳時の締めくくりは12月、招待のあった香港国際競走香港カップ(GI2000m)。クリストフ・スミヨン上に迎えた。
レースではスタートで出遅れて行き足がつかず群に包まれてしまう。そのまま中団にてレースを進め、最後の直線では外に出すも大きく離されて見せ場のない6着敗退、連敗を止めることはできなかった。
1着はこのレースで今年海外GI3勝となったラヴズオンリーユー。レイパパレの4 3/4身先で引退レースを飾ったその背中にはかつての相棒川田将雅の姿があった。

敗で古混合GIを制覇した大阪杯から一転、4連敗となったレイパパレ。4歳時の成績は5戦1勝4敗で終わった。

5歳

2022年の始動戦は3月金鯱賞(GII)、2番人気レースを迎えた。上はオールカマー以来となる川田将雅ラヴズにNTRれた男が帰ってきた香港遠征のダメージが大きかった(NFしがらき・松本場長談)らしく、帰後は回復に努めていたとのこと。
レースではスタートから行き足がつき、折り合って四番手を追走するレイパパレ。驚異のレコードタイム逃げ切った1番人気ジャックドールは捕まえられなかったものの、昨年エリザベス女王杯で屈したアカイイトの追撃を抑え2着に入り、めてその実明した。
レース川田が「レースではよく慢出来ていて、久しぶりにこのらしい良い内容で走れたと思います」とコメントしている通り、逃げずに控えても折り合ってスムーズ競馬ができたこの金鯱賞はレイパパレにとって収穫のあるレースだったと言えるだろう。

次走は香港で行われるクイーンエリザベス2世カップ(GI2000m)が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の香港のみで開催されることが通達され遠征は中止となった。それを受けて3月15日大阪杯に出走するとキャロットクラブが発表した。

史上初の連覇をかけて臨んだ大阪杯、昨年の年度代表馬エフフォーリア金鯱賞レコード勝ちのジャックドールの2強から少し離れた3番人気レースを迎えた。
スタートから出足がついたレイパパレはハナするジャックドールアフリカンゴールドの後ろ3番手につける。前半1000m585とハイペースで流れる中、沈むジャックドールを残り200mで交わして先頭に躍り出たレイパパレ。エフフォーリアは伸びてこないし、これは連覇あるぞ――!と思わせたのも束の間、後ろから8番人気ポタジェゴール前で差し切られてしまった。しかし、ポタジェと共に来た7番人気アリーヴォは何とか踏んばりハナ差でいで2着入線となった。
あと一歩連覇に届かなかったレイパパレであったが(せめてもう少しだけ内だとか、馬場が渋ってくれれば……)2000mでは現役トップクラスの実明したと言って差し支えないだろう。慢できて折り合いもばっちりついていたし、番手に控えて引っかかりまくっていた昨年からよく成長したものである。営と、そして何よりレイパパレの努が実を結んだのだ。

次走は新馬戦1勝クラス以来となるマイル戦のヴィクトリアマイルに出走。芝とダート両方で距離としているソダシや、385日ぶりの復帰戦となる三冠デアリングタクトなど、レイパパレ含めGI5頭が集結した古によるの頂上決戦に挑んだ。
単勝4.1倍ながらも堂々の1番人気に支持されたレイパパレであったが、スタートでつんのめるように躓き出遅れてしまう。上の川田将雅はあわやしかけるも、すぐに体勢を立て直し先頭から3番手に付けうまくリカバリー。先頭集団でレースを進め、手ごたえ良く4を回ってきたのだが、直線に入るや否や突如尽きたかのようにあれよあれよと後退し続け、白毛アイドルホースソダシ麗な復活劇を果たした陰でひっそりと12着というこれまでにない大惨敗を喫してしまった。

レイパパレにとって初めての2桁着順となった2022年ヴィクトリアマイル高野調教師スタートでのアクシデントリズムがうまくとれなかったことを敗因の一つに挙げている。初の東京競馬場距離適性、レース間隔などの問題もあったのかもしれないが、その相は闇に包まれたままである。

レース後は北海道への放牧を挟み、毎日王冠から始動。上は引き続き川田
混戦模様のなか2番人気レースを迎えた。ゲートイン了、さあスタート……とはならず、発走前にゲートで隣のダノンザキッドが暴れてゲートを壊すアクシデントすまん川田はこっちなんだ。当の彼は外発走になった。

レースは前半1000m57.9でブッ飛ばすレッドベルオーブを見る形でレースを進めた。中3番手から2番手に押し上げたレイパパレは最後の直線に入ったところでレッドベルオーブに並びかけ、残り400mで彼を交わして先頭に立ち抜け出した……までは良かったが、残り200m地点を過ぎるとり切れず後続勢に差されて結果4着。またしても勝利はお預けとなった。
レース後右前脚に痛みが出ていたようで、ダノンザキッドが暴れたときの煽りを食らって自分の右前脚をトモ脚で蹴って痛めたかもしれないとキャロ公式異常所見を認めなかったのは幸いだが、なんとも不完全燃焼レースになってしまった。敗因については脚の痛み以外にも川田ハイペース番手追走が祟っただとか、高速時計の対応がとか、結局東京は合わないだとか、色々取り沙汰されていたようである。

11月2日、昨年参戦した香港際競争・香港カップの招待を受諾したとキャロ公式が発表。最終直線まで3番手でるが、あとは抜かれるばかり。終わってみれば9着となった。

キャロットクラブの規定により、である彼女は6歳3月引退期限であること、また右前肢のつなぎに腫れが生じており、痛みもあること(右前繋部浅屈腱炎で全治9ヶ以上と後に判明)から、引退と報道exitされた。12月21日をもってグローリーヴェイズサリオスジャンダルム(以上香港遠征組)およびシャドウディーヴァとともに競走馬登録を抹消exit。今後はとして、類まれなる競走ノーザンファームから伝えていくことだろう。

ウイニングチケットからのお祝い

曾祖であるウイニングチケットにとっては子孫初のG1優勝であり、彼を繋養するうらかわ優駿ビレッジAERUより、大阪杯優勝のお祝いコメントが寄せられた。ひ孫の活躍を見られるのも彼の長寿(2021年時点で31歳)あってこそである。

血統表

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
シェルレイ
2003 芦毛
FNo.3-l
*クロフネ
1998 芦毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
*ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
オイスターチケット
1998 鹿毛
ウイニングチケット *トニービン
パワフルレディ
ムラアリス トウショウボーイ
ヤマニサクラ
競走馬の4代血統表

クロス:5代内アウトブリード

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *ちなみに地方移籍後はオーナーズチエス名している。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/19(金) 09:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/19(金) 08:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP