レイヴンビーク単語

レイヴンビーク

2.1千文字の記事
掲示板をみる(146)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

レイヴンビークとは、ゲームメトロイドシリーズの登場キャラクターである。

ネタバレ注意 この項は、メトロイドシリーズの最新作「メトロイド ドレッド」のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

武闘民族マオキン族」の長であり、卓越した頭戦闘、そして強い野心を持つ鳥人族男性。右腕にサムス・アランの着用するパワードスーツと同じくアームキャノンを装備している。

メトロイドII』のリメイク作である『メトロイド サムスリターンズ』のおまけ要素「チョウゾメモリー」にて、アイテム収集率を100%にした際に解禁されるイラスト「2d/10」に描かれているのが彼。イラストについては当初は公式解説がなく、ファンによる考察られていた。

その後、『メトロイド ドレッド』にて、ミッションのために舞台である惑星ZDRを訪れたサムスの前に現れる。(ゲーム本編サムスと生きている鳥人族との邂逅はこの場面が初めてである)ほぼフル装備のサムスの攻撃が全く効かず、さらに高速移動によってサムスを捕らえるが、レイヴンビークがの言葉を発した後にサムスは気を失い、意識を取り戻した時にはのほとんどを失った状態となっていた。

その後サムスは新たに遭遇したソウハ族の鳥人族クワイエットローブ」の口からレイヴンビークの企みがられることになる。
レイヴンビークはSR388に放たれたメトロイドを封じ込める部隊にいたが、メトロイドを利用して野望を果たすために部隊の鳥人族を殺メトロイドコントロールできるソウハ族のクワイエットローブのみを生かして、メトロイドを回収する準備を整えるためにマオキン族のであるZDRに一旦戻った。ところがその際に兵士の一人がXに寄生、擬態されていたことが判明し、やがて兵士全員が寄生されてしまう。レイヴンビークはこれを一掃しXをZDRの深部に封じ込めるが、その間にSR388のメトロイドサムスによって駆逐されてしまい、やがてメトロイド宇宙から絶滅して野望が潰えたはずだった。
その後、どこからかサムスメトロイド遺伝子を持つ一の存在となったことを嗅ぎつけたレイヴンビークは、サムスをおびき寄せるためにXの映像データ銀河連邦に送り付ける。さらに銀河連邦から送り込まれたE.M.M.I.の1体を破壊し、残りのE.M.M.I.プログラムクワイエットローブによってサムスを追跡するようにを書き換えさせた。
そして作中冒頭でサムスを追い詰めながらも確保しなかった理由、それは戦いの中でメトロイドの本をより活性化させ、より強いメトロイドを手に入れるためにあえて放置していたのだった。

レイヴンビークはZDRの上に位置する要塞「イトラシュ」にて待ち構えており、アダムモノマネが見透かされたことに怒りながらサムスと相対する。本作の実質的なラスボスである。
形態ごとにサムスエイオンアビリティと同等のを使いこなすのが特徴。第一形態ではフェイズドリフトと同じ色のオーラを出した高速移動を駆使し攻撃してくる。アームキャノン叩きつける攻撃でメレーカウンターチャンスがあるが、一度カウンターを決めて一定ダメージを与えるとライトニングアーマーと同じく通常攻撃が効かなくなってしまう。
第二形態ではの下からなんとが現れ、対戦となる。中からビームバーストの如く連射しまくる。
第三形態ではサムスによって背中の片方が破られ、残ったも自ら剥ぎ取り再び地上戦となる。今までの動きに加えてフラッシュシフトまで使いこなす。これらは冒頭のムービーでも同じ動きをしており、他のボスと同じくムービーボス攻略ヒントとなっている。
総じて動き自体は速いものの合間の隙があるのでストームミサイルロックオンして一斉発射を狙うのも手。

戦いの最終局面、再びサムスを捕らえたレイヴンビークはサムスを殺し、クローンを生み出すことでメトロイドを手に入れようとする。

「HADAR SEN OLMEN」
こそが全てだ)

その時、サムスメトロイド限界以上に解放され、新たな姿「メトロイドスーツ」にその身を変えた。レイヴンビークはサムスに自身と要塞のエネルギーを吸収されてしまい要塞は墜落墜落直後にXに寄生され、ZDRで戦った大ボスをごちゃ混ぜにしたような姿「レイヴンビークX」となりサムスに襲い掛かるも、サムスハイパービームによってXごと消滅するという最期を迎えた。

なお、サムス移植された鳥人族遺伝子はレイヴンビークのものが使われているらしい描写があり、サムスを「」と呼ぶ場面もある。事実であればレイヴンビークはサムスにとってもう一人のともいうべき存在である。(漫画版『メトロイド』では、「グレイヴォイス」という鳥人族遺伝子が使われているが、作中ではソウハ族とマオキン族の遺伝子移植されたようであり、ソウハ族であるグレイヴォイスマオキン族のレイヴンビーク両者の遺伝子が混在している可性がある。)

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/07(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/07(火) 18:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP