レーゼルドーンの開拓者たち単語

レーゼルドーンノカイタクシャタチ

1.5万文字の記事
掲示板をみる(537)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

\ 史上最大 /レーゼルドーンの開拓者たち by ID: iNjPlMs+PX レーゼルドーンの開拓者たちスレ#221

(*´ω`*)

   ∩(>ヮ<)qレーゼルど~~ん!


レーゼルドーンの開拓者たちとは。
開拓流行れPによるソード・ワールド2.0を題材とした世紀末開拓卓である。

殺意の高いGM双海真美が6人のプレイヤー萩原雪歩水瀬伊織秋月涼双海亜美菊地真水谷絵理)に対してハウスルール満載のソード・ワールド2.0キャンペーン提供している。

概要

レーゼルドーン大陸では、が人族によって解放され。
エイギア地方の開拓が急速に進んでいた。

しかし、そこは流石に開拓地と呼ばれる場所。
蛮族による襲撃につぐ襲撃、荒れ狂うモヒカン、物価の大混乱の組織による暗躍の……この地に住む人々に安らぎという言葉は存在しない────かと思われた。

これは、そんなレーゼルドーン大陸の世紀を舞台に繰りげられる冒険者救世主たちの物語である。

開拓民として開拓地に来た冒険者がPCたちであるが、その余り聖人っぷりと単位での過密行動から起こる偉業の数々は「都市伝説」「それはや」「ねーよ」などのが各地から多数聞こえてくるほど。
まさに者の行進である。

リアルアイドルたちも、PLとGMによる和やかなガチプレイを満喫し。
GM真美)の提供するヌルゲー(笑)を楽しんでいる。
その様は(手に握る的な意味で)視聴者にとって、とても心温まるものである。

ぶっちゃけると明らかな上級者卓であり、マンチ気味のプレイをしないとあっさり全滅する程度のバランスである。
通常脳筋要員である日高愛天海春香が参加していないあたりでそのあたりはお察し下さい。


全盛期の冒険者伝説(反転表示)

ネタバレ注意 この項は、ゆるくネタバレ成分を含んでいます。
気にされる方はこちらクリックしてください。

・1ラウンド6連撃は当たり前、1ラウンド12連撃も(多分)
・わずか6人の駆け出し冒険者相手なら大丈夫だろうと9体の多部位モンスターを突撃させたら撃退された
・その3週間後には6体のデュラハンが近寄ることさえ出来ずに壊滅した
・さらに1週間後にはを襲ったアイスワイバーンレブナント3体が「全略で」退治された。
・村の襲撃から戻ったのにやけに静かだと探索してみたらお頭たちの遺体が散らばっていた
・あまりにも救済しすぎるから、護衛依頼者とそのまでも襲撃してくる。
・その護衛依頼者も撃退。更にまで燃やしたのに依頼は達成する。
・移動のすぎて、2台繋がっているように見える。
・開拓地の街道で猛スピードで移動する音楽が聞こえたら救われる。
・グッとガッツポーズ>∩(・ω・)∩<しただけでワイバーン2頭が墜落死した。
距離拡大もないプリーストが攻撃、というか距離30m以内なら確実にドランクされる。
・村長を一睨みしただけでを譲渡する相談を持ちかけられる。
・処方してもらったを飲む前に、キュア・ディジーズを修得して帰ってきた。
・3レベル特進で腕利きの冒険者となったサカロス官に人助けの的を尋ねると、ただ一言「布教だ」
・腕利きのライフォス官がネコミミだった…萌え(*´ω`*)
テュール村の1/5が冒険者に救われた経験者、しかも機動官団という伝説から「悪間ほど救われる」
リンゴを売る少女から倉庫ごとリンゴを買い上げた。
140逃げれば大丈夫だろうと思ったキマイラ距離5倍拡大のエアカッターを切り裂かれて落下死した。
・換に困って減り覚悟で預けた4万ガメル相当のダイヤが12万ガメルになって返ってきた。
・商店を開いただけで村の人口が3倍に膨れ上がった、しかもその大部分が冒険者を頼ってきた難民
・先制見てノーダメ完封余裕でした
・「そんないるわけがない、や」といって諦観していた25名の不幸な人が1日で全員笑顔になって発見された。
不幸な人を探して納得いかなければ、運命変転を使ってでも見つける。
・売れない300羽)をポケットマネーで買い占めた。その後崩落現場からそのプロを『発掘』した。
強盗中で麻痺ガスを撒き散らそうと思ったら、麻痺ガス入りの袋を冒険者に摺られていた
・崩落事故から要救助者を掘り出したら、すでに応急処置が終わっていた。
PCたちにとって歓待の宴は布教活動の打ち損ない。
明日をも知れぬ開拓村が冒険者が来て1ヵで、明日をも知れぬ町へ発展した。明日はどっちだ。
・12人の透明な監視部隊を配置して万全を期してると思ったら、いつの間にか不意を打たれていた。
・村を追い出される覚悟で自分が蛮族である事を表した官が暖かい拍手で受け入れられた。
水中なら遮蔽があるから大丈夫と思って逃亡を試みたら普通ドランクされてった。


パーティメンバー

こちらへ → 宗境なき救世修道会


ハウスルール

この卓では独自のハウスルールが多く設けられている。

真美「ほうほう。どうやらふつーのシナリオではお気に召さないと見える」
「宜しい。その願いえてしんぜようではないか」

↓この項目をスキップ

レギュレーション

レギュレーション:設定

レギュレーション:データ

レギュレーション:その他

↑項目トップへ

ランダム依頼ルール

三行で。

依頼サイコロを振ってランダムで決めるよ
・複数の依頼を同時に受けてもいいよ
依頼の成否で経験点と値成長が決まるよ

詳しくは下記を参照。

ランダム依頼ルール:概要

ランダム依頼ルール:依頼内容

  • 依頼の内容は以下の通り。
    なお依頼の詳細はGMが違う表を振って決定する。
(2d) 依頼 期限 報酬係数
宴会 GMの任意 50G/人
救出 [5+2d]日 200G/人
調達 [10+2d]日 特殊
護衛 [5+2d]日 200G/人
受取 [5+2d]日 100G/人
なし なし なし
配達 [5+2d]日 100G/人
退治 [5+2d]日 200G/人
10 販売 [10+2d]日 特殊
11 捜索 [10+2d]日 400G/人
12 遺跡 なし 特殊

ランダム依頼ルール:冒険者強度

  • 下記のように[冒険者強度]という数値を定義する。
    小数点以下は右辺計算終了時に切り上。

冒険者強度=(PC均冒険者レベル)+(成長回数÷50)

  • 依頼の報酬は[冒険者強度×報酬係数]となる。
    なお、冒険者強度は出現する敵の強さや途中で発生する障難易度にもを与える。
    ぶっちゃけ、このルールと「実質的な必須技」が多くあるために、事実上の「横伸ばし推奨」となっている。
    GMが横伸ばしを推奨したくない場合は「冒険者強度=(成長回数÷10)」に変更すると良い(開拓流行れP・談)。
    ただしこの場合、PLがいつまでも依頼を受けずJPRGよろしくランダムエンカウントだけで経験値稼ぎを敢行する可性があるので、何らかのペナルティを提示して依頼を受けるように促す必要が出るだろう。

?

ランダム依頼ルール:依頼数

  • 名誉点と依頼数の関係は以下の通り。
    但し、依頼のうち一つは「地図作成」で固定。
  • 地図作成:周辺の未開拓地を探索して地図を作る依頼
    手が開いたらやってくれと常に頼まれている
合計名誉点 PCに持ち込まれる依頼の数
0~20 4(流動 3+地図作成)
21~50 5(流動 4+地図作成)
51~100 6(流動 5+地図作成)
101~200 7(流動 6+地図作成)
201500 8(流動 7+地図作成)
5011000 9(流動 8+地図作成)
10012000 10(流動 9+地図作成)
20015000 11(流動10+地図作成)
5001~10000 12(流動11+地図作成)
10001~ 13(流動12+地図作成)

ランダム依頼ルール:依頼の変換に関して

  • ランダム依頼は原則として以下のタイミングで追加、変更される。
    1. 最大名誉点の上昇により依頼数が増加した場合
      →即座に増加した分だけ依頼を追加
    2. 成否に関わらず依頼が終了したとき
      →その依頼を「7:なし」に変更
    3. 依頼の「期限」が過ぎたとき
      →その依頼を「7:なし」に変更
    4. 依頼を成功させて【の清算】を起こしたとき
      →「7:なし」の依頼を1つ変更
    5. 冒険者強度が上昇したとき
      →時間経過後に「7:なし」の依頼全てを変更
       (時間経過で消滅した依頼も変更される)

販売依頼

  • 定された物品を預かり売却依頼者に渡す仕事
  • 報酬は[渡した÷10]。
  • 渡した額が[品物の市場価格÷2]に達するごとにをひとつ得る。
    この方法で3を得れば成功となる。
    但し、この方法で得られるは6が限界となる。
    市場価格×3]をえる額は渡すだけ損である。
  • 上記の方法で3以上得た場合、売れ残った分をPCのものとしてよい。
    そうでない場合、売れ残りは依頼に返却すること。
  • この取引自体は最大額や取引限界を受けない。
    但し、預かった品物を他の場所で売却する場合には基本的に取引限界を受けるので気をつけること。
  • 渡せるものは現のみである。
    依頼者は物納などには一切応じない。

販売依頼のこなし方と注意点

  • の調達方法はPCに一任される。
    基本的には情報を収集してその物品が高騰している場所を探し
    そこで物品を売却することになるだろう。
    面倒ならばPCの所持で物品を買い取っても良い。
  • 同時に、物品の輸送方法もPCに一任される。
    逆に言うと自前で輸送方法を用意する必要がある。
  • なお、高く売れる場所がどこにも存在しない場合が当然ながら存在する。
    そのときはPCが自で損失を補填しなければ依頼は失敗となる。
  • け話の情報依頼を受けなくても収集できる。
    ある程度情報を収集し、成功のめどが立ってから依頼を受諾することを推奨する。
  • 但し、依頼が出てもいないのにけ話を探るのは
    基本的に時間の無駄なので自重すること

調達依頼

  • 依頼者が定した物品を探して渡す仕事
  • 依頼者はその品物を通常購入価格の2倍で買い取る。
    これがこの依頼の報酬となる。
  • もらった額が[冒険者強度×2000]Gに達するごとに
    (つまり通常価格で[冒険者強度×1000]G分の品を渡すごとに)
    をひとつ得る。
    この方法で3を得れば成功となる。
  • 但し、依頼者がこの依頼で支払う額は[冒険者強度×10000]Gが限界である。
    それ以上の物品は渡すだけ損である。
    したがってこの方法で得られるは5が最大となる。
  • この取引自体は最大額や取引限界を受けない。
  • この依頼が発生した場合、受ける受けないに関わらず
    期限が切れて7日経過するか依頼が成功までの間
    定された物品の購入価格が5倍になる。
    (売却価格は一切上昇しないので注意すること)

調達依頼のこなし方と注意点

  • 物品の調達方法はPCに一任される。
    基本的には情報を収集してその物品が安い場所を探し
    そこで物品を購入することになるだろう。
    なお、仕入れるための現は自前で用意すること。
  • 同時に、物品の輸送方法もPCに一任される。
    逆に言うと自前で輸送方法を用意する必要がある。
  • なお、安く手に入る場所がどこにも存在しない場合が当然ながら存在する。
    そのときは損失覚悟でPCが高値で購入しなければ依頼は失敗となる。
  • 安い場所の情報依頼を受けなくても収集できる。
    情報に関しては販売依頼とほぼ同じ内容なので
    詳しくはそちらを参照すること。
  • この依頼が発生しても、特産品の価格は上昇しない。
    具体的にはテュールで木材の値段は決して上昇しない。
    (なお、減少することはありえる)

↑項目トップへ

取引

各拠点での取引に関して

  • レーゼルドーンでは取引に制限がかかる。
  • 具体的には[最高額]をえる物品は購入できず、[取引限界]を越える銭の授受ができない。
  • [最高額]と[取引限界]の値は以下の通り。

最高額:[拠点の人口×10]G
例:人口300人のモルセン村においては
300×10=3000Gをえる物品は売っていない

取引限界:[拠点の人口×50]G
例:人口300人のモルセン村においては
300×50=15000Gをえる銭の授受ができない

例外規定

  • PCたちの本拠地では取引の限界が緩和されている。
  • 具体的には下記の通り。

最高額:[拠点の人口×20]G

取引限界:[拠点の人口×100]G

※上記以外にも制限を緩和する手段は存在する。

参考:取引限界に関して

  • 生活費、屋や騎の維持費、寄付など
    支払うことによりPCが何かえお得るわけではない支出、及び物件の新築は取引限界しない。
  • “物件の新築”に関しては後述。
  • 詳細はGMが決定すること。
  • また、取引限界を越える額の品は売却できない。
    本来の価格より安い額で売ることができるかは
    そのときの状況に応じてGMが決定する。
  • 売却したものを買い戻したり借り受けたりできるかは
    基本的に最高額から機械的に判断すること。
    例:テュールでキャリッジを売ったとしても依頼でキャリッジを借りられるようにはならない。
    フレーバー的には、「村では扱いきれないのですぐに行商人に売却するだろう」といった感じになる。

↑項目トップへ

不幸な人探索判定

真美「何を仰るウサギさん
「この真美プリースト制限を設けておいたというのに布教ガイドラインを設定してないとお思いかね」
レーゼルドーンじゃ単なる説法なんて世紀末でのドル札より役に立ちやせんぜ」

詳しくは下記参照。

「不幸な人探索判定」とは

  • 各人里で「探索判定」を行うことでその人里にいる不幸な人を探すことができる
  • 標値は[冒険者強度+10]。1日1回のみ行える。
  • この探索判定は特別にプリーストで行ってよい。
    もちろん、スカウト技でも問題なく行える。
  • レンジャーで行っても良いが、その場合自動的に郊外探索したことになる。
  • 成功したPCは2d6を振ること。
    GMは別の「不幸な人チャート」を参照し出たに対応した不幸な人を登場させる。
  • 不幸な人チャートは以下のとおり。
内容 解決方法
2 事件発生! GMが定めたモンスターを倒す。
3 病人を発見 冒険者強度+10を標値とした病気を治療する。
4 に侵された人を発見 冒険者強度+10の性値のを治療する。
5 重傷者発見 気絶状態を解除しHPを1以上にする。
6 人を発見 冒険者強度+10点分のHP回復する。
7 不幸な人は居なかった 拠点の総人口/(冒険者強度×100)回この結果が出たら
他の結果を無視する。→よかった、不幸な人はいなかったのか
8 弔われてない人を発見 プリーストかクレリックを持ってるPC葬儀をする。
葬儀には最低でも30分かかる。
9 チンピラに絡まれてる人を発見 ランダムで決定された人族モンスターに絡まれてる人を助ける。
10 難で困ってる人を発見 冒険者強度×200Gの資提供する。
11 物が売れなくて困ってる人を発見 冒険者強度×500Gに相当する物品を購入する。
購入した物品はどこかで高値で売れる可性がある。
12 行方不明者発生 冒険者強度+10を標値とした探索判定に成功した後
モンスターに襲われている人を助ける。

「不幸な人探索判定」を行う意味

  • 不幸な人の不幸を解決した場合、対応したを得る。
  • 同時にPCが望むなら1d6人の信徒を得る。
    (助かった人の宣伝効果によるもの)
    は原則として解決したPCの信仰と同一である。
    基本的に、ルミエル系のであれば布教自由とされている。
  • 仮に解決できなかった場合でも、解決に尽した場合信徒が1人だけ増加する。
    何を持って尽と見做すかはGMが判断する。
  • これによって信者数の合計が総人口をえた場合、えた分だけ人口が増加したものとして扱う。
  • 遭遇した不幸な人を放置した場合、官に絶望して何らかの信者が1d6人減る。
    何の信者が減るのかはGMが決定する。
  • とはいかないまでも放置はしなかった場合、信者は増えも減りもしない。

↑項目トップへ

拠点間の移動に関して

  • 徒歩で移動する場合、時速5kmとして扱う。
  • で移動する場合、下記のように扱う。
    1. 飛行可・あるいは水中用騎
      →時速30km
    2. 船舶(外洋河川用も便宜上区別しない) 
      →時速15km
    3. 魔動機製品(魔動バイクスカイシップなど)
      →時速60km
    4. その他の騎
      →時速10km
  • 但し、蒸気の移動速度は冒険者技またはライダーで扱える騎に乗っている場合に限る。
  • PC理なく移動に費やせる時間は1日6時間までとする。
    ただし、荷物扱いでキャリッジに「搭載」されているPCや騎の移動時間は上記にカウントされない。
    同様に、船舶飛行船に乗客として搭乗している時間も上記にカウントされない。
    また、拠点内での移動もカウントしない。
  • ゆっくり移動した場合、移動できる時間は延びるが移動速度が下がるため結局同じ距離しか移動できない。
  • 要するに[移動距離×6]kmが1日に動ける限界
  • 限界を越えて移動するとペナルティを受ける。
    具体的には、下記のタイミングで全ての値-6。
    1. 移動時間が6時間を越えた
    2. 以降さらに2時間移動するごと

騎獣の維持費に関して

  • の維持費、及びレンタル料はの清算時、成長が終わった後にまとめて支払うものとする。
  • 途中で騎ロストした場合や、何らかの都合で一時的にレンタルした場合も上記の通り支払うこと。
    弁償などの処理は支払い後に通常通り行う。
  • PCが本拠地に「中規模の邸宅」以上の住宅を持っていた場合、騎の維持費は考えなくてよい。
    この効果は騎を常に働かせていても発生する。
  • の維持費は取引限界を与えない。
  • レンタル料は最高額と取引限界を受ける。

↑項目トップへ

住宅の新築

三行で。

・新築には時間がかかるよ。
お金と名誉点を2倍使うと特殊な住宅になるよ。
・そういうの建てると人口が増えるよ。

詳しくは下記参照。

住宅の新築に関して

  • 住宅の購入も最高価格のを受ける。
    よってテュールでは集合住宅の個室すら買えない。
  • だが“住宅を新築”する場合に限り
    最高額及び取引限界を与えず住宅を購入できる。
  • 住宅を新築した場合、最低でも下記の建築期間が必要。
    グレードアップの場合、同じ場所に建てるときに限り差分だけで建築できるものとする。
  • 」を購入するためには、前提条件として爵位が必要。貴族でも、騎士位ではは建てられない。
    は自分の領地にしか建てられず、騎士は領地を持たない為)
住宅規模 建築期間
集合住宅の個室 即日(在来住民を追い出すだけ)
小さな個人住居 1ヶ(30日)
中規模の邸宅 3ヶ(90日)
大きな屋敷 6ヶ180日)
1年(360日)

特殊な機能を持つ住宅

  • PCは自らの住宅を築することで商店などの「何らかの機を持った建物」を建設できる。
  • データ的には「優秀な庫番」がいる住宅に、さらに購入時と同額の銭と半分の名誉点を消費せよ。
  • 面倒なら名誉点と価格を2倍にすれば機を持った庫番つきの住宅が購入できると考えてもよい。
  • 集合住宅は庫番をつけられないため、機を持った住宅にすることはできない。
  • 通常の住宅を装するには7日を必要とする。
    但し、初めから機つき住宅として建設するならこの7日は必要としないものとする。
  • ひとつの住宅に付けられる機は最大ひとつのみ。
  • を持った住宅は、通常の住宅としても使用可
  • を持った住宅はその機に加えて人を呼び寄せる効果がある。
  • 具体的には機を持った住宅のある場所は下記の人数だけ人口が増加する。
住宅規模 増加人口
小さな個人住居 20人
中規模の邸宅 100
大きな屋敷 500
2000
  • 上記の追加人口がある場所で不幸な人探索判定を行い
    それによって本来の人口をえた場合
    上記の追加人口の一部を信者としてもいいし、通常通り人口を増加させてもいい。
    (都度、人口を増加させたPLが決定すること)

建築可能な機能つき建物の例

各種施設の具体的な機能

生産設備

小さな個人住宅
 関連する技を持った人物がそこに常駐する。
 レベルは[冒険者強度-2]で[達成値:プロ]宣言可

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 新たな特産品が誕生する。具体的にはGMが決定

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 [購買]+1

(上記の効果も全て有する)
 加工費用など常駐する人物に払う手間賃が無料になる

商店

小さな個人住宅
 その人里では大量購入が可になる。
 具体的には取引限界に関してのみ購買+2。

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 [購買]+1

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 [購買]+1(合計+2)

(上記の効果も全て有する)
 [購買]+1(合計+3)

神殿(同一の設備でも効果が重複する)

小さな個人住宅
 増加民の半分(10人)が対応する信者となる

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 上と同じ。つまり50人信者が増える

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 上と同じ。つまり250信者が増える

(上記の効果も全て有する)
 上と同じ。つまり1000信者が増える

マギテック協会

小さな個人住宅
 リペアラー、エンチャンターなどがそこに常駐する。
 レベルは[冒険者強度-2]で[達成値:プロ]宣言可

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 [購買]+1

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 マギテック、アルケミストも常駐する

(上記の効果も全て有する)
 加工費用など常駐する人物に払う手間賃が無料になる

ライダーギルド

小さな個人住宅
 騎レンタルすることが可になる。
 レンタル料が[最高額]以下の騎のみ

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 [購買]+1

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 レンタル料が維持費同様[取引限界]に関係なくなる

(上記の効果も全て有する)
 騎の価格が半額になる。レンタル料も半額

魔術師ギルド

小さな個人住宅
 その拠点で文献判定が可になる

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 [購買]+1

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 1時間かければ文献判定が自動成功になる

(上記の効果も全て有する)
 非売品マジックアイテムを購入可になる

冒険者の店

小さな個人住宅
 冒険者が現れる。安としては増加人口÷20くらい
 (個人住宅の場合、均一人の冒険者が村に滞在)

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 戦利品が特産品扱いになる
 (均5人の冒険者が村に滞在)

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 のかけらを1個2000Gで購入可
均25人の冒険者が村に滞在)

(上記の効果も全て有する)
 戦利品半額(つまり売却時の価格)で購入可
100人の冒険者が村に滞在)

インフラ

小さな個人住宅
 該当する機を持つ
 どれくらいの範囲をカバーするかは住宅規模による

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 人口がさらに+100(合わせて+200)

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 人口がさらに+400(合わせて+1000

(上記の効果も全て有する)
 人口がさらに+2400(合わせて+5000)

防衛施設

小さな個人住宅
 増加民の1/5(つまり4人)がPCの私兵となる。
 データは[強度-3]以下の人族モンスターを使用

中規模の邸宅(上記の効果も有するとする)
 上と同じ。つまり20人がPCの私兵となる。 

大きな屋敷(上記の効果も全て有する)
 上と同じ。つまり100人がPCの私兵となる。

(上記の効果も全て有する)
 上と同じ。つまり400人がPCの私兵となる。?

↑項目トップへ

購買力

例によって三行で。

・購買が上がると高いものがたくさん買えるよ
・コネを持つと購買が上がるよ
・偉い人のコネは色んな場所で有効だよ

詳しくは下記参照。

購買力とは

  • PCがその町でどれだけの品物を購入できるかを示す。
    各拠点ごとに設定されている値である。
  • この値が高い場合、拠点の人口にして
    高い物品の購入や、大量の取引が可になる。
  • 具体的には、最高額や取引限界の人口にかかる係数が増加する。
  • 購買が上がる理由は様々である。
    経済規模自体が上昇したのかもしれないし。
    PCに対するが上昇したのかもしれない。
    何にせよデータ的には全て購買の上昇で処理する。

購買力の上昇方法

  • 各拠点の初期値は0とする。
  • その拠点にを与えうるキャラクターに対して
    コネクションを合計で100取得した場合、その購買が+1される。
    上記の値は、PC全員の合計でよい。
    また、PCの本拠地では既にそれだけのコネクションがあるものとする。
    (これが拠点の係数が多かった理由である)
    但し、上記の方法による購買の上昇は+1が上限。
  • 複数の拠点にを与えうる人物の場合
    100の値ごとに複数の拠点に割り振っても良い。
     例:「ハウルバルクマン/友人」は3つの拠点の購買を+1しうる。
  • 持ち住宅の一部には購買が上昇するものがある。
    (大規模な商店、マギテック協会など)
    PCがそれらを建設あるいは誘致した場合も購買は上昇する。
  • なお、NPC政府が同種の建物を建設した場合購買が上がるわけではない。
    それらがPCに特別な便宜を図ることはないからだ。
  • 参考までに、NPCがどんな建物をいつ建てるかは
    GMがその場の状況に応じて適当に決定する。
    PCの意思で欲しい建物を望む場合は名誉点と銭を払って誘致すること。
    そのために必要な政府許可NPCの協などは
    全て名誉点の使用で再現されているものとする。
    (でなければあんな短期間に住宅は建たない)

購買力と購入金額の関係

購買 最高 取引限界
人口×10 人口×50
人口×20 人口×100
人口×50 人口×200
人口×100 人口×500
人口×200 人口×1000
人口×500 人口×2000
人口×1000 人口×5000
人口×2000 人口×10000
人口×5000 人口×20000
人口×10000 人口×50000
  • 最高額と取引限界単位はG
  • 以降購買が1増えるごとに2,5,10と増えていくが
    実際のプレイでこれ以上の値は使わないだろう

↑項目トップへ

地図作成の流れ

例によって三行で。

地図作成する場所は抽的に分割されるよ。
探索判定と地図作成判定で地図ができるよ。
最低でも1日ごとにイベントが起きるよ。
詳しくは下記参照。
  • 基本的には拠点中心の未開拓地域の地形を把握し、それに基づいて地図を作成する依頼となる。
  • 探索する地域は便宜上適当エリアに区分される。距離面積適当に扱う。
  • 隣接したエリアに移動するには20分を要するとする。このときの移動方法はGM定する。
  • エリアには危険度が設定されている。特に言わない限り、これは冒険者強度に等しい。
  • それぞれのエリアの地形を把握するには全員探索判定を振り、最高達成値を申告せよ。
    これにより[危険度+11-最高達成値]日後にそのエリアの地形が把握できる。
    但し、最低でも10分を要するものとする。
  • 地形が把握できたエリアにおいて、今度はさらに地図作成判定を行うこと。
    これにより[危険度+11-最高達成値]日後に地図完成する。
    これも、最低10分を要する。
  • 地図完成した場合、1を得る。
    上記手段で4を得るごとに、値成長を1得る。
    また、4以上を得て帰還すれば依頼成功となる。
  • 地図完成していない場所では探索判定を行うか午前6時になるたびに【イベント】が発生する。
    代表者は2d6を振ること。
  • また、野営を行う場合はランダムエンカウントの可性があることを事前に宣言しておく。
  • 地図を作る際の筆記用具は依頼者から提供される。もちろん、自前で控えておくのは自由である。
  • 地形の把握においても地図の作成においても、
    何らかの事情で中断した場合はそれまでの時間が全て効となり、最初からやり直しとなる。
    再判定は行わないので同じく時間を経過させること。
  • エリア連結GMが状況に応じて適当に決定する。
    探索ならスクエア上に、河の探索なら直線状にと高度な柔軟性を保ちつつ臨機応変に対応すること。
  • 処理を簡単にするため、地図作成中は移動しても連続移動のペナルティは考慮しないとする。
  • 但し、地図作成の現場に行くまで、
    及び終了して拠点に帰る場合など「ただ移動するだけ」の場合GMは望むならペナルティを適用してもよい。

?

↑項目トップへ

時間経過について

セッション間は、GM定しない限りd66(10の位、1の位の区別のつくさいころ2個を準備して振ってその結果をめる)により時間経過を定する。10の位は経過単位数、1の位は経過単位である。

1の位 経過単位
1
2 ラウンド(10)
3
4 時間
5
6

なお、一部セッションではこの表が当てはまらない場合もある(その場合はGMから示がある)。また、一部セッションではこの表によらず固定時間経過させている場合もある。また、別卓(愛はウルスを救う)でもこのランダム表は流用されている。

↑項目トップへ

その他のハウスルール

  • 危険感知持ちが多いほどエンカウント率が上がる。
    具体的には危険感知判定のPC内最高達成値によって
    魔物の不意打ち→エンカウントなし→出会い頭に戦闘PCの不意打ち」と変化。
    PCの不意打ち可時は戦わないことを選んでも良く、その場合はエンカウントしない模様。
    移動中のフレーバーで様々な魔物や官とすれ違う場面がおそらくそれと思われる。
  • 」とは要するに経験点200点である。的を達成すれば、その障は実際に倒してないとしても基本的に倒したものとして経験点やのかけらを得ることが出来る。化して拿捕した敵についても同様。
  • 敵の魔物などは、例えPLが対策済みであるとGMが認識していても、魔物の習性をGMの都合で変更することはい。

↑項目トップへ

以上がこの卓におけるハウスルールである。


ネタバレ

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

↓ネタバレ要素を含む項目をスキップ

敵対勢力

ランダムイベントによって頻繁に発生する魔物犯罪者との遭遇の理由付けの一つとして、レーゼルドーン大陸にいくつかの敵対勢が暗躍しているというフレーバーが後付けされている。

ともだち団

開拓地における徴税の代執行を委託されているギルド────とする団体。

確かに輸送の手が足りなかった際に税金の輸送を委託されたことはあるらしい。
だが、税金の取立てまでやる権利があるかどうかは限りなくに近いグレー、というか多分
もちろん、そんな事はお構いなしに徴税と称して開拓地の品を盗んだり、奪ったりしている。
そのほか、借取立、盗品売買、賭場開設など数々の怪しい活動を行っている。

ただし、集めた品のうち、少なくともそれなりの額を納税していることも事実で、
ともだち団の摘発には極めて消極的である。

一言で言うと「盗賊ギルド」だが、構成員の中にはそういうと烈火の如く怒る者もいるので注意。
の本名や素性は一切不明。
構成員からは“ともだち”と呼ばれている。

蛮族国家ウルス

レーゼルドーン北東に存在する、ル=ロウド信徒の蛮族による遊牧国家
レーゼルドーンの1/3をその版図としており、領内の遺跡からはダイヤモンドが大量に出土する。

導者階級はカーンと呼ばれている。中でも王かそれに類するものは“偉大なる”カーンと呼び区別している。
クーランは“最も偉大なる”カーンでありながら魔剣を持たず生まれ、出奔している。
なお、“最も偉大なる”カーンは対外的にはマーキスを名乗るドレイクの王であるとのこと。

レーゼルドーンの統一後を見据え、人族社会とそこに潜むバルバロスを調するために人員を派遣している。
彼らは人族に協を促すためにダイヤモンドを持ち歩いている。

なお、「ともだち団」と異なり、人族との接触はしても、その際には非常に高い警心を持って対処しており、
また物資や情報の調達の際にもダイヤモンドを用いて平和的に行っている。
少なくとも、第9セッションまでの間、彼らが動的に人族を襲撃した描写はい。
現在は、蛮族領域内での勢拡大に注しているところである)


関連動画

諸事情により消滅した跡地

リメイク版

現在地

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/28(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/28(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP