今注目のニュース
ゲーマーが注目するアニメが発表!第2位は『ワンパンマン』、第1位は?
「先生を辞めさせないで」生徒9割が署名、雇い止めされた教員らが撤回求め学校を提訴
明坂聡美「歩きたばこやめて」呼びかけ 喘息持ちのため「本当に辛い。通り過ぎようとして火傷した事もある」

レオ・ドリーブ単語

レオドリーブ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レオ・ドリーブ1836~1891)とは、クラシック音楽に属する作曲であり「フランスバレエ音楽の父」と呼ばれる人物である。

概要

フランス現在サルト県に位置するサン・ジェルマン・デュ・ヴァルに生まれる。郵便配達員の父親と優れたアマチュア音楽家母親の間に生まれたドリーブは、パリ音楽入学し、アドルフアダンに学んだ。彼は楽を学んだがオルガン奏者としての才を開させ、1853年にはピエール・ド・シャイヨ教会オルガン奏者を務めた。

そして時代は第二政期、ナポレオン三世のためにカンタータ「アルジェ」を作曲したことが彼を注の的にしたのだ。さらにレオンミンクスとの合作で作ったバレエ」が彼をバレエへといざなう。彼はほぼ毎年のようにオペラコミック座のためのオペレッタなどの喜劇を作曲していったが、1870年のバレエコッペリア」、1876年の同じくバレエシルヴィア」の大成功によってついにの名を勝ち得たのである。

今日ではあまり知られていない作曲だが、チャイコフスキーなどにはブラームスよりも評価されており、彼やサン・サーンスドビュッシーといった人々に影を与えている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/05/23(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/23(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP