レンタカー単語

レンタカー

5.2千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

レンタカーとは、有償で貸し出された自動車、および自動車を有償で貸しその代価を受け取る事業である。
当項では、近年増えつつある「カーシェアリング」や、有償で貸し出される各種モビリティ(レンタルバイク・レンタサイクル等)についても触れることとする。 

概要

道路運送法第80条ではレンタカー事業は「自自動車有償貸渡業」と称され、国土交通省の運輸支局の許可を得なければレンタカーおよび125ccのレンタルバイクの事業を行うことは出来ない。
ただし125cc未満のバイク自転車の場合は許可申請は不要で事業を開始可
日本では、レンタカー登録ナンバープレートひらがな部分は必ず「わ」となる(普通自動車以上のクラスだと「れ」、レンタルバイクだと「ろ」も存在する)。 

車両

下は軽自動車から上は大トラックマイクロバスまでとなっている。バス系は全長7m・30人以上をえる車両のレンタカー使用は禁止されているため、いわゆる9mの中バスや12mの大バスのレンタカーは存在しない。但し、運転免許試験場においてある大二種免許の技試験に使われる11m車両自動車を有償で貸し出して、で走らせる」部分がレンタカーの要件と合致しており、特殊自動車(8ナンバー)とすることで前記の規制を回避している

採用車両

メーカー系の場合、そのメーカーラインナップされる種が採用され、トヨタレンタカーなのに日産車両を導入されるということは基本的にはない。但し、実際のところはラインナップにない車両に関しては系列や提携先の車両を導入することが多い。例えばトヨタレンタカーは地場のディーラー会社であるケースが多く、その会社がトヨタ以外のディーラーを持っている場合、その繋がりでフォルクスワーゲンであったり、スズキを採用するなどのケースがみられる。

独立系はそうした縛りがないのであちこちのメーカーを採用する。

グレード・装備など

レンタカーとして採用される車両は総じて低グレードのものが多く、上級グレードの採用は多くない。但し、中古車両を購入してレンタカーとした場合はその限りではない。

排気量は当該種のグレードに2種類以上のエンジンがある場合、低いほうが採用されることが多く、高い排気量の場合はクラスが上がることがある。ギアスポーツカークラストラック以外はほぼ99%オートマであり、マニュアル皆無に等しい。トラックにあっても2トン程度であればオートマを採用するケースが増えている。

レンタカー専用のグレードはほぼ存在していないが、トヨタ・コースターにはレンタカーパッケージの名称のパッケージが存在し、海外ではフォード・マスタングハーツレンタカー向けにシェルビーマスタングGT350Hを販売した。

カーナビETC乗用車系ではほぼ標準装備であるが、カーナビについてはトラックや格安レンタカーでは装備されていないケースがある。

塗装は事業者によってまちまちで一概には言えないが、ビジネス客が多かったり台数口の多いレンタカー会社では手な色を避ける・管理の負担軽減などの為にシルバーと言った色を好む傾向がある。トラック系では荷台やアルミ部分に会社名をカッティングテープでケースがある。また乗用車では非常に数は少ないのだが黄色のような立つ色に社名を入れているケースもあり、この場合は値段もお安くなっている。

法令点検・車検

一般の自動車と異なり、乗用車や2トントラックなどの場合は初年度2年の後は1年車検となる。バスや大トラック中古で入れたレンタカーは初年度から1年車検である。軽自動車は乗用・商用に関係なく初年度・継続は2年である。

法令点検もその用途上、短い期間のものとなっている。乗用車軽自動車は6カ点検であるが、貨物バスは3カ点検となっている。

走行距離・寿命

走行距離エリア種で大きく異なるのだが、例えばヤリスマーチと言った回転の速いの場合、年間の走行距離が1万キロ以上はざらにあり、ハイブリッド車季におけるスタッドレスといった台数に限りのある車両人気種の場合は年間2~3万キロにまで行くケースが少なくない。この数字メーカーにおけるシビアコンディションにあたる。逆に福車両など、用途が限られる車両は走行距離が伸びない傾向にある。

登録からまでの期間は種や用途によって著しく差があるが、ヤリスマーチなどは概ね3~4年で入れ替えられるケースが多い。最短の場合は初年度の車検を通して、次回の車検を待たずしてとする。逆にマイクロバスと言った導入費用が高額かつ稼働率の良くない車両は10年近く稼働することもある。なおと言っても、あくまでレンタカーとしての用途止であり、後は系列の中古販売店に卸したり、オークションにかけるなどする。また、季や季と言った繁忙期にあたる時期に大量にレンタカーを導入して、2か程度稼働したのちに閑散期に入ったところでとして系列の中古販売店で販売するケースもある。なお、いずれのケースにあってもレンタカーで使用した事を明記することが義務付けられている。

日本の主な事業者・系列

があるものはカーシェアリングも兼業。◆はカーシェアリング"専業"。

リンクと書かれた部分を押すとその事業者の公式HPに飛びます。

自動車メーカー傘下

基本的にはその自動車メーカー種をメインに扱う。そのメーカーが手がけないカテゴリ車両に関してはライバルメーカー種をやむを得ず扱っている。

鉄道系

鉄道会社およびそのグループが事業展開。周辺に営業拠点を構えていることが多い。鉄道利用とのセットで割引を行うことがある。

独立系

上記2つに当てはまらないグループメーカー問わず扱っているので車両バリエーションが豊富。

格安系

ここ最近増加している業態。他業種(どがガソリンスタンド、中には広島県の「フタバ図書グループ」という本屋が参画していたりする)の副業フランチャイズで、車両をかなり過走行気味な中古にし、整備をスタンド敷地内のピットで自前ですることによって安価提供している。種のバリエーションの少なさ、内装のボロさ、体の傷等は気にしてはいけない。

かつて存在した企業・ブランド

レンタカーとカーシェアリングの違いとは?

レンタカー

カーシェアリング

関連動画

 

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/01(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/01(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP