ロケットガール 単語

70件

ロケットガール

2.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『ロケットガール』とは野尻抱介ライトノベル作品、およびそれを原作とするアニメ作品である(あとTRPGサプリメントルールもあるよ)。文庫版は長らく絶版だったが、2013年11月からハヤカワ文庫JAから再販が始まっている。

概要

ライトノベル富士見ファンタジア文庫)は全4巻構成。旧1巻は1994年の『ドラゴンマガジン』連載分(イラスト山内則康)で、以降は文庫書き下ろし(イラストむっちりむうにい)。本作の軸である「今時の小柄な女子高生が全身タイツ同然の恰好で宇宙に行く」という如何にもライトSFラノベな設定に対し、当時の最先端の科学技術を踏まえキッチリと合理的な説明を加えてハードSF寄りの世界観を構築しているのは、後の星雲賞作家の面躍如といったところ。もちろん、女の子もしっかり可愛い

ラノベ旧1巻から少し後に、MAGIUSシステムによるTRPG版『ロケットガールRPG』(イラスト山内則康)が発売。こちらもゲームデザイナーであった野尻氏によるデザインで、有人宇宙飛行の簡易シミュレータとして各所で高評価を得た。また宇宙しいを観ることでもポイントを獲得できたりと、ゲームとしても独特のセンスる一作。

その後、野尻氏のSF作家としてのキャリアはもちろんのこと、現実における宇宙開発の状況やスキンタイト宇宙開発などがようやくこの小説に追いついてきたこともあってか再評価が進み、約13年間もの時を経た2007年2月21日5月17日)、WOWOWにて小説第2巻までのアニメ版(製作ハピネット)が放映された。

またアニメ放映に先行して前年から新装版ラノベ(全巻イラストむっちりむうにい)が各巻リリース。基本的に内容の変更等はく、イラストキャラクターデザインリファインされている。さらに『ドラゴンマガジン』掲載の未単行本化短篇に書き下ろし中篇を加えたラノベ第4巻も発売された。

2013年からハヤカワ文庫にて順次復刊(表: 撫荒武吉)。

ストーリー

父親を探しにソロモン諸島のアクシオへとやってきた森田ゆかり彼女日本の名門女子校エリス女学院に通う普通女子高生だった。ところが、ソロモン宇宙協会(SSA宇宙飛行士補だった安行の代わりに、彼女宇宙飛行士として突如、雇う事になった。その後、父親を発見し、異母兄弟マツリと遭遇。彼女もまた、宇宙飛行士補に選ばれ、その後、SSAの有人宇宙飛行へと協するのであった。

登場人物

主題歌

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
東方MMD[単語]

提供: てるてる

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP