ロシア軍閥(hoi4 tno)単語

ロシアグンバツ

2.6千文字の記事
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロシア軍閥(hoi4 the new order)とは、Hearts of Iron Ⅳの大modの一つThe New Order: Last Days of Europeにおいて、ソ連が崩壊したあとにロシアに存在する国家群である。

歴史設定

1924年、ソ連ではレーニンが死去。スターリンとの政争に勝利したブハーリンソ連導者となった。経済政策として、ブハーリンは農民に収穫した農産物の売買を容認し(ネップ政策)、当初は経済も順調に成長していた。

しかし、農業が集団化されていなかったロシアでは、工業化をするほどの農作物を収穫することができなかったこと、富農(クラーク)たちが、農作物の値段をり上げるために市場放出する農作物を減らしたことから、ソ連経済は停滞するどころか飢饉が発生してしまう。この反省から、ブハーリン1932年から農業の集団化政策を開始するが、クラーク抵抗や反乱が起き、経済が上向くことはなかった。

1941年6月、連合戦争をしていたドイツが突如ソ連に侵攻を開始する(独ソ戦)。史実以下の工業軍事だったソ連は、ドイツの侵攻を止めることができず、1941年12月25日モスクワが占領され、翌年の1月ソ連は崩壊した。

崩壊したソ連は、西ロシア革命戦線、西シベリア人民共和、中央シベリア共和、極東ソビエト最高評議会の4つのに分裂したが、どの土を維持することができず、ゲーム開始時の数の軍閥が跋扈する状態になった。

ゲームにおいて

イベントが中心であり、によっては直接の戦争すら起きない可性があるこのmodにおいて、直接大規模な戦争ができる重な地域である。

ロシアを統一可な軍閥における大まかな流れは、地域(西ロシア、西シベリア、中央シベリア、極東シベリア)の統一→隣接する地域との戦い(西ロシア対西シベリア、中央シベリア対極東シベリア)→残った軍閥同士の最終戦争→ロシアの統一となっている。

なお、当modでは手動での宣戦布告ができず、ロシア統一以降のコンテンツがまだ実装されていないため、モスクワなどの旧領を回復することはできない。(コンソールを使うか、「The Second West Russian War」というMODを導入して宣戦布告すれば回収は可

1つの軍閥のなかにも複数のルートがあることが多く、現在統一可ルート数は48あり、統一はできないものの、プレイな軍閥を含めるとそれ以上になる。

西ロシア地域

西ロシア革命戦線が統治していた地域。かつて西ロシア革命戦線は、ドイツ宣戦布告し、モスコーヴィエン国家弁務官区に攻め込むが、ナチスに協したロシア人の裏切りやドイツ軍の立て直しにより敗北(西ロシア戦争)。革命戦線は崩壊し、現在の姿になった。

西ロシア革命戦線、ロシアの統一に至るまで11個のルートがあるコミ、ロマノフが治めるヴャトカ、ロシア解放軍がいるサマラ、自分のことをアーリア人だと思っているロシア人が統治をするアーリア同胞団でロシアの統一が可

西シベリア地域

西シベリア人民共和が統治していた地域。この共和は、ブハーリンの政策に反対するスターリン義者によって治められていただった。ただし、スターリン義者のみでこの地域を統治することは困難だったため、ロコソフスキーとカルヴィシェフの2人の将軍の協がなければ存続は難しかった。のちに両将軍から独立してしまい、なし崩し的に共和は崩壊した。

共和の残党勢であるチュメニ、ロコソフスキーが治めるスヴェルロフスク、当mod最悪の軍閥でありルートと言われるオムスクでロシアの統一が可

中央シベリア地域

中央シベリア共和が統治していた地域。中央シベリア共和は、ロシアエリート層や文化人が作り上げたであり、他の地域と較しても善政を敷いていた地域であった。しかし、隣の極東ソビエト最高評議会が攻めてきたことにより状況は一変。共和に対して各地で分離の動きが始まり共和は崩壊した。

中央シベリア共和の残滓であるトムスク、企業と密接な関係をもつノヴォシビルスク、旧赤軍将校が王を自称するケメロヴォ、アナキズムを信奉するシベリア衛軍でロシアの統一が可

また、人民革命評議会でも統一が可であるが、当該軍閥は中央シベリア共和の構成国家ではなかったという特殊な経歴を持っている。(領土もトゥヴァと西モンゴルで構成されている。)

極東シベリア地域

極東ソビエト最高評議会が統治していた地域。評議会はソ連が崩壊した後にソ連政権を構成していたメンバーイルクーツクに逃亡して建したである。そのため、この旧ソ連の後継国家ということになる。評議会は中央シベリア共和に攻め込んだが、戦線が着してしまったことで、当時の導者であったゲンリフヤゴダに対して反抗的だった勢の離脱や反乱が相次いで発生し、崩壊してしまった。

評議会の生き残りであるイルクーツク、評議会に反乱を起こしているブリヤート、軍の残党勢であるマガダン、チタ、アムール、そして北方政府地域を統一して誕生するシベリアロシアの統一が可

余談

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2022/03/15(火) 10:27:59 ID: DhpTEllnT8

    オムスクの情報どこ……?

  • 7ななしのよっしん

    2022/03/26(土) 12:58:35 ID: mO78rKsxLx

    他の軍閥は強硬vs穏健ルートを決定するけどアーリア同胞団に関しては穏健っぽいヴェリミールでさえ、再統一したらドイツアメリカを滅ぼそうとしてるの本当に救いようがなくて好き

  • 8ななしのよっしん

    2022/04/25(月) 18:52:06 ID: vuKeqBEjgO

    プーチンやナウリビナ露総裁もいつか何処かに追加されそう

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/22(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/22(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP