今注目のニュース
「荒野行動」の配信・開発停止求める裁判が和解で決着 ただし和解条件については明かされず
正社員不足が深刻な業界1位「情報サービス」、2位「農・林・水産」――「新しい仕事が発生してもSEがいない状況」という声も
「ネット犯罪、自分は遭わない」未成年の大半 「自撮り送って」経験の女子高生は7%

レッツゴージャスティーン!単語

レッツゴージャスティーン

掲示板をみる(182)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レッツゴージャスティーン!とは、逆転フラグである。

概要

格闘ゲーム動画で時々見る事がある台詞

元はストリートファイターIIIの日大会準決勝において、著名な日本人プレイヤーウメハラ氏と、ジャスティン・ウォン氏の対戦で生まれた。多分実況の人(海外の方)の台詞である。

解説

この対戦においてウメハラ氏(ケン)はライフが残り1ドットと言う状況に陥り、
弱攻撃一発はおろか、「必殺技ガードした時点で削りダメージで死ぬ」と言う状況だった。

そこでジャスティン氏(春麗)は、トドメとばかりに連続攻撃系のスーパーアーツ扇を放ち、一気に削りで勝負を決めようとする。それを見た実況が叫んだのが「レッツゴージャスティーン!」(意味合いとしては「行け、ジャスティン!」くらいか)

しかし、これを読んでいたウメハラ氏、扇を全段ブロッキングして防ぎ切り
さらにスーパーアーツである疾風脚を絡めたコンボ叩き込み、劇的な逆転勝利を収めたのである。

ブロッキングについて / 背水の逆転劇

ロッキングとはストIIIの根幹を成す攻防一体のシステムであり、相手の打撃が当たる直前にバーを前か下に一度だけ入することで打撃を捌き、「自身のSAゲージ増加」「(削り)ダメージ効化」「相手の技の本来の硬直を視して即時に行動(反撃)できる」というものである。(中可)

ロッキングには成立条件が設定されており、地上ではレバーを前か下に入れてから6~10フレーム0.1~0.16)以内に相手の打撃が自分に当たっていなければ成立しない。
また、基本的に上段・中段属性の打撃に対しては前方向のブロッキング、下段属性の打撃に対しては下方向のブロッキングを行わなければならない。(両方向で対応できる打撃も存在する)
バーを前か下に入れるという操作上、ガードを解かなければブロッキングをすることはできず、成立条件を満たさなかった場合は防備となり、一定時間(23フレーム:0.38)同一方向にブロッキング不能になる。
つまり、ロッキングに失敗すれば逆に隙が生じ、ほぼ確実にダメージを食らうことになってしまうのである。(状況によって失敗時のリスクは変動する)

この背水の逆転劇においては、扇の打撃の全17段の内、1~16段を連続で前ブロッキングし(実際のブロッキング回数は14)、17を垂直ジャンプから中ブロッキングした後、ジャンプ強K→しゃがみ中K→中昇龍拳(1段SC)→疾風脚の最大コンボで反撃して勝利を収めている。
熟練プレイヤーであれば、扇の初段をブロッキングしてしまえば、残りの攻撃を全てブロッキングで受け流すことはさほど難しくないと言われている……
が、扇をブロッキングするためには画面暗転直前に先読みで入するか、画面暗転直後に1~2Fの猶予で入する必要があるので、全に読み勝つか、絶妙のタイミングでブロッキングを入しなければならない。
ジャスティン氏もそれを踏まえ、扇を出すまでに「通常技やリープアタック空振りする」「前後に細かく動いて間合い調節を狙っている(ように見せかける)」などのフェイントを混ぜ、相手を細かく揺さぶっておいてから、ぶっぱなしている)

この最高難度の駆け引きと正確なレバーを「世界レベルの大会の準決勝」「異の地でウメハラにとってはアウェイ」という緊の中で、しかも「ほぼ負けが確定した」と思われる状況で「的確にブロッキングを決め、かつ最大反撃できっちり倒しきる」、さらに多数の外国人ギャラリーの注が集まる中という大きなプレッシャーがかかる状況で、一度の失敗も許されないこの難局を打開した。
もが逆転など予想しなかっただけに、その1回のプレイでアウェイの観客の大半をも一で魅了させたが、観客が大奮してる最中、ウメハラジャスティンだけは何事もかった様に次の対戦に向けて淡々とキャラクターセレクトしていた。
後日、梅原はこのときの状況を「まぁ、盛り上がってよかったね、という感じかな」とっている。この事実は、世界レベルで凄まじいインパクトを与え、ウメハラの名前を一躍世界に知らしめたのである。

なお「背水の逆転劇」という名称はあくまで通称であり、メディアアップロードサイトpya!」において二次配布されたときに投稿者が「背水の逆転劇」と名付けて投稿し、この名が広まった。後の『Xmania7』のDVDインタビューで「背水の逆転劇」に対する質問に梅原は、ジャスティンの止めの「扇」を「アレミスみたいなもんだから」とコメントしている。

なお2011年に発売された3rd strike Online Editionでは、ブロッキングトライアルモードにおいて「あの間をもう一度」というタイトルでこの場面の再現が最後の課題として取り上げられている。

また、2016年には「最も視聴されたビデオゲームの試合」として当該試合がギネス・ワールド・レコーズに登録された。世界でのべ500万回以上閲覧されているという。

ニコニコ動画での扱い

上記で説明した劇的な逆転劇を思い出させるような「見事なブロッキングで敵の攻撃を防ぐ」シーンにおいて、「レッツゴージャスティーン!」と言うコメントが付けられる事がある。
(特に連続攻撃を全てブロッキングで防いで反撃を叩き込んだりするとポイントが高い)

また、ブロッキングと似たような特殊ガードシステム(ジャストディフェンス。スラッシュバック)を持つゲームであると、この台詞が付けられる事がある。ついでにウメハラwwwといったコメも見る事が出来るだろう。

関連動画

高画質

レッツゴージャスティーン!が生まれたシーン。劇的な逆転に会場は大奮に包まれた。
のだが。

こちらがその試合も含む全試合内容。
試合内容もそうだが、良く見るとウメハラケンバーから手離してるっぽいケンの動きが停止し、奇妙なタイミングで観客が盛り上がっている)場面があったり……?
こうした事から「実は奇跡の大逆転などではなく、ウメハラ氏が緻密に計算した一種のエンターテイメントだった」というもある。………アメリカまで行ってやってる日大会なのに。

なお、一戦ウメハラが操作するケンが行った「かかって来な!」という挑発っぽい行動は、
PA(パーソナルアクション)というシステムのひとつで、次の特定行動のパワーアップが行われる効果がある。(ケンの場合は「次に出す技の威を底上げする」という効果)
しかし、モーションがまんま挑発(実際に挑発的に使われることもあるが)なので、3rdをよく知らない動画視聴者には「挑発的なプレイ」と誤解されることが非常に多い。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/25(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/25(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP