レッドルゼル 単語

13件

レッドルゼル

4.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レッドルゼルRed le Zele)とは、2016年生まれ日本競走馬鹿毛

ドバイゴールデンシャヒーン2年連続2着など、ダート距離で後方からの強な末脚で活躍した。

な勝ち
2021年JBCスプリント(JpnI)根岸ステークス(GIII)
2022年東京盃(JpnII)

概要

ロードカナロアフレンチノワール*フレンチデピュティという血統。
は歴代最強距離の一頭であり種牡馬としても絶賛大活躍中の世界龍王ダートを走って26戦4勝。日本種牡馬として大成したアメリカからの輸入種牡馬

ロードカナロア産駒は芝の活躍が中心でダート重賞は本の他にはバーナードループ(2020年兵庫CS)がいる程度だが、*フレンチデピュティ産駒クロフネノボジャックサウンドトゥルーがおり、としてもゴールドドリームマルシュロレーヌを輩出している。の短距離でのスピード系の特性が加わった、ロードカナロア産駒らしいと言えるだろう。

2016年3月25日千歳市の社台ファームで誕生。オーナーと同じ一口馬主クラブ東京ホースレーシング。1口5万円×400口(=2000万円)で募集された。

名の意味は「冠名フランス語で『熱望』」。

赤い熱望

2歳~4歳(2018年~2020年)

東の安田行厩舎に入厩し、2018年9月新馬戦(阪神・芝1400m)で北村友一上にデビュー。単勝1.4倍の1番人気に支持されたが3着。すぐ未勝利戦に挑む予定だったが台風が来たので馬場の悪化を嫌って回避、11月京都ダート1400mの未勝利戦を大差圧勝し、以降はダート戦線を進むことになる。

明けて3歳、500万下4月の2戦で勝ち抜けると、端午ステークス(OP)に挑んだが7着。ゆっくり半年休んで自己条件に戻り、10月三峰山特別(2勝クラス)をあっさり勝ち抜けるが、続くステークス、明けて4歳初戦の門松ステークス3勝クラスは2戦連続2着に終わる。

続いて蹄Sでは北村騎乗停止になったためオイシンマーフィーに乗り替わる予定だったが除外になってしまい、1週間後の橿原ステークスに出走。北村騎乗停止は解けていたがそのまま降となって川田将雅に乗り替わり、ここをあっさり勝利してオープンに昇格した。以降は、基本的に川田が手綱を取ることとなる。

オープン昇格初戦、4月コーラルステークス(L)も好位から抜け出しサクッと勝利。続く6月天保山ステークス(OP)上が北村に戻ったが先行したサヴィを差し切れず2着。7月プロキオンステークス(GIII)重賞初挑戦、上も川田に戻って1番人気に推されたが直線で伸びず8着と走に終わった。

気を取り直して休み明け、10月室町ステークス(OP)は外からリュウノユキナを差し切りクビ差勝利オープン2勝。これ以前は先行抜け出しのレースが多かったが、このレース以降は中団後方から追い込むのがレーススタイルとなる。
続いて12月カペラステークス(GIII)に1番人気で挑んだが、大外から追い込んだもののジャスティンにクビ差届かず2着、重賞勝利はお預けとなって4歳シーズンを終えた。

5歳(2021年)

明けて2021年5歳シーズンフェブラリーステークスして1月根岸ステークス(GIII)で始動。中団後方からレースを進め、直線に入っても群に埋もれていたが、残り200mで進路を確保すると一気に群を突破、外から追い込んできたワンダーリーデルをアタマいで1着でゴール重賞勝利を挙げた。ロードカナロア産駒としてもJRAダート重賞勝利である。

根岸S勝利で優先出走権を獲得したこともあり、予定通り2月フェブラリーステークス(GI)へ。GI初挑戦、ついでに1600mも初挑戦ながら3番人気に支持される。いつも通り中団後方から進め、上がり2位タイの末脚で追い込んだが上位3頭には届かず4着。とはいえマイルでも戦えるがあることを示した。

続いてはドバイ遠征を敢行し、3月ドバイゴールデンシャヒーン(GI)へ。上はライアン・ムーア。中団後方から猛然と追い込んだが、最低人気Zendenの、文字通りの意味でその命を燃やし尽くした走(入線直後に左前脚を複雑骨折予後不良)の前に3身以上離された2着。とはいえ2着は同レースでは2019年のマテラスカイと並ぶ日本最高成績の大健闘であった。

場が苦手なこともあって帰後はゆっくり休養し、11月JBCスプリント標に10月大井東京盃(JpnII)で復帰。外から上がり最速で追い込んだものの届かず3着。

そして本番の金沢JBCスプリント(JpnI)。いつもよりやや前の5~6番手でレースを進め、4コーナーで敢えての深い最内を強襲、完璧コーナーリング逃げモズスーパーフレアを捕らえると、そのまま直線で一気に突き放し、従来のコースレコードを18更新する1:24.6のタイムで3身差の圧勝。上の川田テオレーマで勝ったJBCレディスクラシックから2連勝を達成した。

6歳(2022年)

6歳となる2022年フェブラリーステークス(GI)から始動。テーオーケインズチュウワウィザードが不在の混戦模様、前年の覇者カフェファラオがその後走を続けていたこともあり、カフェファラオを抑えて1番人気に支持される。
レースは中団から進め先行組を追いかけたが、高速馬場で前残りの展開もあってか末脚を発揮しきれず追い込みきれないまま6着に敗れた。

続いては前年2着に敗れたドバイゴールデンシャヒーン(GI)川田将雅も遠征して昨年のリベンジを狙ったが、後方から大外を猛然と追い込んだものの先に抜け出したSwitzerlandには届かず2年連続の2着。

後は前年同様にゆっくり半年以上休み、東京盃(JpnII)から始動。1頭だけ2kg重い58kgだし、負けた前年と同様に休養明けの叩きでは?と若干不安視されつつも、オーロラテソーロ、テイエムサウスダン人気を分け合う形で2.8倍の1番人気レースはいつも通り8頭立ての7番手という後方から進め、直線で抜け出したテイエムサウスダンを大外から々とかわして勝。3日前の凱旋門賞から帰したばかりの川田とともに、JBCスプリント連覇へ視界良好という感じであった。……のだが。

連覇をして乗りこんだ盛岡JBCスプリント(JpnI)。後方からの追い込み武器なのに11番の最内というがどうかと若干の懸念がありつつも、単勝2.2倍の1番人気に支持された。
ところがレース前に気合いが入りすぎてゲート内で気持ちが切れたらしく、スタートで出遅れた上に脚を滑らせて最後方からになってしまう。いくら追い込み武器でも、1200mのスプリント戦でこの出遅れは致命的だった。直線で最後方から大外を断然の上がり最速で追い込んだものの、鮮やかに逃げ切ったダンシングプリンスには届くべくもなく、4身近く離されて4着に敗れた。

7歳~8歳(2023年~2024年)

7歳となる2023年リヤドダートスプリントの招待を受けていたが辞退し、フェブラリーステークス(GI)から始動した。実勢勢がほとんど海外に行ったため、人気を分け合うレモンポップドライスタウトから離された9.0倍の3番人気
レースはいつも通り、後ろに居るのは大出遅れしたメイショウハリオだけの最後方から。直線で猛然と上がり最速で追い込んだものの、先行勢から抜け出したレモンポップとの差は詰まらず、1身半差で2着。

三度目の正直したドバイゴールデンシャヒーン(GI)では最後方から最内を突いて追い込んだが、見せ場を作るには至らず6着に終わった。

後は例によって長めに休み、川田将雅アメリカに行ったため横山典弘を迎えてJBCスプリントへ直行……の予定だったが、負けで体調が整わず念の回避。1週間後の武蔵野ステークス(GIII)ノリさんと向かい、例によって最後方からのスタートを徐々に押し上げていくと、直線では大外を追い込み、勝ったドライスタウトにはどう足掻いても届きそうになかったが3着を確保した。

明けて8歳の2024年も現役続行、久々北村友一を迎え、4年連続のフェブラリーステークス(GI)へ。ハイペースの流れを例によって最後方から進め、大外を追い込んだものの見せ場を作るには至らず6着。

レース後、歩様の乱れがあり検したところ、右前脚の種子靱帯腱鞘炎を起こしており、一部の腱は石灰化の症状も見られ、復帰には時間がかかるということで、年齢ありここで現役引退となった。通算27戦9勝 [9-8-3-7]。

引退後はイーストスタッドで種牡馬入りする。ロードカナロアの後継種牡馬2024年現在は芝ばかりで、ダートでは初のカナロア後継になる。地方向けのカナロア後継として活躍を期待したい。

血統表

ロードカナロア
2008 鹿毛
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
レディブラサム
1996 鹿毛
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
*サラトガデュー Cormorant
Super Luna
フレンチノワール
2005 鹿毛
FNo.1-s
*フレンチデピュティ
1992 栗毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
パープルホワイト
1996 鹿毛
フジキセキ *サンデーサイレンス
*ミルレーサー
*カノープス Theatrical
Heather Bee

クロスNorthern Dancer 5×5(6.25%)、Nureyev 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
東方MMD[単語]

提供: てるてる

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP