今注目のニュース
ケンコバ「テレビ番組の忘年会も減ってきた」進むビジネスパーソンの“忘年会離れ”、理想の飲み会の姿とは
天木じゅん、ビキニの「天地返し」写真に反響 じつは懐かしの…
人類は「不安・うつ症状」を抱きやすいように進化してきたのかもしれない

レオナ・ハイデルン単語

レオナハイデルン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

レオナ・ハイデルンとは、SNK格闘ゲームTHE KING OF FIGHTERS(以下KOF)」シリーズの登場キャラクターである。

KOF96」で初登場。以後、KOF本編では「KOF XI」の欠場を除いて皆勤(XIストーリー中には登場)、「KOF MAXIMUM IMPACTシリーズなどいくつかのシリーズ外作品にも登場する。また、アクションゲームメタルスラッグ」や「怒」の一部、そして恋愛シミュレーションゲームDays of Memoriesシリーズにもヒロインとして登場。

声優弓雅枝KOF96KOFXIII)、吉田聖子KOFXIV

プロフィール

概要

幼い頃より、義ハイデルンから軍人としての訓練を受けた十代後半(初登場時で17~18とされる)の少女ハイデルン率いる傭兵部隊に所属しており、「KOF96」で作戦全体の揮を取るため実働部隊を離れた彼に代わり怒チームに参加する。その後はKOFに参戦する場合常に怒チームの一員。

前述した通り軍人として底した訓練を受けており、その方面のは極めて高い。これはKOFという格闘大会における素手での戦闘でも同様であり、師ハイデルンと同じく切れ味鋭い手などを使いこなしている。ちなみに、公式プロフィールによれば彼女戦闘技術は「マーシャルアーツハイデルン流暗殺術」である。

人格面でもその若さに似合わず軍人然としており、任務に忠実であることを第一義としている節がある。基本的には無口無表情想の一言。

背景

KOF96」当初の彼女はある時点より過去の記憶を失っており、これは「両親をの前で殺された」からだとされている。その後、身寄りのない彼女を引き取ったのがハイデルンであり、レオナ本人の希望もあって軍人となったのだ、と。

――以上は真実ではなく、結論からいうなら両親を殺したのは彼女自身である。

本人も知らなかった事実として、彼女ガイデルは、オロチの血を継き「八傑集」となるべき宿命を背負っていた。しかし、彼は(覚醒が中途半端であったこともあり)自らの宿命を否定したため、同じ八傑集として既に覚醒していたゲーニッツをつけたのが、レオナだったのだ。ゲーニッツによって理矢理オロチの血の覚醒を促された彼女暴走し、ついには両親の殺という事に及んでしまう。そのトラウマから記憶を封印した――というのが真実であり、その後ガイデルの知己だったハイデルン彼女を引き取り今に至るということなのだ。

オロチの復活を描いた「KOF97」において、自らの血の宿命と過去すべてを知った彼女は、自裁によってその呪われた生涯を絶とうとする。しかし、それを止めたのは後述する仲間たちであった。いまはもうひとりではなく、「帰る場所」がある――そのことに気づいた彼女には、わずかな笑みが浮かんでいた。

その後は軍人として及び怒チームの一員として順調に任務をこなすこととなる。その表情や言動には、劇的ではないが少しずつ柔らかさが生まれつつあり、前述したオロチの血やそこから生まれるに関しても、制御しながらそれに頼ることなく、要はうまく付き合う術を身につけたのだ。

が、「KOF2003」においてとある事情でオロチが表にでるようになると、エンディングで再び血の暴走状態へと陥ってしまう。その場ではかろうじて仲間たちに止められたものの、かくある事情から「KOF XI」は不参戦となった。シナリオ上直接的な次回作となる「KOF XIII」で、彼女は自らの意思でKOFへの参戦を志願、一度はしたはずの自らの呪われた過去と宿命に向き合う覚悟を決めたのだった。

人間関係

ハイデルンとは養/養女の関係。その格闘術を受け継いでいる他、ハイデルン自身は「KOF96」で自らの代わりにレオナを配置するなど、優秀と評価できる部下/従すべき上官という関係性がまず成立しているようである。が、同時に後述したように「KOF2003」のおいて彼女の意思を尊重もしているようであり、要はそこに信頼関係があるのだ、という言い回しが適切であろうか。

同じ怒チームの一員であるラルフ・ジョーンズクラーク・スティルとは、当初唐突だったチーム編成もあってお世辞にも信頼関係があるとは言えなかったが、時を重ねるごとに「チーム」としての意識を高めていった。特に「KOF97」において自らの過去と向き合い絶望に陥った彼女を救ったのは、紛れもなくふたりの言葉である(ちなみに「血や宿命に縛られるな」というふたりの言葉を、ガイデルもかつて彼女にかけていたらしい)。レオナが笑みを浮かべるようになってきたなど、人間的な部分を取り戻しつつあるのも、彼らの影が強い。

特にラルフとは、「KOF97エンディングで彼のトレードマークであるバンダナを貰うなどの描写から、深い関係を推測されることもしばしば。ただしスタッフ公式見解で否定はされているらしいが、非常に人気の高いカップリングではある。とはいっても、アラフォーおっさんと10代の少女だしね。

ヤミノナカオロチノチニメザメルレオナ

前述したとおり彼女オロチの血を引いており、それがしばしば暴走覚醒する。見出しは「KOF97」において暴走した彼女の正式名称であり、別キャラクタとして作成され、中ボスとして登場した他プレイアブルキャラクタとしても使用もできた。通称「覚醒レオナ」や「暴走レオナ」。

外見的にはくなり、じみた動きや奇を上げるようになる。ゲーム的には全体としてスピードが上がることが多い。

オロチの封印以降はある程度制御出来るようになっており、特に強い技を使うときにくなる演出がある。本人く「は制御出来るけど、それに頼るつもりはい」。KOF2002」においては自らの意思で「覚醒」することができ(これは彼女が血のを制御できている時の話であり「暴走」ではない)、「KOF XIII」ではオロチの影下にも関わらずくなった状態で普通に喋っている。

性能

高い機動中技の性を用い、けん制から飛び込み揺さぶって離脱して~というキャラ必殺技のいくつかはタメ技であり、対及び連続技に使える「ムーンスラッシャー」、隙はあるものの持続が長くある程度の距離から設置的に使える「ボルテクランチャー」、そしてほぼ毎回使い勝手のよい中からの突進技&ロック技「Vスラッシャー」などが軸であろうか。特に爆発的な破壊があったり、相手に何もさせない制圧があったりはしないので、機動を生かして継続的に相手の体を削ってゆく戦術を要される。シリーズごとに技の構成や使い勝手は僅かに追加される/変わるものの、大幅には変化せず同じ感覚で動かせる。

キャラランク的には、総括して絶望的に弱かったことはないが、最上位であったこともほぼなく、まさしく中堅という感じであろうか。

元ネタのある技の数々

アイスラッシャー アイスラッガー(ウルトラセブン に隠した仕込みブーメラン。戻ってくるまで動作不能で使いにくい。
イヤリング爆弾 モモレンジャー(秘密戦隊ゴレンジャー アイスラッシャーと入れ替わりで導入された飛び道具
イヤリング爆弾2・ハートアタック シアーハートアタック吉良吉影 「負けて終わり(バイツァダスト)」
Vスラッシャー 天空Vの字り(超電磁マシーン ボルテスⅤ MAX版はグイっとを返す再現追加。爆発もV→Ⅴになる。
ボルスパーク リボルケイン仮面ライダーBLACK RX から一欠まで再現
ラビティストーム 重力ストームUFOロボ グレンダイザー 確かに「反重力」っぽい動きだが、名称以外の共通点はい(元ネタは胸からビームを出す技)。
グレイトフルデッド グレイトフルデッド(プロシュート兄貴 頭を掴んで老化させるダメージを与える技。電車ステージで使おう。ハイデルンファイナルブリンガーに似ているが回復はしない。
デッドエンドインフェルノ マッスルインフェルノ(キン肉マンゼブラ 相手に乗ってにぶつける技。実は昔ハイデルンも使ってた。
レオナブレード レーザーブレード宇宙刑事シリーズ
レーザーアーム(超人機メタルダー
で繰り出すのでメタルダー要素も含む。

余談

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 17ななしのよっしん

    2018/09/15(土) 08:44:02 ID: MPbYyuURwT

    >>16
    これはずるいわw

  • 18ななしのよっしん

    2018/09/16(日) 04:55:09 ID: f91wudm4eb

    >>14
    酔拳の化子を初めて見たとき、あぁ鎮元斎もパクリキャラだったんやなと気付いたわ。

  • 19ななしのよっしん

    2019/05/22(水) 01:04:18 ID: gHPQ4UFhXN

    KOF 96 だったか 97 だったか。
    いおりん使いには八稚女を対に使う人が結構居てね。
    ・ 残り体リード → 待ち & 小技で牽制 & 割り込みor対の八稚女
    なんてされると、なかなか崩せなかった。

    そこでレオナ投入。
    飛び道具を苦し紛れっぽく出したりヒット&アウェイを繰り返して、「追い詰められてる」感を演出。
    その後不意に飛び込むと、いおりんが待ってましたとばかりに八稚女出してくる。
    で、そのまま大P(ジャンプ大P)。
    実は八稚女を一方的に潰すことができる通常技で、最悪でも相打ち(ダメージはこちらがかなり有利)。
    ゲージ MAX で使って逆転なんかすると、とても気持ちよかった。
    レオナ使いがあまり多くないせいか警されることもく、
    2〜3 回だけど筐体の向こうで驚いてくれるのが分かって、それも面かったな。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP