今注目のニュース
キモくてうまい! 高校生と地元企業が共同開発したヌメッとリアルな「オオサンショウウオこんにゃく」が話題に
有吉、女性のヒール着用見直す動きに共感「ヒールはずっと履いてられない」「普通の靴のほうが動きやすい」
「インターンシップで企業は本来の姿を見せていない」識者が指摘 入社後のミスマッチで離職率が上がる傾向

ロックンロール単語

ロックンロール

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ロックンロールRock'n'Roll, Rock and Roll)とは、音楽ジャンルのひとつである。

概要

突然変異や他の音楽の要素を取り込む等して分化・多様化のしいジャンルなので一言にこれがロックだと言える物ではないが、ポップス・R&Bと並ぶポップミュージックの代表ジャンルである。アメリカブルースの影を受けて誕生した初期のリズム&ブルースロカビリーなどリズムに乗りやすい較的単純でアップテンポ音楽から発展した。これらの音楽と明確に区別が付きにくい初期のロックを特にロックンロールと呼ぶ。

最初にロックンロールと呼ばれたのがいつのかというのは諸説あるが、後のロックに最も影を及ぼしたのはチャックベリーであるとされる。ほどなくエルヴィス・プレスリーを始めとするロカビリースターの成功によって人種のえた世界ジャンルとして認知されていく。

60年代前半にはイギリスからビートルズデビュー、ローリングストーンズやヤードバーズが後に続き一躍ロック社会となった。60年代後期にはウッドストック・フェスティバルに代表される多くのロックフェスティバルが開催され最盛期を迎えると同時に商業化のを歩み始める。

70年代以降は巨大産業と化し、二十数年間にわたって大衆音楽ヒットチャートを席巻した。この頃には数のサブジャンルが形成され多様化・複雑化がしくなる一方、70年代中頃にはそうした流れに逆らうようにパンクムーヴメントが発生している。

80年代にはポップ色を強めたバンドが成功を収めると同時にメタル存在感を強める。一方で産業化に反発するように音楽性・芸術性をめたオルタティヴ・ロックが現れ、90年代オルタティブ・ロックの時代となった。90年代以降ヒップホップクラブミュージックに押されてアメリカ内のチャート上では苦戦するようになるが、未だ根強いファン層が世界中に存在しており、技術革新ジャンル生、新しいスターの登場が相次いでいる。

日本では事あるごとに「ロックンロール」が口癖の内田裕也が有名(タダのボケ老人のようであるが、実は日本ロックで一時代を築いた人)。ニコニコ動画的には、ボーカロイドに本格ロックを歌わせるVOCAROCKというジャンルがある。

関連動画


関連商品

関連タグ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP