今注目のニュース
某ドラッグストアの店長がチャラすぎてヤバいと話題に
「出会い系で同性婚」「マッキンゼー出身」「アフガン従軍」民主党の新星ブティジェッジはトランプと戦えるか?
ビートたけし、野村克也さんの凄さを改めて振り返る 共感の声相次ぐ

ロシア5人組単語

ミモグチャヤクーチカ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロシア5人組とは、チャイコフスキーと同じくロシアの第2世代の作曲であり、ロシア民楽を代表する五人のことである。正式名称は「強い仲間たち」。

概要

説明しよう!ロシア5人組とは!

作曲にしてプロデューサー!5人組のリーダー!ミリイ・バラキレフ!」

「辛口批評家の軍人!代表曲がなくて一人だけ影が薄い!ツェーザリ・キュイ!」

「本職は医者だったん人の踊りサントラじゃない!アレクサンドル・ボロディン!」

編曲版の方が有名!作曲したのはこっちなのに!モデスト・ムソルグスキー!」

「実は貴族です!たぶん一番有名人ニコライ・リムスキー=コルサコフ!」

「「「「「5人そろってМогучая кучка!」」」」」 

どん!

以上だっ!

まじめな概要

ミハイル・グリンカアレクサンドル・ダルゴムイシスキーといった西欧音楽の波及をじかに受けた第1世代のロシア作曲たちが活躍していた19世紀半ば。しだいに彼らの音楽教育を体験した新しい作曲たちが生まれつつあった。それこそがピョートル・チャイコフスキーであり、彼らロシア5人組である。

グリンカ子であったバラキレフはやがて同じ志を持ったキュイたちと出会い、彼らの取りまとめ役となる。もちろんバラキレフのグループに参加したのはこの5人だけだったというわけでもなく、ほかにも様々な作曲音楽評論家が集まった。あくまでもロシア5人組とは諸外から見て彼らのことをこのように認識していたのであって、決して統一されたまとまった存在ではなかったのだ。
自分たちで自分たちの新しい音楽を作り出そうとしたこれらロシア5人組はそれぞればらばらの個性を持ち、時にはぶつかり合いながら自分たちの音楽を作っていったのである。

彼らが知られるようになったきっかけは1867年のサンクト・ペテルブルクでのコンサートである。このコンサートの成功で音楽評論家のウラディーミルスターソフは、彼らをМогучая кучка、つまり強い一団として呼んだのである。

ロシア音楽の旋は、彼らやルビンシテイン兄弟のピアニストとしての活動などによって次第にフランスなどクラシック音楽の本場に新しい刺を与え、その異音楽は様々な影を与えていった。こうして次第に確固としたロシア音楽の成立とルビンシテイン兄弟によって築かれた教育機関の整備によって、アレンスキーグラズノフタネーエフリャードフといった1880年代ごろから活躍をする次の世代に移っていくのである。

西欧的で従来のクラシック音楽との親和性が高いチャイコフスキーとは対立とまではいかなくても当時から較される対であった。これは現在も変わらず一般向けのコンピレーションアルバムでは彼らの曲はあまり紹介されることはない(特にキュイとかキュイとかキュイとか)。しかし彼らロシア5人組はチャイコフスキーと同じく新しい音楽を芽吹かせた存在であり、現在クラシック音楽を取り巻く環境もあって少しずつではあるが代表曲以外も取り上げられるようになってきている。

メンバー

ミリイ・バラキレフ(1837~1910)
リーダーラヴェルの「ガスパール」に影を与えたとされる19世紀後半の超絶技巧ピアノ曲、「イスメイ」でおなじみ。
大体上に書いたとおりでありプロデューサーのような立ち位置だったため、作曲としては寡作。
民謡長の曲が多く、さらに下の世代であるリャードフリャプノフとともに民謡収集の国家プロジェクトに携わったことも。
ツェーザリ・キュイ(1835~1918)
代表曲がなくてクラオタ一般人への紹介に一番困る人。
軍人や音楽評論家としての活動も多かったが「オリエタル」といったヴァイオリン曲や様々なオペラを手掛けているなど地味すごい人。ラフマニノフいじめ本人。

アレクサンドル・ボロディン1833~1887)
オペラ「イーゴリ」でおなじみ。作曲としてだけではなく医者化学者など様々な職業を兼任していたので曲数はあまり多くない。
詳しくは個別記事で。
モデスト・ムソルグスキー1839~1881)
はげ山の一夜」や「展覧会の絵」でおなじみ…なのだがどちらもオーケストラ編曲したのは本人ではない。
軍隊で軍医だったボロディンと出会い秘かにしていた作曲になる夢をかなえた。
だったためアレクサンド2世の農解放のあおりをもろに受け、さらにアルコール依存症くに亡くなった。
詳しくは個別記事で。
ニコライ・リムスキー=コルサコフ1844~1908)
組曲「シェエラザード」や「くまの飛行」でおなじみの人。
軍隊生活中バラキレフと出会い、彼の師事を受けながら作曲活動を始めた。
ロシア5人組の集大成ともいうべき存在であり、おそらく人気も一番高い。
後進育成にもを注ぎ、子はリャードフアレンスキーグラズノフストラヴィンスキープロコフィエフと第3世代どころか第4世代にまで影を与え、孫子まで含めるとスクリャービンラフマニノフグリエールといった具合にロシア音楽界への影は広範に及ぶ。
詳しくは個別記事で。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/17(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/17(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP