ロックマンワールド2単語

ロックマンワールドツー

  • 5
  • 0
掲示板をみる(86)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

タイトル画面

ロックマンワールド2とは、カプコンから発売されたロックマンワールドシリーズの2作である。1991年12月20日発売。また2013年9月25日よりニンテンドー3DSバーチャルコンソールで配信中である。

概要

機種はゲームボーイ。内容はファミコン版『ロックマン2』と『ロックマン3』の要素を組み入れた作品である。

特定ボスを倒すことで特殊武器が入手でき、同時にラッシュコイルやラッシュジェットが手に入ることなどはファミコン版と変わらない。

開発はカプコンではなく外部の委託会社である(ロックマンワールドシリーズは全て外注である。本家無印シリーズやXシリーズは、9,10,X3を除いて全てカプコン開発である)。前作とは別の会社に委託したため、前作のロックマンワールドからわずか半年という異例の短さで発売されることとなった。マップの単純さとE缶の登場により、ロックマンシリーズの中では難易度はかなり低い。

先述したとおり、委託先の会社は前作『ロックマンワールド』とは異なる会社であり、初めてロックマン制作を担当するのだが、本家とは音楽や操作感、マップ世界観など、異色な点が多い。演出も、恒例であるジャンピング土下座く、ストーリーの最後ではロックマンワイリーを殺してしまったかのような描写がなされている。このような異色さについてプロデューサーの稲船氏は「ロックマンについての理解が浅かった会社だった」と発言しており、以降のワールドシリーズ制作委託先は『ロックマンワールド1』の制作会社(こちらは稲船氏く「ロックマンの楽しさを理解している会社」だったそうだ)に戻した(R20 ロックマンロックマンX オフシャルコンプリートワークス掲載の本人コメントより)。

ロックマンシリーズとしては異色とも言える本作であるが、操作性などに問題があるわけではないため、一概にクオリティが低いとは言えない。また、メタルマンから入手できるメタルブレードの性が、ファミコン版とべてチート並に引き上げられている。

独特のBGM

原作ともいえるファミコン版とべて、明らかに違うのがBGMである。一部には原曲と同じ音程や雰囲気を持つもの(武器入手時のBGMは、明らか本家ロックマン3』のアレンジ)もあるが、本作で用いられているのは基本的にオリジナル楽曲である。

従来のロックマンの明るい雰囲気など微も感じさせない、もの悲しく哀愁を誘うものが多い。BGM変については賛否両論あるが、BGMそのものは粒ぞろいであり、一部のファンからは「これはこれでいい」「隠れた神曲」と言われており、評価は高いようである。ただ、高音域(いわゆるキンキンサウンド)を多用しているため聞き苦しいという意見もある。

中でも特に評価が高いのがニードルマンステージマグネットマンステージBGMである。

ニードルマンステージBGMは、原作では軽妙で明るいものだったが、本作では高音を多用したレクイエムのような悲壮感に溢れたものとなっている(改造ロックマン作品でもアレンジ曲が使用されるなど、多方面で活躍している。またこの曲が好きなファンからは、ハードマンステージBGMも同様に高評価されている)。

一方、マグネットマンステージBGMは、原曲の明るい雰囲気とは打って変わってしい曲調になっている。また、このBGMが流れる動画では一部のフレーズ歌詞職人の餌食となっている。

ボス

ロックマン2より

ロックマン3より

クイント

ワイリーロックマンを倒すために送り込んだハンター。サクガーンという、削岩機のようなマシンに乗り込んでロックマン対決を挑んでくる。体ゲージが表示されない。また、作中ではロックマンとの対決後にどうなったのか一切触れられないままだった。

その正体は、ワイリータイムマシンを使って未来へ行き、捕獲・洗脳した未来ロックマンである。

クイントの記事も参照。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/09(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/09(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP