ロアナプラ単語

ロアナプラ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロアナプラとは、漫画BLACK LAGOON」に登場する架都市である。

概要

く、「世界中の悪という悪が集まった場所」。
タイ南部の港湾都市で、漢字では「路南」と表記される。

かつては寂れた港町で、植民地時代にはフランス租界(外国人居留地)があった。サンカンパレスホテルなど、当時の建物が現存している。
モデル1969年当時の旧南ベトナムサイゴン(現ホーチミン市)と思われる。

現在は複数の犯罪組織により共同で実効支配されている「悪徳の」。警察を始めとする法組織すら買収されており、ぽっと出の余所者がちょっかいをかける事を決して許さない。

ロシアマフィアホテルモスクワ」、香港マフィア「三合会(トライアド)」、イタリアマフィア「コーサ・ノストラ」、コロンビアマフィア「マニサレラ・カルテル」らによる「会」により、危うい均衡が保たれている。

勢力/組織

ラグーン商会

ダッチが代表を務める「運び屋」。魚雷艇のドック倉庫とは別に内に事務所を開設し、普段はそこで仕事が来るのを待っている。

さえ惜しまなければ、運ぶブツがどのようなものであれ希望先にお届け、確実に依頼のオーダーに応える。一方で商売敵も多く、仕事の最中に襲撃を受ける事もしばしば。
基本的に『ホテルモスクワ』や『三合会』とは友好関係にあるが、引き受けた依頼によっては一転して敵となる事もある。

ホテル・モスクワ

ロシアマフィア。大頭スレヴィニン)以下、世界中に支部を持つ巨大犯罪組織で、ロアナプラにあるのはタイ支部になる。「会」における一大勢であり、総火力は最大とされる。

フロント企業はサータナム・ストリート事務所を構える「ブーゲンビリア貿易」で、バラライカ社長を務める。
もちろん貿易会社というのは表向きの話で、裏では企業への恐喝、密輸、売旋、ポルノビデオの撮・販売など多岐に渡って稼いでいる。ただし人手が足らないのか、ビデオチェック社長本人が死んだで退屈そうに当たっていた事もあった。「バイト雇えば良かったわ」とのこと。
来日していたレヴィを届ける際、在日米軍基地の物資部を利用しており、この事からも広く顔が利く事が解る。

三合会(トライアド)

香港マフィア。さかのぼれば清代からの歴史を持つ巨大犯罪組織で、秘密結社としての色合いも持つ。かつてロアナプラを舞台に『ホテルモスクワ』と全面抗争をしたが痛み分けに終わり、現在では「双方の利益の為に」協調姿勢を取っている。

フロント企業は「熱河電イツホウディンインゴンシ)」で、社長。なお会社の正式名称が出たのは小説版。表向きはケーブルテレビ放送の配給を行っており、芸関係の仕事についてはバンコクで行っている。

武器麻薬の密売を始めとした重犯罪を取り仕切っているが、許可なく密売に手を染めていた男から偶然米軍に対するテロ計画書を入手。計画を立案していたヒズボラに「適正価格で」売りつけようとしたが決裂し、抗争が勃発する。その結果事務所が襲撃され、「ヨルダン辺りまで」きれいさっぱり吹き飛んだ。

コーサ・ノストラ

イタリア・シチリアの犯罪組織。「会」の一勢

かつてトップだったヴェロッキオは「ヘンゼルとグレーテル」を使ってバラライカ暗殺を謀ったが制御に失敗、裏切りにあって部下ともども惨殺されてしまった。
現在は後任にロニー・ザ・ジョーズカモッラ(ナポリ犯罪組織)からトマーゾを迎え、二つの組織の連携によって版図の拡大を狙っている。

マニサレラ・カルテル

コロンビアマフィア。「会」の一勢

本部はFARC(コロンビア革命軍)と提携するなど地盤はかなり強固なのだが、ロアナプラでは相手が悪く、勢としてはやや下に留まっている。支部を任されるのはアブレーゴだが、過去バラライカに痛いに合わされたらしく、彼女の事を恐れている。
更にアニメ版ではラブレスからガルシアを誘拐したカルテルと同一であると変され、ロベルタばかりでなく「ホテルモスクワ」からフルボッコにされる不幸に見舞われている。

復讐に燃えるロベルタがロアナプラを再訪した後、アブレーゴはFARCの意向を受けた本部のに基づき、賞がかけられたロベルタの首を持ちかえる事、邪魔する場合はであろうと容赦しない事を宣言、啖呵を切ってみせる。しかし結局はロベルタFARC、NSAの「戦争」に介入する暇すらなく、進退窮まった事で、彼を見限った部下のグスターボによって射殺されたとみられる。

リップオフ教会

別名「暴力教会」。ロアナプラで武器の売買と手配を許された組織。これでもヴァチカンに正式認可を受けた、立教会である。元締はシスター・ヨランダ。

三合会による認可を受けている裏で、独自の販売ルートを開拓。ひそかに麻薬の密売などを手掛けるなど、抜けがない。またCIANSAなど複数の組織と繋がりを持っており、CIAエージェントであるエダが普段はシスターとして振る舞っている。

イエロー・フラッグ

危険地帯にありながら一の「中立地帯」の場。1階が場で、2階が館。

のバオは元ベトコンで、1978年仲間と共に店を開いて脱走兵を匿っていたが、気がつけば犯罪者達の集会場になってしまっていた。
客はアウトロー連中で、日常的に暴力沙汰が絶えない。ドンパチに巻き込まれる事もしばしばで、一般人はまず近づかない。
今まで半壊が15回、全壊が6回という悲劇に見舞われており(そのうち何回かはラグーン商会がらみ)、カウンターは防弾加工が施されてショットガンが隠されていたりする。
過去ブチ切れたバオにより「持ち込み禁止」が通達されたが、その日の午後に丸腰の客を狙った強盗が乗り込んできて大惨事に。翌日、標的になった者達が逆恨みで乗り込んできたという。

ロアナプラ警察

署長はワトサップ。法組織なのだがとうに買収されており、警察としての機は果たしていない。賞のかかった人狩りに参加するなど、そこらのチンピラと変わらない。
堂々、中でを抜いたレヴィに対して「見えない所でやってくれ」と言い放ち、民間人からの通報があった手前逮捕・収監するに留めている。

この他にも民間軍事会社ネオナチフリー殺し屋殺人代行組合、ヒズボラアメリカマフィア情報屋、逃がし屋、海賊など、様々なアウトローが登場。
暴力には暴力で」という一の信条に基づき、今日も何処かで何かが起きている。ゴッサムシティがまともに見えてくるほどのレベルである。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 38ななしのよっしん

    2020/05/21(木) 15:52:26 ID: n8UUHwU6MA

    ロアナプラ住民「毎日が生の充実です」

  • 39ななしのよっしん

    2020/08/18(火) 08:53:12 ID: zHpE0/jsf4

    今だったら
    ガッツ中国の手が入ってるかもな

    マフィアがどうの言われても
    中国政府人民解放軍も似たようなことができそうだし
    (これが米軍ロシア軍なら
    そんなならず者みたいなことはできんが)

  • 40ななしのよっしん

    2020/08/18(火) 08:55:02 ID: zHpE0/jsf4

    フットワークの軽さとかもそう変わらないだろうし
    あのならごと乗っ取ってもおかしくないし、やりかねない

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/24(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/24(木) 21:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP