ロクショウ単語

ロクショウ

1.6千文字の記事
掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロクショウとは、ゲーム漫画アニメ作品「メダロットシリーズに登場する、準メダロット名前である。

ほるまりんの漫画版メダロット1のロクショウの概要

test

アニメ版のロクショウの概要

メダロット2ベースアニメ無印では言葉ではなくなり、
節原五郎博士がつけた名前もロクショウのまま
アガタヒカルメダロット博士との面識もない様子で
「孤高のメダロット」というポジションイッキメダロット
なる事もなかった。

アニメ声優舞台俳優メイン篠原功(当時の芸名は
篠原功生)アニメ登場前のゲームCMではが違うので
森川智之檜山修之ではないかと言われているが
正式な情報はない。

 

ゲーム版のロクショウの概要

ゲームでは基本的な格闘機とされており、頭のアンテナで攻撃成功率とクリティカルを上げ、右腕のクリティカルが出やすいチャンバラソードで素く攻め、トドメは隙は大きいが強な左腕のピコペコハンマーで刺すといった戦法を取る。
後のシリーズパーツ特性が加わり、アンテナの索敵は漫画アニメのように、隠れた相手にも攻撃できるようになり、右腕のソードはクリティカルすればダメージ増加するようになり、左腕は防御した相手にも大ダメージを与えられるようになり、シリーズによっては隙は少ない攻撃と隙がでかいが強な攻撃のどちらか選んで攻撃できるようになったので元から良かった使い勝手がさらに向上している。

メダロット2ではビーストマスター戦にちょっぴり参加するのでイッキクワガタメダルとは別人ということになるが
3.4では「ヘッドシザース」というメダロット名(パーツ一式としての呼び名であり個人名ではない)が「ロクショウ」になってしまったのでややこしく、余談だがメダロット2以降のイッキクワガタメダルアニメ漫画に登場しないのでゲームクワガタヴァージョンからメダロットに触れるとメタビーと対等のハズなのに疎外感が強く感じてしまう。

最新作のDS版でも「ヘッドシザース」パーツは「ロクショウ」なのでクワガタヴァージョン主人公のアズマはロクショウと名づけてしまう(なぜかロクショウパーツが奪われるとサンジューロパーツに換装して名前サンジューロからジュウに名してしまう……ゲームシステムの問題もあるが旧作からのファンにとって違和感がある)

ロクショウの総括

ロクショウ「バートン、茶葉のスペアは・・・?」バートン「無い。」

あくまでロクショウは
節原五郎博士が元々のマスター言葉を使うクワガタメダル

の事でアニメ版のロクショウは魔の十日間でヒカルメダロット博士だけでなく言葉を使う自分自身の記憶も失っており、ゲーム2以降のイッキクワガタメダルは別個体のクワガタメダルで、3以降は世界大会優勝のアガタヒカルで「ヘッドシザース」というパーツ名が「ロクショウ」という名称に変更されてヒカル以外のクワガタメダルもロクショウという名前をつけるようになったと内保管すれば自然かもしれない

もしくはシリーズ毎にパラレルワールドと割り切った方がいい。
真型メダロットみたいなのもあるし

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/14(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/14(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP