今注目のニュース
「一平ちゃん夜店の焼そば」と「湖池屋スコーン がっつきバーベキュー」がコラボ “濃濃濃”バージョンも登場
ラグビーW杯にニャンコも興奮! テレビ画面カチャカチャで飼い主さんはそっちが気がかり?
乙武さんが教員時代のいじめ体験を告白 ブラックボックス化が指摘される職員室

ロスト・ユニバース単語

ロストユニバース

  • 2
  • 0
掲示板をみる(103)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ロスト・ユニバース』とは、富士見ファンタジア文庫刊の神坂一SF小説およびそれを原作としたアニメーション

作者人気シリーズスレイヤーズ』との関係を匂わせる場面もあるが作者は否定している。

ニコニコ動画アニメ版第1話を無料で、ニコニコ静画(電子書籍)原作コミカライズ版を全巻配信中。

概要

人類の生活圏が広大銀河に広がった遠未来舞台に、トラブルコントラクター厄介事下請け人)であるケインブルーバーは先史時代のロストシップ(遺失宇宙船)、ソードブレイカーの所有者。

様々な仕事をこなすうちに犯罪結社ナイトメアが引き起こす事件に関与するようになり、ソードブレイカーに転がり込んできた元探偵ミリィや、ソードブレイカーに搭載されたAIであるキャナルと共に、ナイトメアと、ナイトメアが所有するロストシップと戦っていく事になる。

主な登場人物

ケインブルーバー
 主人公。女と見まごう優男だが短気でケンく、マントを常に羽織るという変わった趣味を持つ。マニアで、精を武器にするレーザーソード「サイブレード」を用。祖を敬愛しているかなりのおばちゃん子で、マント等の趣味嗜好も祖譲りである。作中で「悪人人権いって20世紀の書物に書いてあった」と『スレイヤーズ』を引用した事がある。アニメ版のCVの出演)は保志総一朗
ミレニアムフェリア・ノクターンミリィ)
 とある探偵社に勤めていたが、ケインと関わった事件でクビになり、以降ソードブレイカーに住み込むことに。探偵としては無能だが射撃の腕前は作中随一で、実からソードブレイカーの火器兵装まで何でも扱え、ロストシップとの戦いでも数々の常識外れの戦果を挙げている。料理をすると何故か調理器具が爆発すると言う欠点があるが、それでも何故か物凄く旨い。本名はミレニアムフェリア・スターゲイザーアルバートヴァンスターゲイザーの孫でケインとはまたいとこの関係にあたるアニメ版のCV美冬(現:石村知子)。
キャナル・ヴォルフィード
 ソードブレイカーAI。普段はエプロンドレス少女原作では巫女)の姿をしているが、これは立体映像である為基本的に船外では活動できない。(アニメ版では船外に装置を設置して船外活動した事もある) 人間味溢れる性格で、通販でソードブレイカーの武装を買ったり、船内で暴れると生命維持装置を止めたり、船内を汚すと怒ったりと、割とやりたい放題。アニメ版のCV林原めぐみ
レイル・フレイマー
 ユニバーサルガーディアンの警部で、よくケインに依頼を持ってくる。実は裏でナイトメアと繋がって私を肥やしていたが……。アニメ版の活躍により原作でも出番が増えたとのこと。アニメ版のCV緑川光
アリシアアリス
 ケインの祖で元のソードブレイカーの持ち。故人。普段は偽名を使っていたらしく、おばちゃん子だったケインにだけ本名を明かしていた。本名はアリシア・ツォン・スターゲイザーアルバートアニメ版のCVさとうあい。
闇を撒くもの
 ケインたちの前に現れるナイトメアエージェント。色の長に増幅器なしでサイブレードを使うなど、どこか『スレイヤーズ』のガウリイを髣髴とさせるが性格は逆。名前はアニメ版から。正体はデュグラディグドゥに改造され、青年時代の体まで若返ったスターゲイザー本人アニメ版のCV松本保典
アルバートヴァンスターゲイザー
 犯罪結社ナイトメアの総帥。

メカニック

広大宇宙舞台にした世界観である為、ワープ航法等の技術は一般的に普及している。厄介事下請人などの民間人が個人で宇宙船を所有するのも一般的な事例であり、宇宙海賊などが出現する場合もあることから武装も認められており、ビームレールガン、電磁バリアなどが一般的である。

しかし、先史文明の遺産であるロストシップは、全ての面において現代技術の宇宙船とは隔絶した戦闘力を保有しており、作中でのたる宇宙戦闘ロストシップ同士の戦闘である。

劇中に登場するロストシップのみを記載する。

ソードブレイカー戦闘封印艦ヴォルフィード)
 ケインが祖から受け継いだ艦。ロストシップ「ヴォルフィード」を偽装している。200m級。一般武装(どはキャナルの趣味で購入されたモノ)の他、マイクロブラックホールを形成するリープレールガンをはじめ、サイ・バリアサイブラスタープラズマブラストといった現代の文明では再現出来ないような超兵器の数々を保有する。損を受けた場合、通常修理の他自己修復も可だが、現代技術で再現出来ない部分は自己修復・自己生産に頼らざるを得ない。特にリープレールガンの弾頭は自己生産でしか調達できない為、毎回のように不足している描写が有る。
攻撃艦ガルヴェイ
 最初に登場したナイトメア側のロストシップロストシップとしてはバランスの模様。
機動殲滅艦ネザード
 2番に登場したナイトメア側のロストシップ。機動が高いタイプらしい。
撃艦ゴルンノヴァ
 3番に登場したナイトメア側のロストシップ間をめてレーザー拡散・収束して攻撃する他、間湾曲による防御も堅固。『スレイヤーズ』に登場する「光の剣」と同じ名を持つ。
機動駆逐艦ラグド・メゼギス
 4番に登場したナイトメア側のロストシップ。慣性を中和することでありえない機動をする。作中で一ソードブレイカーを敗退させる事に成功したが、その後作中一の大気圏内対艦戦で敗れる。アニメ版に登場した際は原作者に「まんま二等辺三角形かい!」とツッコミをいれられた。アニメ版では強化された上に出番も大幅に増えている。
距離撃艦ボーディガー
 5番に登場したナイトメア側のロストシップ。照準チップにより撃の軌を変え、距離から確実に標を狙い撃つ。後述のヘカトンケイルと接続する事で、本来不可能な連続撃を可にした要塞だったが、宇宙空間で極小の照準チップを全部狙い落とされると言うミリィの神業的な狙撃と化す。
巨大戦艦ヘカトンケイル
 ナイトメアの本拠地にして超巨大戦艦。作中ではボーディガーと接続してエネルギーを供給していた。現代文明で建造されたロストシップ
生体殲滅艦デュグラディグドゥ
 ナイトメア側のロストシップの親玉。恐怖心により生命活動を停止させる「システムダークスター」を持ち、その範囲は惑星1つ丸ごとと言う規模。先史文明が滅んだ原因。

小説

富士見ファンタジア文庫より全5巻が発売された。挿絵は義仲翔子。3巻からしばらく続刊が止まっていたが、テレビアニメの放送が始まった頃に4巻が出た。4巻からは挿絵のキャラクターデザインアニメ版に近づき、特にキャナルの変化が著しい。1~3巻もアニメ化の頃から表絵を変えて出版されている。

  • ロスト・ユニバース(1)「幻夢 覚める」 - 1992年12月発売
  • ロスト・ユニバース(2)「妖夢 蠢く」 - 1993年8月発売
  • ロスト・ユニバース(3)「夢 ざわめく」 - 1994年4月発売
  • ロスト・ユニバース(4)「悪夢 生まれる」 - 1998年4月発売
  • ロスト・ユニバース(5)「闇 終わるとき」 - 1999年4月発売

テレビアニメ

1998年4月からテレビ東京系列で全26話が放送された。

ヤシガニ事件

下準備のい過酷な制作スケジュールによって「ヤシガニ」なる言葉を産み出し、制作会社と原作対消滅させたある意味伝説アニメ作品。

監督チェックもしていないのに、自分の知らない話が局納品されていて「聞いてないぞ」とったとも噂される。

第4話「ヤシガニ屠る」は、ある惑星ヒロインミスヤシガニ選手権に出場する物語なのだが、あまりに常軌を逸した作画動画の仕上がりに視聴者は息を飲んだという。この作画崩壊中割りなしなどあまりに酷いアニメが放映されてしまったことを「ヤシガニ事件」と呼び、これ以降、この手のダメダメな作画アニメを「ヤシガニ」と呼ぶようになった。

ちなみに放映当初はオープニング映像完成しておらず一部のOPシーン工事中だったりして、この辺からでも過酷な製作環境を慮る事は出来た。

なお、宇宙戦艦同士の戦闘フルCGを用いて製作された結構エポックメイキング的な作品でもある。

でも、原作は面いよ! 面いよ!

アニメのせいで原作が終了したと受け取られることも多いが、1巻の時点で敵の数を明示しており「大体5巻くらい」とあとがきで発言しているので、別にアニメのせいで終了したわけではない。

当時の状況などの情報や記録がまとめられている外部サイト

上記の2つのサイトでは内容に差異があり、当記事やヤシガニの記事の内容ともまた差異がある。
このため、どこかひとつだけを見て判断するよりも複数の情報に当たり、信憑性も含めて発言者の役割や立場なども考慮して自分自身で総合的な判断をすることをお勧めする。特に第三者の主観のみに頼ったものは注意が必要。

ヤシガニ以外に関する概要

ヤシガニばかりが有名になってしまった感のある本作であるが、上記の通り作品自体(特に原作)の評価はそこそこ高い。わかりやすいスペースオペラであり、同作者スレイヤーズブームから中世ファンタジーに偏りがちだった時期のライトノベルにおいて、割としい「ちゃんとSFをやっている作品」である。

あくまで実用性の低い趣味品とされながらも、ケイン用する個人用レーザーソード「サイブレード」を用いたSF兵戦や、宇宙空間舞台200m級宇宙船が、バリア重力弾、レーザー等のハイテク兵器を駆使して射撃戦を展開するバトルシーンは特に見所である(「どちらも強な武装を持っているので、より頭を使ったほうが勝つ」と言うのはスレイヤーズにも共通する作者バトル展開における特徴ではある)。

なお、アニメ化の際に一度、原作の挿絵、イラストアニメ用に併せる形で新装版に切り替わっている。このため旧版と新装版では、メインキャラクター役機ソードブレイカーデザイン大分異なる。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP